画像alt属性へのキーワード詰め込み ブラックハットSEO

画像alt属性へのキーワード詰め込み ブラックハットSEO


ホームページ設置画像のalt属性へのキーワード詰め込みは、ブラックハットSEO(検索エンジンスパムに該当する、検索結果上位表示だけを狙うSEO対策)として、検索エンジンペナルティの対象となります。

この画像のalt属性(オルト属性)は、「代替テキスト」として、画像が表示できない場合に示すテキスト(文字列)を指定します。画像にテキスト情報を与えるため、画像に対してのSEOとしては最も重要なSEO対策の一つです。

画像のalt属性は、基本的にはページに表示されない

画像のalt属性

ホームページ制作時に設定するページ内の「画像のalt属性」は、ホームページの画像が表示できない場合の「代替テキスト」の指定のため、基本的にはページに表示されません。

ページの外観上、alt属性で設定されたテキストは、ウェブユーザーには見えませんが、そのテキストデータは検索エンジンに伝わります。

こうした画像のalt属性の設定はページ内の画像のもつ意味を検索エンジンに伝えるため、SEOのひとつとして考えることができます。ホームページ制作においてホームページ内部で行うSEOのため、SEO内部対策のひとつです。

ホームページ設置画像のSEO【SEO内部対策】

SEO内部対策を考えた場合にはホームページ制作において画像を設置するときは、きちんと代替テキストを設定するほうが望ましいでしょう。

テキスト・キーワードを詰め込むブラックハットSEO

テキスト・キーワードを詰め込むブラックハットSEO

検索エンジンスパムとして、この画像のalt属性の仕組を利用して、画像内にキーワードとなりうる文字列を詰め込む方法があります。

表面上見えない部分に、ページの主題と関係ないテキストを詰め込んだり、ページのテキスト量を増やすために、多数のキーワードを埋め込む方法が取られました。

しかしながらこの方法は、「検索エンジン最適化のガイドライン」に違反する、検索エンジンスパム行為です。

この方法は、ブラックハットSEOとして、検索エンジンペナルティの対象となり、検索結果での掲載順位の下落、インデックス削除の対象となります。

ブラックハットSEO

SEO効果の高いホームページ制作、SEO対策なら
ファンフェアファンファーレにお任せください

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、SEO効果の高いホームページの制作はもちろんのこと、既に運営されているホームページのSEO対策において、通常のSEO内部対策だけでなく、高品質なコンテンツによるコンテンツSEOも手がけております。

SEO効果の高いホームページ制作サービス、SEO対策サービスにつきましては、「ホームページ制作 京都」 ホームページ制作・作成のプランニングにつきましては、京都府京都市内(上京区、中京区、下京区、東山区、右京区、左京区、北区、南区、西京区、山科区、伏見区)および京都市近郊エリア(亀岡市、宇治市、向日市、長岡京市など京都府下の京都市近郊市町村、滋賀県南部、大阪府北部など)では、ご訪問での打ち合わせ・ヒアリング・ご提案をさせていただいております。京都でホームページ制作ならお任せください!もちろんホームページ制作(ホームページ作成)は全国対応しております。WordPressでのホームページ制作など、新規でのホームページ制作・ホームページ作成はもちろん、既存ホームページのリニューアルやSEO・SEO対策、各種Web集客・WebマーケティングにかかるWebコンサルティングも対応可能です。

SEO(検索エンジン最適化)・SEO対策


「画像alt属性へのキーワード詰め込み ブラックハットSEO」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら