カルチャースクールのウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点

カルチャースクールのウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点


弊社ウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)、株式会社ファンフェアファンファーレです。

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレは、Webマーケティングに軸おいたホームページ制作会社)です。カルチャースクールのウェブサイト(ホームページ)のホームページ・ウェブサイトにも多数の制作実績があります。

弊社は、京都を中心に、全国のホームページ制作サービスやWebマーケティングサービスをお求めのみなさまに、ホームページ制作・ウェブサイト制作をはじめ、ホームページカスタマイズやコンテンツ制作(ページ制作)、SEOカスタマイズなど、様々なWeb制作サービスを提供しております。

カルチャースクールのウェブサイト(ホームページ)においても、あくまでビジネスツールとしてのホームページの活用を重点においています。主にホームページの更新が簡単になるWordPress(ワードプレス)を利用したホームページ制作や、WordPressサイトのカスタマイズを手がけております。

このページでは、カルチャースクールのウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点についてのご説明をさせていただきます。

カルチャースクールについて

カルチャースクールは、絵画や音楽、書道などの文化芸術に関する分野、英会話などの語学に関する分野、ヨガやダンス、ピラティスなどのスタジオを利用する分野など、スクールサービスとして対象分野の講座・レッスンをサービスとして提供する業種です。

本ページでは、このようなカルチャースクールのホームページ制作(ウェブサイト制作)の概要などを記載させていただきます。

ウェブ上でのマップ表示やウェブサービスの情報

カルチャースクールは、一般消費者を対象とした業種になります。児童・生徒を対象とした教育サービスと取り扱いが異なり、顧客層として幅広い年齢層の方を対象としています。

近年、カルチャースクールの情報につき、検索ユーザーの現在地に連動した検索結果のマップ表示や地図情報サイトによるマップ表示、ユーザー投稿型のウェブコンテンツが増えてきました。

ウェブ上でのマップ検索では、ユーザーの現在地の近くのカルチャースクール施設の所在地情報が検索結果に表示がされるようになり、施設所在地近隣のウェブユーザーへのプロモーションにはローカル検索対策(ローカルSEO)が欠かせないものになってきています。

カルチャースクールの公式情報をホームページで

カルチャースクール施設名称や所在地、電話番号などのデータは、地図情報サービス、お店情報サイトをはじめ、様々なウェブサービスに投稿されています。しかし、事業者が登録する情報と異なり、サービス施設の情報がウェブユーザーによる投稿であるCGMの場合は、そのサイトに掲載されている情報の信頼性は不確かなままになります。

そのような場合、カルチャースクールの公式情報としての発信された「公式ホームページの情報」以上に信用のおけるデータはありません。

事業主の方によるウェブサービスでの情報掲載も、ひとつの公式情報の一つですが、そのカルチャースクールの公式情報、正確な情報を提供するもっとも良いツールが、カルチャースクールのホームページです。

プログラム内容、レッスン内容の掲載によるWeb集客

カルチャースクールは、すでにその地域で認知度がある場合、再ブランディングが難しい側面があります。カルチャースクールの集客・マーケティングは、スクールの立地による影響や利用者による口コミの影響も大きく、ホームページを活用したWeb集客が難しい面が否めません。

しかし、ウェブ販促において、ホームページやホームページ内のオウンドメディアコンテンツによるウェブPRとウェブプロモーションの活用によって接触回数増加や、プログラム内容、レッスン内容の掲載による集客が見込める場合があります。

その際に要になるのが、ホームページのSEO(検索エンジン最適化)によるサイトアクセス向上・検索結果順位の上位表示、そしてマップ検索での上位表示です。

ホームページでウェブPRとウェブプロモーションを

既にその地域で認知度のあるカルチャースクールの場合は、改めてホームページの活用によっては、スクール会員獲得には直結しにくい傾向があります。

広域で展開されているカルチャースクールを除き、ローカル性を意識したホームページの活用をする場合は、ホームページのオウンドメディアによる「ウェブPR」と「ウェブプロモーション」に軸をおいたほうが良いのかもしれません。

カルチャースクールのホームページにオウンドメディアを設置して行うコンテンツマーケティング

カルチャースクールのホームページ オウンドメディア設置 コンテンツマーケティング

カルチャースクールの所在地情報などは、スクール施設やサービス自体のウェブ以外での認知度、各種ウェブサービス、マップサービス、CGM、ソーシャルネットワークなどによって、十分に浸透している可能性があります。

そこで、ローカル性を意識したウェブプロモーションを行う場合は、ユーザーとの接触回数を向上させるためのウェブ上でのPR活動、そしてプログラム内容、レッスン内容のアピールに軸をおいたほうが良いと考えられます。さらに高いWebマーケティング効果を狙うためにはコンテンツマーケティングの導入が最適です。

ウェブPRには様々な方法があり、自社発信の情報媒体である「オウンドメディア」として代表的なものはSNSやレンタルブログですが、それらサービスでの単発的なプロモーションにはストック性が無いため、あまりそのようなウェブサービス単体でのプロモーションはおすすめできません。

もしカルチャースクールで、FacebookやTwitterなどのSNSなどを活用される場合は、自社サイト(ホームページ)内のオウンドメディアをコアとして、コンテンツマーケティングを行い、合わせてソーシャルとの連携で相乗効果を狙う方法ををおすすめさせていただいております。

自社サイト(ホームページ)に設置したオウンドメディアコンテンツも、レンタルブログとSNSが連携できるように、Facebook、Twitterといった各SNSと連携させることもできます。

ウェブ販促 CMSでオウンドメディア!

ホームページとソーシャルの連携でウェブ販促の相乗効果を

SNSやレンタルブログなどの外部サービスに分散している情報を、ホームページ内に一つのコアを持ちながら収束させていくことにより、ウェブ販促の相乗効果が生まれます。

また、カルチャースクールのホームページにおいて、オウンドメディアコンテンツを配信することによるホームページ全体のSEO効果もあります。結果的にコンテンツSEOによってホームページ(ウェブサイト)全体のアクセス向上・検索順位の上位表示が実現し、見込み客層のユーザー層へのプロモーション回数が増加するでしょう。

カルチャースクールのホームページ制作(ウェブサイト制作)

カルチャースクールのホームページ制作(ウェブサイト制作)

以上、カルチャースクールのウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点を掲載させていただきました。カルチャースクールのホームページ制作実績につきましては以下のページをご参照ください。

カルチャースクールのホームページ制作実績

株式会社ファンフェアファンファーレでは、目的・ご予算に合わせたカルチャースクールのウェブサイト(ホームページ)の事業者様のホームページ制作(ウェブサイト制作)やサイトカスタマイズを承っております。

カルチャースクールのプログラム内容、スクールレッスン内容の掲載など、コンテンツマーケティングやオウンドメディアマーケティング、ホームページ(ウェブサイト)のSEOやウェブ広告によるSEMなどのWebマーケティングや求人プロモーション等、ウェブに関わるマーケティングサポートサービス・Web制作サービスを提供しています。

詳しくは、一度弊社までお問い合わせくださいませ。

ホームページ制作(ウェブサイト制作)について

ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)
株式会社ファンフェアファンファーレ
(トップページへ)


「カルチャースクールのウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら