きぬかけの路

きぬかけの路~一条通 金閣寺 京都市北区~大覚寺 京都市右京区


「きぬかけの路」は、京都市北区の「金閣寺」から右京区の龍安寺、そして仁和寺へと続くおよそ2.5Kmの観光道路です。仁和寺前で一条通と合流して、そのまま福王子神社、広沢池へと続き、大覚寺、そして嵐山へと続いていきます。

このきぬかけの路沿いに、金閣寺、龍安寺、仁和寺と世界遺産が連続して並んでいます。

きぬかけの路を少しそれると、妙心寺や等持院などにも行くことができます。

金閣寺(鹿苑寺)

金閣寺 鹿苑寺 京都市北区

「金閣寺」こと鹿苑寺(ろくおんじ)。臨済宗相国寺派の禅寺です。

正式名称を鹿苑寺といい、相国寺の塔頭寺院の一つ。舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれています。
元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。

金閣寺金の舎利殿 京都市北区

1398年に足利義満が建てた金閣寺ですが、金の舎利殿が他に類を見ないほどのインパクトですね。

金閣寺は1994年に世界文化遺産に登録されました。

金閣寺(きんかくじ)

京都市北区金閣寺町1

拝観時間 9:00~17:00

金閣寺 相国寺公式サイト

金閣寺から龍安寺へ

立命館大学衣笠キャンパス前 京都市北区

衣笠山の麓、きぬかけの路の金閣寺前を下っていくと、立命館大学衣笠キャンパスを越えて龍安寺にたどり着きます。

きぬかけの路金閣寺から龍安寺 京都市北区

立命館大学衣笠キャンパスからきぬかけの路を西へ。この辺りで京都市北区から右京区に入ります。

竜安寺前

龍安寺前到着。

龍安寺

龍安寺 京都市右京区

名勝龍安寺庭園 京都市右京区

「吾唯足知」の石庭で有名な龍安寺です。1450年、細川勝元が創建した禅寺です。

中心の「口」の字を共用した「吾唯足知」は有名な禅語で、「吾唯(われただ)足るを知る」というものです。

京福の駅からの参道も綺麗です。

龍安寺参道 京都市右京区

龍安寺(りょうあんじ)

京都市右京区龍安寺御陵下町13

龍安寺 公式サイト

龍安寺から仁和寺へ

きぬかけの路龍安寺から仁和寺 京都市右京区

龍安寺前からまたきぬかけの路を進みます。

きぬかけの路龍安寺から仁和寺2 京都市右京区

きぬかけの路は木々に囲まれています。

仁和寺

仁和寺 京都市右京区

きぬかけの路が一条通と合流すれば仁和寺に到着です。京福の御室仁和寺駅が目の前にあります。

史跡仁和寺御所 京都市右京区

別名「御室御所」とよばれる仁和寺は、888年、第59代宇多天皇によって創建されました。

なお、仁和寺の裏には、四国八十八ヶ所霊場の砂を持ち帰って埋めたとされる、御室八十八ヶ所があります。

仁和寺(にんなじ)

京都市右京区御室大内33

仁和寺 公式サイト

一条通を直進して嵐山方面へ

仁和寺で、きぬかけの路は終着点になります。仁和寺前で一条通と合流するため、そのまま一条通を直進します。

福王子神社

福王子神社全体 京都市右京区

 

福王子神社 京都市右京区

仁和寺をそのまま西に進むと福王子神社(ふくおうじじんじゃ)があります。

福王子神社は、仁和寺創建の「宇多天皇」の母である班子皇后を祀っているため、仁和寺の鎮守神とされているようです。

福王子神社(ふくおうじじんじゃ)

京都府京都市右京区宇多野福王子町52-6

福王寺の交差点 京都市右京区

福王子神社のある「福王寺」の交差点を北上すると周山街道になるため、京北方面に行くことができます。

いつも走りに行く時は、短い時間なら一条通を西行き、少し足を伸ばすときは、福王寺を右折して、高雄、御経坂峠から京北方面に向かいます。

福王寺神社から広沢池、大覚寺方面へ

一条通福王寺から広沢池へ 京都市右京区

福王寺神社をさらに西に進むと、宇多野を越えて、以前にご紹介した広沢池、北嵯峨の風致地区に行くことができます。

このあたりから、道沿いが竹林になります。

広沢池

広沢池 京都市右京区

前回ご紹介した時は、池に水がありませんでしたが、今回はしっかりと「池」でした。

京都市右京区嵯峨広沢町

広沢池と北嵯峨の風致地区 京都市右京区

池の南側を走ります。

一条通広沢池沿い 京都市右京区

兒神社

兒神社(ちごじんじゃ) 京都市右京区

広沢池の西側に兒神社(ちごじんじゃ)があります。

兒神社全体 京都市右京区

京都市右京区嵯峨釣殿町

広沢池、兒神社から大覚寺へ

広沢池、兒神社を越えると、大覚寺に到着します。

大覚寺門前 京都市右京区

大覚寺門前を左折して大覚寺の参道を進みます。

大覚寺参道 京都市右京区

こちらを進むと大覚寺に到着します。

大覚寺

史跡大覚寺御所 京都市右京区

大覚寺入口 京都市右京区

弘法大師空海を宗祖と仰ぐ真言宗大覚寺派の本山。
正式には旧嵯峨御所大本山大覚寺と称し、嵯峨御所とも呼ばれる。
平安初期、嵯峨天皇が檀林皇后とのご成婚の新室である離宮を建立されたが、これが大覚寺の前身・離宮嵯峨院である。

大覚寺は、嵯峨御所ともよばれる真言宗大覚寺派の寺院です。

大覚寺の中に大沢池(おおさわのいけ)があります。

小学生の時に「この辺りに池がある」と地図で発見して、友人と自転車で辺りを探したのですが、当たり前ながら見つかりませんでした。見つからなかった理由を知ったのは中学生の時です。

大覚寺(だいかくじ)

京都市右京区嵯峨大沢町4

大覚寺 公式サイト

大覚寺門前から南西に進むと嵐山に行くことができます。

きぬかけの路、一条通から少しそれた隠れスポット

以上、京都で一番好きな道「きぬかけの路」をご紹介いたしました。

このきぬかけの路、一条通のどこかを「少しだけそれたところ」に隠れた紅葉スポットがあります。

きぬかけの路を少しそれた所 京都市

よかったら紅葉のシーズンに探してみてください。


「きぬかけの路~一条通 金閣寺 京都市北区~大覚寺 京都市右京区」のカテゴリ 一平タイムズ
タグ:


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら