美容関連業の店舗ウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点

美容関連業の店舗ウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点


弊社ウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)、株式会社ファンフェアファンファーレです。

弊社ファンフェアファンファーレは、インターネットを利用したマーケティング(Webマーケティング)を軸においたWeb制作会社です。美容室、理髪店、エステサロン、ネイルサロンなど、美容業・美容関連業の店舗のホームページ制作・ウェブサイト制作も多数の制作実績があります。

弊社は、京都を中心に、全国のホームページ制作サービスやWebマーケティングサービスをお求めのみなさまに、ホームページ制作・ウェブサイト制作をはじめ、サイトカスタマイズやコンテンツ制作(ページ制作)、SEOカスタマイズなど、様々なWeb制作サービスを提供しております。

美容室、理髪店、エステサロン、ネイルサロンなど、美容業・美容関連業の店舗ウェブサイト(ホームページ)制作においても、あくまでビジネスツールとしてのウェブサイトの活用を重点においています。主にWordPress(ワードプレス)を利用したウェブサイト制作や、サイトのカスタマイズを手がけております。

エステサロン様 WordPressサイト制作・ソーシャル連携事例・実績

このページでは、美容室、理髪店、エステサロン、ネイルサロンなど美容業・美容関連業の店舗ウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点についてのご説明をさせていただきます。

美容業・美容関連業について

美容業・美容関連業は一般的に美容室・理髪店・エステサロン・ネイルサロンなど、「美容」に関する業種を指します。

本ページでは、こういった対一般消費者に美容に関係するサービス業について記載させていただきます。

美容用品のメーカーなどはウェブサイトの活用の取り扱いが異なるため、メーカー(製造業)の企業ウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点をご参照ください。

乱立するウェブ上での美容店舗情報

美容業・美容関連業も飲食業などと同様に、一般消費者を対象とした業種になります。

一般消費者を対象としたサービスに関する情報は、ソーシャルネットワークやブログ、口コミサイトなど、CGMと呼ばれる消費者投稿型のウェブコンテンツが増えてきました。

しかし、CGM(コンシューマージェネレイトメディア)単体では、情報の信頼性は不確かなままになります。特に、美容室、理髪店、エステサロン、ネイルサロンなど美容業・美容関連業の店舗名称や所在地、電話番号などのデータは、了承、無断問わず様々な有償無償のウェブサービスに投稿されています。

近年、美容関連業種を筆頭にフリーペーパーの広告効果が落ち込み、費用に対しての効果が感じられないというお声をよくいただきます。

同じような店舗情報がウェブ上でたくさん掲載されている

美容業におきましても、サロン情報サイトなど、主観性と客観性を兼ね揃えた情報掲載型ウェブサービスは、たくさんありますが、店舗のブランディングにおいて、決まりきったひな形からでは訴求力が落ちてしまいます。

Web上の様々な所に同じような店舗情報が掲載されていることは、様々なユーザーとの接点を増やすことにはなりますが、やはりコアとしてウェブサイトを所有し、ブランディングを高め、また、公式な情報を発信することにより、より高いウェブPRが可能になります。

プロモーションかPRか

美容室、理髪店、エステサロン、ネイルサロンなど、美容業・美容関連業の店舗ホームページにおきましても、ウェブサイト・ホームページを軸にしたSEM、ソーシャルネットワーク、そしてウェブ広告の利用によって、プロモーション力を高めることができます。

ホームページ(ウェブサイト)は、情報掲載型ウェブサービスとの組み合わせも十分に可能です。接触機会、閲覧時間を増やすことに重点を置くといった視線が必要になるかもしれません。

サロン情報サイトなどの情報掲載型サービスでは伝えきれないことも、自由度の高いCMSで構築したウェブサイト・ホームページならば、簡単に可能になります。

新規の見込み客層にアプローチする、ということも一つの方法ですが、さらにユーザーのリピートを促すことも可能です。

ランディングページ(LP)の活用

ランディングページ(通称LP)とは、ホームページ(ウェブサイト)のうち、最初に閲覧されるページを指しますが、広告用に使用するランディングページは、ワンカラム(サイドバーなしのサイトレイアウト)の縦長のページです。

一枚モノのページと言ったイメージですが、ウェブの強みとしてウェブページは縦方向にたくさんの情報を掲載することができます。

ウェブ上でのプロモーションにあたり、ウェブ広告の利用の際にウェブサイトトップページなどに転送するケースがありますが、縦長の広告用ランディングページを活用するとさらに効果が高まります。

ウェブPRでリピート確保

美容業・美容関連業も一般消費者を対象としているため、既に認知度のある店舗では、改めてホームページ(ウェブサイト)の活用によって、マーケティングには直結しにくい傾向があります。

すでに、一度店舗に訪れた方の持つ五感で感じた情報量をウェブで塗り替えることはほとんど不可能に近いからです。

美容室、理髪店、エステサロン、ネイルサロンなど美容業・美容関連業でウェブサイトの活用をする場合は、ランディングページを活用したプロモーションと同時にリピーター確保のためのウェブPRに軸をおいたほうが良いのかもしれません。

あくまで新規ユーザーや既存顧客とのコミュニケーションツールとして、ウェブサイトに設置したオウンドメディアやSNSを活用する方が業種には向いていると想定されます。

美容業・美容関連業の店舗ウェブサイト(ホームページ)でオウンドメディアのコアを持つ

ホームページ制作 美容業 店舗ウェブサイト・ホームページ オウンドメディア

ウェブ上でのPR活動にも、様々な方法があります。代表的なものはFacebookやTwitterといったSNSです。そして、以前から一般的であるのは、レンタルブログなどでしょう。しかし、最もおすすめさせていただきたのは、外部と連携していたブログ機能をお店ホームページに組み込んでいただくパターンです。

ウェブ販促 CMSでオウンドメディア!

レンタルブログとSNSが連携できるように美容室、理髪店、エステサロン、ネイルサロンなど美容業・美容関連業店舗のウェブサイトと連携させることもできます。

また、レンタルブログも近年はソーシャルネットワーク的な意味合いが濃くなっています。

ウェブサイト内部に組み込んだ投稿を、ソーシャル性が高まってきたレンタルブログにお知らせとして投稿することで相乗効果が生まれます。

外部の様々な場所に分散している情報を一つのコアを持ちながら収束させていくことにより、ウェブ販促の相乗効果が生まれます。サイト全体へのSEO効果もその一例です。

ぜひブランディングがしやすい柔軟なホームページ(ウェブサイト)を軸において、SNS、レンタルブログとの連携でさらに高いウェブプロモーションを体感してください。

美容室、理髪店、エステサロン、ネイルサロンなど
美容業のホームページ制作(ウェブサイト制作)

美容室、理髪店、エステサロン、ネイルサロン 美容ホームページ制作(ウェブサイト制作)

以上、美容室、理髪店、エステサロン、ネイルサロンなど、美容業・美容関連業の店舗ウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点を掲載させていただきました。美容業 ホームページ制作実績は以下のページをご参照ください。

美容業 ホームページ制作実績

株式会社ファンフェアファンファーレでは、目的・ご予算に合わせた美容業・美容関連業の事業者様のホームページ制作(ウェブサイト制作)やサイトカスタマイズを承っております。

実績紹介や季節ごとのイベントメニューなど、コンテンツマーケティングやオウンドメディアマーケティング、ホームページ(ウェブサイト)のSEOやウェブ広告によるSEMなどのWebマーケティングや求人プロモーション等、ウェブに関わるマーケティングサポートサービス・Web制作サービスを提供しています。

詳しくは、一度弊社までお問い合わせくださいませ。

ホームページ制作(ウェブサイト制作)について

ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)
株式会社ファンフェアファンファーレ
(トップページへ)


「美容関連業の店舗ウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら