Web集客によって企業の売上を向上させる


Web集客によって企業の売上を向上させる

企業の売上向上には、製品やサービスの利用を促すための様々なマーケティング施策が必要です。

Webマーケティングにおいても、企業や製品・サービスのプロモーションによる認知度向上やブランディング、各種PR活動、その様々なマーケティング活動の最終的な目標は企業の売上向上であると考えることができます。

こうした企業のWebマーケティングのメインとなるのは効果的なホームページです。

まずはホームページを軸として、そのホームページをどう活かすかが重要なポイントになります。

たくさんの企業がホームページを公開し、活用していますが、実際に「お問い合わせ」や「資料請求」といた、売上につながる「コンバージョン(目標の達成)」を叶えているのは、Webマーケティングに取り組む企業の中でもごく僅かです。

企業の売上向上に着目したWeb集客

企業の売上向上に着目したWeb集客

Webマーケティングにおいては、Web集客によって公開しているホームページからのお問い合わせ獲得といったコンバージョンを増やしながら、それを成約に結びつけて行くことが重要になります。

ホームページを制作したり、公開したりすることは、以前と比べて容易になりましたが、こうした「ホームページを企業の売上向上」につなげるためには、様々なWebマーケティングの施策が必要になります。

Webマーケティングのターゲットを絞り込む

Webマーケティング ターゲット 絞込

企業の売上向上に着目したWeb集客を実現するためには、「お問い合わせ」や「資料請求」というホームページ上のアクションを起こしてくれる可能性のあるWebユーザーにターゲットを絞り、それに合わせたホームページのコンテンツの配置やホームページへのアクセスを確保する必要があります。

こうした着目点は、一般的なマーケティングと同様で、Webマーケティングにおいてもターゲットユーザーの絞込が重要になります。

Web集客・売上向上にはお問い合わせを意識する

Web集客・売上向上 問い合わせを意識

企業がWeb集客・Webマーケティングを意図してホームページを利用し、販路拡大によって売上を向上させるためには、ホームページの「メールフォームからのお問い合わせ」やマーケティング方法よっては「資料請求」、「メールマガジン配信用のメールアドレスの取得」、「セミナー参加申し込み」そして電話問い合わせなど、各種ユーザーからの「連絡」といったアクションを意識してホームページを設計する必要があります。

ホームページからのお問い合わせを獲得する

ホームページからのお問い合わせを獲得する

「ホームページからのお問い合わせを獲得する」

「ホームページからの問い合わせ数を増やす」

こうしたことは、ホームページそのものの価値、そしてWebマーケティングの目的として当然に目指すべき結果です。

企業の売上向上には、まず、ホームページからのお問い合わせや、店舗であれば店舗来客を促すことを軸にホームページを制作する必要があります。

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、Webマーケティングにおいてこうした企業の売上につながる大前提となる「お問い合わせ獲得」に着目し、ホームページの価値を向上させることに重点を置いています。

売上につながるユーザーからのお問い合わせ

売上につながるユーザーからのお問い合わせ Webマーケティング

企業が行うマーケティング活動のすべてに共通していますが、売上向上に焦点を合わせるならば、なるべくマーケティング対象となる見込客からの問い合わせ獲得や店舗来店を目指す必要があります。

そのためには見込客との接点を作る必要があり、ホームページを運営する場合には、もちろんなるべく見込客に近いユーザーからのアクセスを確保する必要があります。

売上につながらないユーザーからのアクセスばかり集めても、当然にホームページからのお問い合わせは期待できません。

Webマーケティングのコンバージョンの元となるアクセス

Webマーケティングのコンバージョンの元となるアクセス

Web集客・Webマーケティングのコンバージョン(目標達成)のためには、必ずその元となるホームページなどへのアクセスが必要になります。

企業のWebマーケティング対象とマッチしたユーザー層の設定をしたあとは、いかにそのユーザーとホームページとの接点を作るかが重要です。

アクセス向上だけに着目して、コンバージョンの元となる母数が増えただけでは、Webマーケティング効果の向上は期待できませんが、根本的な接点がないと、コンバージョンそのものが起こりえません。

ホームページへの集客

ホームページへのWeb集客

ホームページのアクセス数向上のためのSEOやリスティング広告・アドネットワーク広告の利用によって、「ホームページへの集客」を行っていくことが重要です。

そして、そのアクセスの質も重要です。

Webマーケティングのコンバージョンのためには、アクセスが必要ですが、アクセスするユーザーのタイプが企業のマーケティングとマッチしていない場合は、コンバージョンも、その後の問い合わせや成約も期待することができません。

こうした面に関しては、アクセス解析などでデータを参照しながら分析し、仮説検証のもとホームページやWeb集客方法・Webマーケティング施策を改良・改善していく必要があります。

集客の質を分析して改善

集客の質を分析して改善 Webマーケティング

ホームページへの集客の質を考えた時、キーワードのマッチ性ももちろんマーケティングに影響しますが、例えば「サービスを利用したい」という層と「そのサービス分野で働きたいので、調べ物をしている」というユーザーでは、タイプが大きく異なります。

前者はWebマーケティングの対象として見込み客層ですが、後者は「勉強のためにホームページにアクセスしている」というユーザーのため、Webマーケティングの対象とならないユーザー層です。

もちろん求人効果を高めるためには、後者のユーザーのアクセスも有効ですが、「売上につながるアクセス」を獲得するためには、キーワードの検討と調整、コンテンツの改善が必要になるでしょう。

アクセスから問い合わせへ

アクセスから問い合わせへ Webマーケティング

売上につながる見込みがあるユーザーからのホームページへのアクセスが確保できたら、次はそのアクセスから問い合わせへとつなげる工夫をする必要があります。

せっかくホームページにやってきた見込み客層となるWebユーザーに対して、伝えるべきメッセージを伝えていなかったり、ページ構成が複雑で問い合わせがしにくかったりと、問い合わせ率を下げている要因を少しずつ改良していく必要があるでしょう。

こうした流れの各部分について、常時改良を加えていくことで、Web集客によって企業の売上を向上させることができるようになります。

Web集客に効果的なホームページ制作によるWebマーケティング

Web集客に効果的なホームページ制作によるWebマーケティング

Webマーケティングにはたくさんの方法や様々な施策がありますが、企業のWebマーケティングのコアとなるのは、Web集客に効果的なホームページです。

Web集客に効果的なホームページのポイントは、ターゲットユーザーを絞り込み、そして、そのユーザーへの訴求力のあるメッセージ・コンテンツがあり、かつ、SEOなどによってホームページへの集客を確保していることです。

Facebook集客やTwitter集客などソーシャルメディアを活用したWeb集客方法もありますが、メインとなるしっかりしたホームページをWebマーケティングの軸とすることで、それらのソーシャルメディア集客の効果も向上します。

まずは軸となるホームページのクオリティを向上させることがWeb集客・Webマーケティングにとって重要です。

効率的で安全なWeb集客のために

効率的で安全なWeb集客のために

企業ホームページやブログ、そしてメールマガジンやSNSなどの登場により、Webを活用した集客方法には、たくさんの選択肢が増えました。

しかしながら、企業の販路拡大、新たなマーケティング方法として「Webマーケティング」を行う場合には、当然ながら費用対効果が問題になります。

方法論・選択肢が広がることは良いことかもしれませんが、企業や店舗のWeb集客・Webマーケティングの基本であり、軸となるのは公式ホームページです。

企業の信用力・ブランドのために

企業の信用力・ブランドとホームページ・Webマーケティング

企業の信用力・ブランドのためにも、まずは公式ホームページの運営からWeb集客を検討したほうが良いと考えられます。

もし企業の公式ホームページが誰でもすぐに作れる無料ホームページや無料ブログだったら?

そのホームページが本当に企業の公式ホームページかどうかすら疑いをかけられる場合もあるでしょう。

無料ブログやSNSは、外部サービスのため、「なりすまし」も可能であり、他のユーザーが部分的に操作できる機能もあるため、企業の公式ホームページが存在しない状態でそうした外部サービスのみでWeb集客を行うことは、企業の信用力やブランド維持向上を考えた場合にはリスクとなる場合があります。

効率的なWeb集客

効率的なWeb集客

また、企業の公式ホームページは、Web集客・Webマーケティング効果が現れるまでに相応の費用と時間がかかる場合があります。

しかし、一度マーケティング効果が現れだすと、非常に効率よくWeb集客を行うことができます。その上で、ホームページを更新したり、新規情報を追加し、ホームページの改善を加えていくとより一層効率的なWebマーケティングを行うことが可能になります。

なお、常に更新・配信が必要であり、更新を怠ると時系列的に効果が薄れていくソーシャルネットワークなどでは、安定的なマーケティング効果が見込むことはできません。

Webマーケティングのスタートはホームページへのアクセス

Webマーケティングのスタートはホームページへのアクセス

Web集客に効果的なホームページ制作とは、最終的な目標である、ホームページからのお問い合わせや資料請求、Web予約、商品購入など、企業の売上そのものや、売上につながるきっかけとなるユーザーのアクションを獲得できるホームページを作成することです。

こうしたホームページを通じたユーザーのアクションの前提となるものが、ホームページへのアクセスです。

もちろんアクセスされた時に、しっかりとお問い合わせにつながるようなホームページの見せ方なども重要になります。

ユーザーの目線からWebマーケティングを

ユーザーの目線からWebマーケティング

ただ、ユーザーの目線からWebマーケティングを考えたときには、まず、ホームページやソーシャルメディアなどで企業の製品やサービスのことを知った上でないと、お問い合わせといった行動を取ることができません。

こうした面から考えれば、Webマーケティングのスタートはホームページなどへのアクセスであると考えることができます。

ユーザーサイドに立って、Webマーケティングを考えたとき、まずユーザーには、意識的か無意識的かを問わず、何かのニーズが存在しています。

そうしたニーズを汲み取ってWebマーケティングに活かしてみましょう。

単純なSEOよりも効果的なWeb集客を

単純なSEOよりも効果的なWeb集客

何かのニーズがあって、Webを利用していると考えた時、例えば検索エンジンを利用する場合でも、「何かの情報について調べたいことがある」といった動機・ニーズがあり、検索という行動を実行します。

そして、検索という行動の結果、自分のニーズを満たしてくれると予測や期待ができるリンクをクリックします。

もし、この検索という行動の裏側に、「自分が抱える問題を解決してくれる、特定の仕事を依頼することのできる企業を探している」という検索意図があった場合、検索結果に表示されたリストの中からお問い合わせ先を探すという行動を起こす確率は、極めて高いと考えることができます。

単純にホームページへのアクセスを向上させるよりも、こうしたニーズを持つユーザーとマッチングすることのできるホームページ制作が必要です。

ユーザーのニーズやアクションを喚起するホームページ

ユーザーのニーズやアクションを喚起するホームページ

ホームページの目的はWebマーケティングのコンバージョン(目標達成)である、売上の元となるお問い合わせの獲得などです。

もし、SEOやリスティング広告などによって、ホームページへのアクセスが確保できた場合は、ホームページのコンテンツによってユーザーのニーズやアクションを喚起したり、コンバージョンへの導線を設計をする必要があります。

ホームページへのアクセスが集まったとしても、企業へのお問い合わせにつながったり、店舗への来客につながらないのであれば、ホームページの内容を見直す必要があります。

高品質コンテンツ制作によってニーズやアクションを喚起

高品質コンテンツ制作 ニーズやアクション喚起

ホームページにアクセスしたWebユーザーの潜在ニーズやアクション(お問い合わせなど)を喚起するためには、そのニーズの気付きなどに対応する高品質なコンテンツが必要になります。

こうした高品質コンテンツの制作によるニーズ・アクション喚起は、常にWebマーケティング効果の測定とその分析によるコンテンツの改良が重要なポイントとなります。

こうしたコンテンツの改良や新規コンテンツの配置にはWordPressなどのCMSベースのホームページが適しています。

Web集客に効果的なWordPress

WordPress(ワードプレス)を使ったウェブサイト制作・ホームページ制作ならファンフェアファンファーレにお任せください!

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレで提供させていただくホームページ制作サービスは、WordPressサイトの制作がメインです。

このことにはしっかりした理由があり、WordPressはホームページの更新・編集・新規ページの追加など、ホームページのコンテンツを改良しやすい点があり、同時にSEOに関する設定がベースとして組みやすく、個別のSEO設定もしやすい点が大きな理由です。

Web集客を考える場合には、ホームページの改良が必ず必要になります。WordPressは、コンテンツの改良、テンプレートの改良、細かなSEOの改良といった、PDCAサイクルを回しやすい点が非常にWebマーケティングのためのホームページとして適しています。

Webマーケティング・Webコンサルティング

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、新規制作させていただいたホームページ以外であっても、WebマーケティングかかるWebコンサルティングサービスのご利用によって、現状のホームページをどう改良していくべきかのご提案や戦略立案を手がけさせていただいております。

SEOの設計の段階から、ターゲットユーザーやキーワード調査を行い、SEOとコンバージョンの両方を考えたホームページのプランニングを行っています。

弊社で、新規制作させていただいたホームページ以外であっても、ホームページリニューアルのご依頼やWebコンサルティングサービスのご利用によって、現状のホームページをどう改良していくべきかのご提案やWeb戦略立案を手がけさせていただいております。

Webコンサルティング

Webマーケティング

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら