新規のウェブサイト制作のご依頼をお断りするケース

新規のウェブサイト制作のご依頼をお断りするケース


今回は、新規のウェブサイト制作(ホームページ制作)のご依頼をお断りするケースについてご紹介します。

弊社、株式会社ファンフェアファンファーレはワードプレスなどのCMSを利用したウェブサイト制作、また、それらCMSのカスタマイズを得意とするWeb制作会社です。

事業の軸としてはホームページ制作(ウェブサイト制作)ですが、WordPressなどのCMSカスタマイズのご依頼の比重が高まり、また、Webマーケティング全般の視点からのご提案を重点に置いております。

新規でのホームページ制作のご依頼はありがたいものの、どうしてもご依頼をお断りするケースがあるため、少しだけご紹介させていただきます。

ウェブサイトの本質を考えて

ウェブサイトの本質を考えて

ウェブサイトを制作できる企業はおそらくかなりの数になるとは存じますが、「ウェブサイトを作る」という制作自体の実現可能性はさておき、第一にそもそも何のために作るのかという前提があるはずです。

サイト制作をただ闇雲に行えば、もしかしたら「がっかり」が待っているかもしれません。

それが個人運営のサイトならば、まだ良いかもしれませんが、事業者様が費用をかけてウェブサイトの制作依頼をしたにもかかわらず、結果として、ホームページ(ウェブサイト)が全くマーケティングツールとして機能しておらず…といったケースは山程あります。

そんな中、ありがたきことですが、弊社にウェブサイトのカスタマイズ・リニューアルのご依頼をいただくことがあります。

しかしながら、弊社がいくら事業体であると言っても、そのような制作のご依頼をお断りするケースがあります。

今回は、記事自体に少し危険な匂いのする、「新規のウェブサイト制作をお断りするケース」をほんの少しだけお伝えしていきます。

新規のウェブサイト制作をお断りするケース

公序良俗に反するサイトの制作をお断りすることは、当然ですが、一般的なサイトにもかかわらず、ご依頼を控えていただくケースがあります。

それは、非常に単純ですが、「リターンが見込めない場合」です。

弊社のWeb制作サービスは、主に企業様向けのサービスです。

当然のことながら

「お役に立ちます」

と言っておきながら、事業を圧迫してはいけないという考えがあります。

企業向けのサービスは、一般的な消費と異なり、「買って嬉しい、楽しい」という感情だけ(感情だけではありませんが…)を売るわけではありません。

リターンが見込めない場合は、現状ではウェブサイト制作のご依頼を控えていただくことにしています。

どのような企業向けサービスでも、多少のリスクはあります。見込み違いということや市場の変動にも左右されます。今日の当然が明日には化石になることもあります。

また、改めてお伝えしますが、ウェブサイトのマーケティング活用は、完全に費用に比例するものではありません。

小規模で特に開業間もない企業様

SNSやブログが浸透するまでは、ウェブサイトの所有は必須かのように囁かれていました。しかしながら根本を考えれば、SNSもブログすらも、本来は事業活動の必須条件ではありません。

Webマーケティングツールとして、ウェブサイト、ブログ、そしてSNSを活用することはできますが、それがそれほどマーケティングなどに貢献しない場合は、後回しにしてもよい分野のはずです。

こんなことを記事にするのは、Web制作会社としては失格かもしれませんが、弊社はただ、ウェブサイトを作るだけの会社ではありません。

小規模で特に開業間もない企業様の場合、ウェブサイト制作費用に数十万、数百万費やして、効果が現れるまでの間、Webマーケティング費用によって事業を圧迫する可能性があるです。

特に開業間もない場合は、他の業務で時間的余裕もないケースもあると存じます。

そんな時に、サイト制作依頼に時間と費用をかけて、それがなかなか結果に繋がらないのであれば、後回しにすべきです。

相応の期間を要するウェブサイトの企画

なぜならば、ウェブサイトを「作る」ことはできますが、やはりしっかりと効果を出そうと思う場合には、打ち合わせ時間、費用、サイトのボリューム、そして、検証と改良が必要であり、それには相応の期間を要するからです。

大まかには以上のような理由でお断りしています。

お断りしているというよりも控えていただいているといった方が適切かもしれません。

そして、最も避けたいのが、「ウェブサイトなんて無意味だ」というがっかり感です。そして、無理にサイト制作のご依頼を受けて、効果がないまま事業を圧迫するということがないように、という考えがあるからです。

さらにローカルビジネスの場合

小規模でローカルビジネスの場合は、ウェブサイト活用よりも、他の販促方法のほうが適している場合があります。

ウェブサイトの強みは、地域を越えて全国、全世界向けに発信できること、そしてコンテンツのアーカイブ性ですが、顧客層によってはウェブ自体を使っていない場合があります。

そんな中でのウェブの優先順位は、後回しになります。そんな時は、顧客層に合わせた紙での販促の方をおすすめしています。

顧客層に合わせた販促で効果が出ない場合は、ウェブではもっと出ません。

ウェブを利用して広く浅く遠くから集客を狙うよりも、現実の物理空間で周りからぐるぐる集客していくほうがローカルビジネスには適しています。

ウェブでの集客はさらに商圏や顧客層を広げる際の補助ツールとして利用したほうが良いと考えます。

そのような場合も、ご依頼を控えていただいております。

「見えない誰かより、まずは目の前のあなた」

地元の商店街を通ったり、地元の中華そば屋さんにいくと、いつでもそんなことを思います。

そしてその次にウェブでの新たな出会いがあれば、より良いのではないかと考えています。


「新規のウェブサイト制作のご依頼をお断りするケース」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: , ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら