WordPress化「既存ウェブサイトのCMS化」をもっとやさしく解説


このページは「『WordPress化 既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)』をもっとやさしく解説」と題しまして、「既にウェブサイトをお持ちでも、そのホームページ(ウェブサイト)をCMS化する」といったことを、もっともっとお伝えするためのページです。

既存ホームページ(ウェブサイト)のWordPress化(CMS化)

CMS(シー・エム・エス、コンテンツ・マネジメント・システム)は、お客さまご自身でホームページ(ウェブサイト)の新規ページ追加や編集、更新を行なっていただけるウェブシステムです。

コンテンツ・マネジメント・システムの「コンテンツ」とは、「中身」を意味します。

ウェブ上であれば、「コンテンツ」その情報(ページ内情報)の中身を意味します。

CMSは、お好きな時にご自身でホームページ(ウェブサイト)の更新ができることに加え、一度「型」を作ってしまえば何ページでも同一フォーマットで新規ページを生成することができます。

「ページの追加やページの修正など、好きなときに好きなだけウェブサイト・ホームページの中身を更新することができる」

これはウェブサイト・ホームページの運営において非常にメリットがあります。

既にホームページ(ウェブサイト)をお持ちの方でも、このCMSを導入することができます。

既に今あるウェブサイトのレイアウト(配置や形状)やデザイン案をほとんどそのままに、内部システムをCMS化(「ページの中身」を更新できる)することによって、ホームページ(ウェブサイト)の新規制作に比べ、費用を抑えながら、より容易なコンテンツ(サイト情報の中身)追加、高いプロモーションが可能になります。

自サイトのWordPress(CMS)化によるメリット

自サイトのWordPress(CMS)化によるメリットは、

簡潔には、「既にあるホームページ(ウェブサイト)をシステム化することによって、ページ追加や編集、更新を簡単なものにする

といったイメージです。

ホームページ(ウェブサイト)の更新が容易になりますので、どんどん新しい情報をご自身で発信していただけるようになります。

既存ホームページ(ウェブサイト)をWordPress化するなど、CMS化する場合、既にあるウェブサイトのレイアウトや素材を利用するため、新規でのウェブサイト制作よりも費用を抑えることができます。

ワードプレスなどの管理画面・編集画面

一般的なホームページ運営は、ページ追加や編集、更新にあたって、通常であればHTMLを記述してアップロードという形になりますが、ワードプレスなどのブログシステム系CMSの編集画面は、レンタルブログのような編集画面です。

フェイスブックページやレンタルブログに記事を投稿するときと同じような容易さで、企業サイト、店舗サイトなど公式サイト内に記事をどんどん増やしていくことができます。

それまでは、外部のレンタルブログで代用されていたようなことが、自社サイト内で完結することができます。

自サイト内のコンテンツ

既存ホームページ(ウェブサイト)のWordPress(CMS)化によって、コーポレートサイトなどと「外部レンタルブログ」を組み合わせていたものを、自社サイト内に「一本化」することができます。

イベントのお知らせもスタッフブログも全て同一の管理画面で操作することができます。

「自サイト内のコンテンツ」になることによって、自サイトそのもののアクセス向上や、情報の信頼性向上に貢献します。

この「既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)」によって自社サイトを「オウンドメディア化」することができます。
自サイト本体をCMS化することによって、新商品やイベント情報などの新着情報の発信や「スタッフブログ」の更新を即時に行うことができ、また、動きのある「活きたサイト」として、ユーザーとの接点が大きくなり、より高いPRをすることができます。

それまで更新が容易ではなかったホームページ(ウェブサイト)をCMS化することによって、情報発信を容易化・集中化することによって、お客さまの既存のお客さまとの接点がより大きくなり、また潜在的なお客さまと出会うチャンスが広がります。

既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ
ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら