コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは?


コンテンツマーケティングとは、数あるWebマーケティング方法のうち、文字通り「コンテンツ」を活かしたマーケティングで、Webマーケティングにおいては、ホームページ内のオウンドメディアコンテンツである「コンテンツページ」や画像、動画などを配信してマーケティングにつなげる方法です。

このコンテンツマーケティングの特徴は、商品ページやサービス紹介ページだけでなく、情報コンテンツを配信することで、検索エンジンやソーシャルネットワークからのWeb集客を行えることのほか、直接的な購入動機がないユーザーが持つ潜在的なニーズに対してコンテンツ内容によってニーズ喚起を行うことができる点です。

Webマーケティングには、一般的な企業ホームページを活かしながらSEO対策。リスティング広告を利用したもの、そして、広告用LP(ランディングページ)やメールマガジン活用といった旧来からの方法に加え、FacebookやTwitterなどのSNSを利用したものなど、たくさんの方法があります。こうした数あるWebマーケティングの中で、コンテンツや「コンテンツ配信」に着目して実施するマーケティング方法がコンテンツマーケティングです。

狭義のコンテンツマーケティング

狭義のコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを活かしたWebマーケティングですが、このコンテンツの定義にはテキスト文章や画像、動画、スライドまで様々な形式のコンテンツが含まれます。

狭義のコンテンツマーケティングは、ホームページ内でのオウンドメディア配信による情報コンテンツやコンテンツSEOといった要素によるホームページへのアクセス向上や、コンテンツ内容によるWebユーザーのニーズ喚起・アクション喚起を行うことを指すと捉えて良いでしょう。

コンテンツページの利用によって、Webマーケティングに活かす点は同じですが、狭義のコンテンツマーケティングを考えた場合には、サイト内のメインページ(企業ホームページであれば、事業内容ページなど)以外の情報コンテンツを活かしたマーケティング方法です。

  1. ホームページ内のオウンドメディアでコンテンツ配信を行う
  2. 各コンテンツページヘのアクセスとトータル的な検索順位向上
  3. コンテンツによってユーザーのニーズ喚起・アクション喚起を行う

コンテンツの分類

コンテンツマーケティングにおける「コンテンツ」の大きな分類は次のとおりです。

  • テキスト文章を主体としたコンテンツページ
  • 画像
  • 動画

そして狭義のコンテンツマーケティングを考えた場合、一般的にコンテンツマーケティングの基本となるものは、ホームページ内の文章などのテキストなどと考えることができます。

これは検索エンジンを利用したSEM(サーチエンジンマーケティング)を軸に考えた時、通常の「Web検索」といった自然検索からのアクセスをスタート地点と考えた場合でも、テキストコンテンツが最もウェブ検索と相性が良いからです。

しかしながら、検索流入の経路を画像検索とするならばコンテンツマーケティングの方法としてのコンテンツ生成は「画像」となり、動画検索であれば「動画」になります。

コンテンツマーケティングも業種によって向き不向きがある

Webマーケティングには様々な手法がありますが、どの方法であれウェブとの親和性がないと、非常にロスが多く、結果的に使えない方法になってしまいます。コンテンツマーケティングにおいても、「配信コンテンツが実質的な顧客層がマッチしない」、「企業の製品・サービスがコンテンツマーケティングとマッチしない」ということは十分に考えられます。

コンテンツマーケティングにおいても、「どういった目的でコンテンツを利用するのか?」ということが問題になり、ただ漠然とコンテンツ配信を行ってアクセス向上を狙うだけでは結果には結びつきません。

コンテンツマーケティングの向き不向き 業種によって異なる適性

ソーシャルからのホームページアクセス

コンテンツマーケティングは良質の「コンテンツ」を活用したWebマーケティングですが、検索エンジンの自然検索の活用だけを意識したSEMと異なり、良質なコンテンツを配信すれば、検索エンジンだけでなくソーシャルネットワークでのシェアなどによる、プロモーションの増大を図ることができます。

コンテンツページを活かす

コンテンツページを活かす

コンテンツマーケティングのメリットとしては、旧来からある企業ホームページのトップページへの被リンク依存によるSEOやリスティング広告の利用といったランニングコストから脱却することができる可能性がある点です。

また、コンテンツページを活かすことで、同時に幅広いユーザーに対して接点を持つことができます。

コンテンツマーケティングはただ単なるWeb集客に関する方法論としてだけでなく、コンテンツページ自体がユーザーに気づきを与え、潜在的なニーズを顕在化するきっかけとして活躍してくれることもあります。

トップページやサービスページへのアクセスアップに集中しなくても、幅広いユーザーからのアクセスを獲得しながら、同時にニーズの顕在化やアクション喚起も行うことができる点がコンテンツマーケティングの魅力のひとつです。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングのメリットとしては、コンテンツページによるホームページの全体的なアクセス向上や、ユーザーニーズの顕在化やアクション喚起、ソーシャル連携のしやすさなどが挙げられます。

通常の広告的なWebマーケティングから少し離れて、PR的な要素も持ちながら自然にWebマーケティング活動を行えることが特徴です。

コンテンツマーケティングのメリットとデメリット

コンテンツマーケティングは、ホームページ内のオウンドメディアなどの「コンテンツ」によってサイトへのアクセスを確保しながら、ニーズ喚起・アクション喚起などを行いWebマーケティングを狙う方法です。

コンテンツマーケティング


「コンテンツマーケティングとは?」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ:


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら