オウンドメディアでコンテンツマーケティング!


オウンドメディアでコンテンツマーケティング!

オウンドメディアでコンテンツマーケティング!

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、コンテンツマーケティングのためのオウンドメディア構築に最適なWordPressをベースとしたホームページ制作(ウェブサイト制作)サービスをはじめ、オウンドメディア運営によるコンテンツマーケティングをさらに効果的なものにするWordPressなどのCMSのカスタマイズを得意としています。

Webマーケティングにあたり、ウェブ上での効果的な集客、販促の方法のひとつとして、サイト内オウンドメディアでのコンテンツ配信によるコンテンツマーケティングという方法が有効的です。

これは、自社の公式ホームページ内にコンテンツ配信(記事ページの投稿)を行うことのできる「オウンドメディア機能」を設置して、そのコンテンツを利用してWebマーケティングを行うという方法です。

こうしたコンテンツマーケティングの方法は、オウンドメディアマーケティングと呼ばれることがあります。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、ホームページ内の「コンテンツ」によってオウンドメディアを設置したホームページへのアクセスによりWebマーケティングを狙う方法で、コンテンツを利用して、ウェブユーザーとの接点確保やコミュニケーションを図ることを意図したマーケティング方法です。コンテンツマーケティングを行うためには、オウンドメディア運営サイトの「見込み客層であるウェブユーザー」のニーズに応える高品質のコンテンツを配信することが重要になります。

ホームページ内に設置する「高品質のコンテンツ」の制作・配信によってGoogle、Yahoo!などの自然検索からのアクセス向上や、Facebook、Twitterなどのソーシャルネットワークなどでのシェアによるソーシャル経由でのサイトアクセス向上を狙うことが基本的な方法です。

ホームページの基本的なコンテンツは文章であるテキストデータですが、サイト内に設置した画像や動画、スライドなど、ホームページやウェブ上で表現できる「情報」であればそれはコンテンツを意味します。

ホームページは、それ自身がひとつのオウンドメディアですが、コンテンツマーケティングにおいては、WordPress(ワードプレス)などをベースにしてホームページを制作することにより、ページの追加更新を簡単に行うことのできる機能を実装し、コンテンツページによるホームページへのアクセスを狙います。この際、一度のアクセスで直接のコンバージョンに至らなくても、ウェブPRとしてサイト内でPR活動を行うこともひとつのコンテンツマーケティングとして考えることができます。

コンテンツマーケティング

ホームページ内のオウンドメディアでコンテンツマーケティングをはじめよう!

コンテンツマーケティングの基本形は、ホームページにオウンドメディア機能を設置して、コンテンツ配信を行うことのできる仕組みを導入することです。

例えば企業のホームページで「コンテンツ配信」を行う場合は、新製品・新サービスのお知らせやイベント情報の告知、そして、様々な「サービスの導入事例」や「サービス実績」の掲載などをコンテンツとして新規追加していくことが基本になりますが、「製品やサービスの特徴」、「製品やサービスの使い方」、「スタッフから見た自社製品の面白い特性」や「お客様の声」などの掲載も理想的なコンテンツ配信です。

オウンドメディアというと、メディアサイトのような「記事」やスタッフブログばかりのイメージがありますが、企業の公式ホームページで実施するオウンドメディアは、その企業や企業のサービスの情報をもっと詳しく知りたいユーザーのための「様々な視点からのコンテンツ」が、企業のマーケティング活動としての「コンテンツマーケティング」に適しているのではないでしょうか。

こうしたコンテンツマーケティングを行うためには、企業の公式ホームページ内にオウンドメディア機能を設置する必要があります。

オウンドメディアを導入する

企業が自社メディアをもつための方法としては、外部のブログサービスの利用なども一つの方法ですが、企業の信用力やブランド、そして何より公式ホームページの価値・SEO効果を考えた場合には、「オウンドメディア機能」つまり、ホームページ内に「コンテンツ配信」が可能仕組みをもったCMSベースのホームページを利用する方法が理想的です。

こうしたオウンドメディアを導入する場合は、常時コンテンツページの追加が可能なWordPressをベースとしたホームページを利用するのが最も良いと考えられます。

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでも、こうしたオウンドメディアによるコンテンツマーケティングによる、ホームページからの集客効果を実感していただくため、WordPressでのホームページ制作を推進しております。

WordPressで加速するコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングを行うためには、コンテンツの生成・配信が簡単であることが重要なポイントとなります。

ホームページのコンテンツを利用したコンテンツマーケティングにおいては、「コンテンツ」や「コンテンツページ」が重要であり、それ以外の細かな要素に時間をかけるよりも、メインとなるコンテンツの制作に時間や労力の比重をかけたほうが、高いマーケティング効果を期待することができます。

WordPressをベースとしたホームページを制作させていただくことで、サイト内部に細かなSEO設定も可能なオウンドメディアを設置する事ができます。コンテンツの生成、コンテンツの配信において、簡単で制限なく記事を配信することのできるWordPress(ワードプレス)は最も適したCMSであると考えることができます。

計画的にコンテンツを配信することによって、コンテンツの充実によるロングテールSEOでのアクセスや、サイト内のPV数向上、ユーザーとの接触回数を増大させることができます。

ソーシャルネットワークでコンテンツマーケティングの効果を高めよう!

また、「自社メディア」、「自社メディアコンテンツの配信」は、ホームページ内のオウンドメディア以外でもFacebookやTwitter、Google+、Instagramといったソーシャルネットワークシステムを利用することでももちろん可能です。

ただ、これらソーシャルネットワークでのメディアコンテンツの配信は、フォローユーザーの獲得や投稿の効果の持続性、そして実質ユーザー数の変化などの問題から、単体利用だけではWebマーケティング効果にロスが多くなってしまう問題を抱えています。

しかしながら、これらソーシャルネットワークをうまく活用することで、ホームページ内のオウンドメディアによるコンテンツ配信の効果をさらに高めることができます。

オウンドメディアによるコンテンツマーケティングを軸として、こうしたソーシャルネットワーク・ソーシャルメディアを二次利用することで、コンテンツマーケティング、そして広くWebマーケティング全体の効果を高めることが可能です。

ソーシャルを利用したコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、ホームページ内の高品質コンテンツを活用したWebマーケティングですが、SEOによる自然検索経由でのアクセスのみを狙う場合と異なり、Facebook、Twitter、Google+やソーシャルブックマークなどのソーシャルネットワーク経由でのアクセス向上を図ることができます。

コンテンツマーケティングでは、ホームページ内にオウンドメディアコンテンツを作成し、その記事をソーシャルメディアに投稿して、シェア・拡散を集めるという方法もあります。この方法により、Facebook、Twitterなどのソーシャルメディア単体でのメディア運営だけでなく、ホームページの内のオウンドメディアコンテンツを軸にしたプロモーションが可能になるためメインとなるホームページへのアクセスが向上します。

また自社ホームページの中のコンテンツページにソーシャルシェアボタンやブックマークボタンを設置することで、ユーザーのシェアなどを促し、こうしたソーシャルネットワークを利用したコンテンツマーケティングの効果を高めることができます。

コンテンツプランニング 対象ユーザーを明確に

企業ホームページにおけるコンテンツマーケティングの大切なポイントは、実際のマーケティング活動と同じように、決して押し売りや押し付けではなく、相手の好みやニーズを捉えながら、それに応えるようにコンテンツを制作することだと考えています。

検索ユーザーの検索キーワードに隠れた意図を推測して、それに応えるコンテンツを企画することがコンテンツマーケティングの最良の方法です。

コンテンツマーケティングは「コンテンツ作り」が基本となりますが、そのコンテンツ制作、コンテンツプランニングにおいて、対象ユーザーを明確にして、対象ユーザーの検索意図を推測すること、そしてそれに合わせたコンテンツを配信する必要があります。

オウンドメディアによるコンテンツマーケティングは、ウェブユーザーの興味関心の高い高品質なコンテンツによって、ホームページのアクセスを向上させて、コンバージョンの母数となるアクセスを確保するための方法ですが、読み物としてエンターテイメント性の高いコンテンツよって爆発的なアクセスがあったとしても、企業のマーケティング対象となるユーザーからはかけ離れたユーザーからのアクセスばかりになる可能性もあります。

コンテンツSEO

オウンドメディアでコンテンツを配信していくことにより、そのコンテンツ内容のローカル性や、コンテンツの高い専門性によって、各コンテンツページだけでなく、メインのホームページの評価や専門性も高めることができます。

専門的なキーワードでホームページアクセスが増えたり、コンテンツの関連性によって、ホームページ全体の検索順位向上にも貢献し、関連しているページ同士の関連性を示す事で、トップページ、主要ページが検索エンジンから正当な評価を受けるようになります。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOは別のものではなく、検索エンジンは「検索ユーザーが満足するページを評価して上位に表示することで、検索エンジンとしての価値を高めること」を目的としているため、良質なコンテンツがそのまま、最高のSEOとなります。

ウェブ販促 CMSでオウンドメディア!

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら