現在ご利用のホームページのウェブデザインをWordPressテーマへ


現在ご利用のホームページのウェブデザインをWordPressテーマへ

既存ホームページのWordPress化サービスは、既存ホームページのウェブデザインをWordPressテーマへと移行することで、新規でのホームページ制作と比較して、安価にWordPressサイトを構築することができるため、低予算でWordPressの更新の容易さやSEOといった強みを実感していただくことができます。

「ホームページをWordPressサイトにリニューアルしたいが、ウェブデザインなどを一から依頼すると費用がかかる」

といった場合に、既存のホームページのレイアウトやデザイン案を利用して費用を抑えながら内部システムをWordPress化することにより、ホームページの運営を容易に行っていただくことが可能になります。

WordPressサイトへと変更することにより、ご自身でホームページの運営を行っていただけるため、「運営しているホームページのページ追加・更新頻度が高く、毎回ホームページ制作会社に依頼するたびに費用が発生する」、「掲載内容が少し変わっただけでも依頼の必要があるため、連絡と申し込み、決済などの手間が面倒」といったことがなくなります。

WordPress化でウェブデザインをWordPressテーマへ

WordPress化でウェブデザインをWordPressテーマ

WordPressなどの高機能CMSへのご検討をされている方でも、ホームページリニューアルにあたり、新規でホームページの制作を依頼すると制作費が高額になるとお考えの方も多いかと存じます。また、現状のウェブデザインが素晴らしいものであるため、ホームページのリニューアルでデザイン変更が行われることにためらいを持たれる場合もあります。

既存ホームページのWordPress化サービスは、現在ご利用のホームページのウェブデザインをWordPressテーマへと移行する形で、静的なホームページ(ウェブサイト)の内部をWordPressへと変更させていただくサービスです。

HTMLで作成されたホームページのテキスト・画像コンテンツを利用

HTMLで作成されたホームページのテキスト・画像コンテンツを利用

WordPress化にあたり、HTMLで作成されたホームページのテキストや画像といったコンテンツ素材を利用して、WordPressテーマへと反映していきます。こうすることで、現在のHTMLホームページのWebデザインを再利用する形で、新しくWordPressサイトをご利用いただける事ができます。

現在ご利用のウェブデザインをそのままWordPressサイトへと移管することで、WordPressの持つホームページ更新・ページ追加の機能などがプラスされる形で新サイトを稼働させることができるため、今までよりもスムースにホームページの運営を行っていただけるようになります。

WordPress化にあたってのWebデザイン調整にかかる料金変動について

HTMLホームページをWordPress化するにあたり、若干のWebデザインの変更を伴うケースがあります。レイアウトの調整やCSSでの配色などは、基本料金範囲内になりますが、画像素材の影響などによるWebデザインの調整にかかる場合は、別途調整費用、画像の作成費用が発生する場合があります。こうしたWordPress化にあたってのWebデザイン調整にかかる料金変動についての一例として、「一部デザインの再作成が必要な場合」について掲載させていただきます。

一部デザインの再作成が必要な場合

WordPress 一部デザインの再作成が必要な場合

ホームページのWordPress化にあたり、新サイトであるWordPressサイトでは、ホームページのレイアウトがモバイルフレンドリーに対応したレスポンシブウェブデザインへと進化します。

この際に、画像で制作された横並びメニューやサイドバー設置画像などが、ホームページのスマートフォン表示に適さない場合に、画像を再作成する必要があるケースがございます。

これらHTMLホームページのWordPress化に伴う画像に付随する問題が発生したケースにおきましては、弊社で画像を再作成(料金別途)させていただくか、画像の再制作のご依頼をお願いするケースがありますことを予めご了承ください。

既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら