お正月の生け花 葉牡丹と千両


みなさま、新年あけましておめでとうございます!

昨年より開始しました企業ブログ「一平タイムズ」が、ほぼ一周年です。

開始第一回目の投稿は「お正月の生け花」でした。

お正月の生け花 五葉松と千両

昨年は、五葉松と千両を玄関に飾りましたが、今年2017年は、葉牡丹と二色の千両です。

生け花 葉牡丹と二色の千両

生け花 葉牡丹と二色の千両(赤と黄色)

生け花の使用花材は、葉牡丹、赤の千両、黄色の千両、枝松、柳です。

画像をクリックで、大きめの画像が表示されます。

今年でお正月に生花を飾るのは二度目になります。

真上から見るとこのような感じです。

生け花 葉牡丹、千両、枝松、柳

お正月の生け花 葉牡丹と千両

それでは、今回のメインとなる葉牡丹と二色の千両をご紹介です。

葉牡丹(ハボタン)

葉牡丹

葉牡丹

葉牡丹は門松にもよく利用されます。 耐寒性が強いため、真冬の屋外でも活き活きしています。

この葉牡丹はアブラナ科アブラナ属の多年草です。

やっぱりいつも葉牡丹を見るたびに、白菜とキャベツを思い出してしまいます。

といっても白菜もキャベツもアブラナ科アブラナ属なので、親戚にあたるため、似ていて当たり前といえば当たり前なのですが…

キャベツもケールもブロッコリーもカリフラワーもみんな葉牡丹の仲間です。

基本的にこれらの野菜と同種なので食べることができますが、観賞用のためあまり美味しくはないと考えられます。また、観賞用なので、購入したものはそれなりの農薬がついていることがありますので注意が必要です。

二色の千両

千両(赤)

千両(赤)

千両(黄)

千両(黄)

本年は、二色の千両を生け花に使用しました。

千両については、昨年ご紹介させていただきましたので引用します。

千両は、冬になると上向きに赤い果実をつける常緑低木です。「センリョウ」という表記しか見たことがなかったのですが、漢字では「千両」と書くことを先ほど知りました。

ちなみに万両(マンリョウ)という植物もいるそうです。千両と万両は、名前も似ていて、赤い果実をつけるところも似ていますが、千両はセンリョウ科センリョウ属で上向きに果実を付け、万両はサクラソウ科ヤブコウジ属で下向きに果実をつけるようです。

お正月の生け花 五葉松と千両

千両は「仙蓼」とも表記することがあるようです。

ちなみに千両の他に、万両、百両、十両といった同じような木があります。千両はセンリョウ科センリョウ属ですが、万両、百両、十両は、薮柑子(ヤブコウジ)属です。

一輪挿しも千両と枝松でお正月仕様

一輪挿し 千両と枝松

一輪挿し 千両と枝松

玄関の生花に合わせて、一輪挿しにもかかわらず、千両と枝松をぎっしりと詰めてみました!

これからも一平タイムズならびに株式会社ファンフェアファンファーレをよろしくお願いいたします!


「お正月の生け花 葉牡丹と千両」のカテゴリ 一平タイムズ
タグ:


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら