大将軍八神社 京都市上京区

大将軍八神社 京都市上京区   Recently updated !


本ブログ一平タイムズで、様々な京都のスポットをご紹介していますが、「そういえば…」と地元に関するものが少ないことに気づきました。

京都市上京区の仁和学区の氏神といえば大将軍八神社です。北野天満宮は翔鸞ですからね。そういうわけで、ふらっと近くの大将軍八神社に行ってきました。ちなみに仁和学区は、学区単位で言えばおそらく日本で一番と言っていいほど神社仏閣が集中しています(と聞きました)。

ちょうど先月妖怪化装行列の一条百鬼夜行があったばかりですが、大将軍八神社は、「妖怪ストリート」こと一条通にあります。初夏にはモノノケ市なども開催されています。

妖怪化装行列 一条百鬼夜行

大将軍八神社は、京福の北野白梅町の駅から歩いてすぐです。北野白梅町は京都市北区ですが、紙屋川を越えると上京区になるためややこしいですが、すぐ近くです。

京福北野線を巡る 北野白梅町から帷子ノ辻 京都市北区~右京区

大将軍八神社

大将軍八神社の入口

大将軍八神社には本社から歩いていってもすぐに行けます。いきなり到着です。

大将軍八神社は、鳴くよ鶯平安京の794年(延暦13年)建立です。

大将軍八神社 鳥居

さあ進みましょう。

大将軍八神社 門

境内を進みます。

大将軍八神社 境内

昔安倍晴明関連の本を読んでいたら、大将軍八神社が出てきました。方除け厄除けの神とされています。

当社は平安京造営の際、陰陽道に依り大内裏(御所)の北西角の天門に星神 「大将軍堂」を建て 方位の厄災を解除する社として創建されたという。
創建当初は陰陽道のお堂として建てられた為「大将軍堂」と称し江戸時代に入り 大将軍村の鎮守社として祀られる様になった。
又、その頃からそれまでの北斗妙見信仰から太白精の信仰に移り暦神と習合して 「大将軍八神宮」とも称した。

当社は上京区一条通に面し、敷地面積は約450坪
昭和4年11月に 現在の八棟権現造の現社殿に造替した。
明治の改正によって陰陽道等の外来神は廃され素戔鳴尊を
主祭神とすることとなった。

大将軍八神社 公式サイト

 大将軍八神社 方除

本を読んでいて、その場所が近くにあるとありがたいです。それが京都から離れる気がしないことの理由でしょうか。

方徳殿

ちょうど行った時に拝観可能だった方徳殿には、重要文化財の大将軍神像80体と陰陽師の安倍家の古天文暦道資料があります。11月1日から5日の間と5月1日から5日の間は拝観可能です。

方徳殿

招霊木

一番好きな場所は、本殿横のご神木の前。

招霊木

昔から大好きな場所です。

大将軍八神社所在地

京都市上京区一条通御前西入 西町48

少しわかりにくいですが、にしいる 「にしまち」です。

妖怪ストリート大将軍商店街の中腹部、紙屋川と御前通の間の一条通沿い北側にあります。北野天満宮からもすぐです。

大将軍八神社の最寄り駅は京福電鉄北野白梅町駅です。歩くと少し距離がありますがJR嵯峨野線円町駅からも行くことができます。

大将軍八神社 (公式サイト)


「大将軍八神社 京都市上京区」のカテゴリ 一平タイムズ
タグ:


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら