ホームページ制作 css overflow オーバーフロー

CSSプロパティ| overflow オーバーフロー [ホームページ制作の装飾プロパティ]   Recently updated !


overflow: ;

ホームページ制作(ウェブサイト制作)の際に使用するCSSプロパティ「overflow」についてのご説明です。

ホームページ制作・作成において、overflow(オーバーフロー)は、ページ内の要素から、はみ出た内容の表示方法を指定します。

基本的には要素からはみ出た部分は、要素からはみ出して表示されますが、ホームページ制作時にCSSではみ出し内容の表示方法を指定することで、スクロールや非表示へと変更することができます。ただし、はみ出し部分を非表示にした場合は、隠しテキストとしてSEOにマイナスになることがあるので注意が必要です。

overflow はみ出た内容の表示方法を指定

ホームページ制作 css overflow オーバーフロー

ホームページにおいてボックス(要素)の範囲内に内容が入りきらない場合に、はみ出た部分(内容)の表示方法を指定します。

ホームページ中の該当要素の指定横幅・縦幅の面積を超えて内部にテキストや画像などが入っていた場合に、その部分の表示をどう扱うかを指定します。基本はvisibleですが、ホームページ制作時に属性を指定することで、取り扱い方を変更することができます。

visible

ボックス(要素)からはみ出して表示(初期値)

auto

ブラウザ依存(一般的にはスクロール)

scroll

はみ出た内容はスクロール

hidden

はみ出た部分は表示されない

overflow: ;

overflow x(横方向)、y(縦方向)個別指定

ホームページ制作 overflow系プロパティ

overflowの指定は、x(横方向)、y(縦方向)それぞれにはみ出た場合の指定を個別指定することができます。

  • overflow-x はみ出た内容の表示方法を指定(IE) 横方向
  • overflow-y はみ出た内容の表示方法を指定(IE) 縦方向

ホームページ(ウェブサイト)制作・作成に役立つCSS3のプロパティ一覧は
⇒css3 property reference index ホームページ制作の装飾プロパティ

ホームページ制作・Webデザインの1ポイント

overflow ホームページ制作・ホームページ作成

ホームページを制作する際に、意図せず内容がはみ出すことがあります。はみ出した部分は原則的にスクロールされますが、制作確認中はスクロールを意図していなくても、異なる解像度のブラウザで確認すると、内容がはみ出し、スクロールになっていることがあります。意図せず隠しテキストのような構造になってしまうこともありますので、SEOを意識する場合や、ユーザー向けの表示への配慮を考える場合には、ホームページ制作時に異なるブラウザ幅などで確認を行うほうが良いでしょう。

ホームページ制作(ウェブサイト制作)なら
Web制作会社ファンフェアファンファーレへ

「Web集客できるホームページ制作・作成(ウェブサイト制作)
『お客さまのお客さま目線』でのWeb制作、Webマーケティング」
ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)ファンフェアファンファーレは、Webマーケティングツールとして、Webマーケティング・SEMを意識したWeb集客・プロモーション力のあるSEO特性・ウェブPR力の高いSEO対策付きのホームページ制作(ウェブサイト制作)・作成、WordPress(ワードプレス)やEC-CUBE(イーシーキューブ)などのCMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入やカスタマイズ、ウェブサイトの高速表示化、レスポンシブデザイン、モバイルフレンドリーを得意としています。
ホームページ制作サービスにあたり、WordPress(ワードプレス)を利用したホームページ制作(ウェブサイト制作)をはじめ、HTML5,CSS3,jQueryによるホームページ制作を行っております。Web集客のためのWebマーケティング効果の高いホームページ制作をはじめ、ホームページのリニューアル・更新・修正・管理、ホームページのSEO(SEO対策)、ホームページ運営やWebマーケティングにかかるWebコンサルティングなど、様々なサービスを提供しています。
Web集客・Webマーケティングに効果的なコンテンツマーケティング・コンテンツSEO・ウェブPRを加速させるWordPressなどCMSを活用したオウンドメディア構築、既にお持ちのホームページ(ウェブサイト)のWordPress化やWordPressのカスタマイズもお任せください!
ホームページ制作価格表(Web制作サービス)

WordPressホームページ制作(ウェブサイト制作)

WordPressをベースとしたホームページ制作やWordPressサイトのカスタマイズもおまかせください!既存ホームページを更新・編集可能なWordPressサイトへと変更する「WordPress化」のカスタマイズやコンテンツマーケティングを加速させるオウンドメディア構築も可能です!
WordPressテーマのCSSの編集によるレイアウト調整やWebデザインの修正をはじめ、メディアクエリの利用によるモバイルフレンドリー化(スマホ対応)にも対応しています。WordPressでのホームページ制作はもちろん、WordPressテーマのCSS調整、WordPressのエラー修正や設定変更、WordPressサイトのSEOなどWordPressに関する各種ご依頼に対応しています。

HTML5+CSS3でのホームページ制作(ウェブサイト制作)

HTML5+CSS3での静的HTMLホームページ制作(ウェブサイト制作)やHTML5+CSS3でのWordPress(ワードプレス)テーマの制作なら、京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)ファンフェアファンファーレにお任せください! HTML5+CSS3で作成する企業ホームページ制作や店舗ホームページ制作をはじめ、既に運営されているホームページのCSS修正や編集、メディアクエリの利用によるホームページカスタマイズ・ホームページのモバイルフレンドリー化にも対応しております。レイアウト調整やカラーの調整など、各種ホームページのWebデザインの調整もお任せください!CSSの利用による既存ホームページのスマホ対応、モバイルフレンドリーに対応しています。

ホームページ制作実績

新規ホームページ制作・カスタマイズ実績のある業種・エリアや、ホームページ制作事例・サイトカスタマイズ事例などホームページ制作実績のご紹介。企業の公式ホームページをはじめ、各種ホームページ制作(ホームページ作成)に対応しています。
ホームページ制作実績

ホームページの更新・修正

ホームページのページ更新やページ追加、ホームページ内部の様々な修正など、各種ホームページの更新・ホームページの修正の代行に対応しております。エラー修正やページ内容の変更など、ホームページの更新や修正にかかる単発のご依頼で対応させていただいておりますので、CSSの調整をはじめ、軽微な修正でもお気軽にご相談ください。
ホームページの更新・修正料金 価格表

ホームページ制作 京都

ホームページ制作 京都」 京都府京都市内(上京区、中京区、下京区、東山区、右京区、左京区、北区、南区、西京区、山科区、伏見区)および京都市近郊エリアでは、ホームページ制作・SEO・Web制作サービスにつき、ご訪問での打ち合わせ・ヒアリング・ご提案をさせていただいております。京都・関西・近畿圏はもちろん、ホームページ制作、ホームページのリニューアルやカスタマイズ・SEO・WebマーケティングにかかるWebコンサルティングなどのWeb制作サービスにつき全国対応しております。HTML5+CSS3でのホームページ制作やWordPressサイト制作はもちろん、CSS調整やコンテンツ修正をはじめとしたホームページの修正や更新作業にも対応可能です。


「CSSプロパティ| overflow オーバーフロー [ホームページ制作の装飾プロパティ]」のカテゴリ css property o
タグ: ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら