杏

小梅、源平桃、杏がやってきました


突然ですが、弊社に小梅、源平桃、杏がやってきました。

先日、城南宮の梅を観に行ってから、やはり梅が好きなことに気付きました。城南宮のしだれ梅は初めてではありませんでしたが、やはり梅が好きなようです。バラ科サクラ属が好きなのでしょうか…

陽が伸びて、暖かい日が続き、春の兆しを感じるようになってきました。もちろん植物のプロではありませんが、弊社はWeb制作会社としては異例なほどに植物だらけです。

バラ科サクラ属の小梅、源平桃、杏

植物たちがメキメキ成長する季節がやってきたため、土などをホームセンターに買いに行った所、桜、梅、桃、杏など、同類の木が販売されていたので、タイトル通り、小梅、源平桃、杏の三種がやって来ました。

今回は木ばかりですが、木のお世話は、初めてというわけではなく、すでに小さいながらも木がたくさんあります。

文字通りの古株はハイビスカスです。ハイビスカスはあまり耐寒性がないのですが、室内で越冬してもらうことができます。

それでは、新しい仲間のご紹介です。バラ科サクラ属のみんなです。

小梅

小梅

小梅は、梅よりも少し小ぶりの花が咲きます。まだまだ枝すらつかず、ということで梅の花を楽しめるのは来年になりそうです。

源平桃(げんぺいもも)

源平桃

源平桃は花桃です。花桃は、果実としての桃ではなく、花の鑑賞を目的とした桃になります。

源平桃は、赤と白の花が咲きます。

紅白の花が、桃の花言葉、「あなたに夢中」と掛けあってものすごくロマンチックです。

杏(あんず、杏子、Apricot)

杏

杏は食べるイメージばかりでしたが、杏も愛らしい花がつきます。

3月現在、杏の木自体はまだ幼いですが、綺麗な花をつけています。

弊社の新しい仲間のご紹介でした!


「小梅、源平桃、杏がやってきました」のカテゴリ 一平タイムズ
タグ:


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら