ホームページ制作 htmlタグ i イタリック表示

htmlタグ| i イタリック [ホームページ制作の基本タグ]


<i></i>

ホームページ制作(ウェブサイト制作)の際に使用する<i>タグについてのご説明です。

ホームページ制作において<i>タグ(イタリック)は、ホームページ(ウェブサイト)のページの文中テキストを斜体表示(イタリック表示)する際に使用します。

<i> イタリック表示、テキストを斜体(イタリック)にする

ホームページ制作 htmlタグ i イタリック表示

Italic。ホームページ制作で<i>タグを使用することで、タグで囲まれた該当部分のテキスト(文字)を斜体(イタリック)表示にすることができます。

他のhtmlタグで自動的にイタリック表示になるタグがありますが、テキストの斜体表示だけが目的の場合は、この<i>タグを使用します。

強調を目的としたemなどでもイタリック体表示されることがありますが、イタリック体表記が目的の場合は、文書中の強調箇所を示すような属性を与える目的がなければ、この<i>を使用します。

Webデザインのための斜体表示とSEOへの影響

HTMLタグはページ中のテキストなどに「該当部分はどういった特性をもった部分か」を伝えるために使用します。SEOを考える場合、特にSEO内部対策を考える場合であれば、テキスト中の重要な部分の指定などを考えてHTMLマークアップを行います。

Webデザインのために一部のテキストを斜体(イタリック表示)にしたい場合、<i>タグを使用する場合は問題がありません。しかしながら、ホームページ制作で配布テンプレートの使用やWordPressテーマの使用において、特定のHTMLタグがCSS側でイタリック指定がなされており、斜体表示のために論理構造を持った特定のタグを使用すると、該当箇所に意図せず論理的な意味合いを与えてしまうことになります。

例えば、引用を示す「ブロッククォート」がCSS側で斜体表示として指定されており、Webデザイン上斜体表示をするためにこのタグを使用してしまうと、該当部分は「引用文である」という属性として検索エンジンに認識されてしまいます。オリジナルの文章でありながら引用であるというHTMLマークアップがあれば、その部分のSEOとしての評価は無効になります。

Webデザインのために斜体表示をする場合には、こうした<i>タグを使用するか、該当部分にclassをつけて、CSS側でイタリック指定を行いましょう。

<i></i>

この<i>タグはhtml4.01、html5どちらのhtmlバージョンで制作されたホームページ(ウェブサイト)でも使用することができるため、CMS内で生成するコンテンツなどにおいても、ベースとなるWordPressテーマなどのhtmlバージョンに影響されず使用することができます。

ホームページ(ウェブサイト)制作・作成に役立つHTML5のタグ一覧は
⇒html5 tag reference index ホームページ制作の基本タグ

ホームページ制作・SEOの1ポイント

i ホームページ制作 SEO

文字のイタリック表示はデザイン的な側面もありますが、その他の一般的なテキストと比較してその部分が「特徴的」となるため、場合によっては強調タグのようにその部分が重要な単語であると認識されるケースもあると考えられます。

「見出しとして使用されている」といった面や、「他のテキストとはフォントカラーが異なる」といったように、SEOの単語の重要度は、あくまで他の部分との相対的な重要度の差であると推測することができます。

ホームページ制作(ウェブサイト制作)なら
Web制作会社ファンフェアファンファーレへ

「Web集客できるホームページ制作・作成(ウェブサイト制作)
『お客さまのお客さま目線』でのWeb制作、Webマーケティング」
ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)ファンフェアファンファーレは、Webマーケティングツールとして、Webマーケティング・SEMを意識したWeb集客・プロモーション力のあるSEO特性・ウェブPR力の高いSEO対策付きのホームページ制作(ウェブサイト制作)・作成、WordPress(ワードプレス)やEC-CUBE(イーシーキューブ)などのCMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入やカスタマイズ、ウェブサイトの高速表示化、レスポンシブデザイン、モバイルフレンドリーを得意としています。
ホームページ制作サービスにあたり、WordPress(ワードプレス)を利用したホームページ制作(ウェブサイト制作)をはじめ、HTML5,CSS3,jQueryによるホームページ制作を行っております。Web集客のためのWebマーケティング効果の高いホームページ制作をはじめ、ホームページのリニューアル・更新・修正・管理、ホームページのSEO(SEO対策)、ホームページ運営やWebマーケティングにかかるWebコンサルティングなど、様々なサービスを提供しています。
Web集客・Webマーケティングに効果的なコンテンツマーケティング・コンテンツSEO・ウェブPRを加速させるWordPressなどCMSを活用したオウンドメディア構築、既にお持ちのホームページ(ウェブサイト)のWordPress化やWordPressのカスタマイズもお任せください!
ホームページ制作価格表(Web制作サービス)

WordPressホームページ制作(ウェブサイト制作)

WordPressをベースとしたホームページ制作やWordPressサイトのカスタマイズもおまかせください!既存ホームページをWordPressサイトへと変更する「WordPress化」のカスタマイズも可能です!
新規WordPressホームページ制作や既存ホームページのWordPress化では、コンテンツマーケティングのためのホームページ内オウンドメディア構築に対応しています。
既に運用されているWordPressサイトの軽微な修正や大規模なカスタマイズまであらゆる分野に対応可能です。WordPressサイトのSEOやWordPressのエラー修正にも対応しています。

HTML5でのホームページ制作(ウェブサイト制作)

HTML5での静的HTMLホームページ制作(ウェブサイト制作)やHTML5でのWordPress(ワードプレス)テーマの制作なら、京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)ファンフェアファンファーレにお任せください! HTML5で構築した企業ホームページ制作や店舗ホームページ制作をはじめ、PRサイトの制作、メディアサイト・情報サイトの制作、モバイルサイト・スマホサイト、ECサイト・ネットショップまであらゆるホームページ制作に対応しております。
静的HTMLでの新規ホームページ制作に関しては全てHTML5でページを作成させていただきます。HTMLでのリスティング広告用LP制作にも対応しております。
HTML4.01、HTML5問わずHTMLソースの修正にも対応しておりますので、既存ホームページの修正やカスタマイズもお任せください!

ホームページ制作実績

新規ホームページ制作・カスタマイズ実績のある業種・エリアや、ホームページ制作事例・サイトカスタマイズ事例などホームページ制作実績のご紹介。企業の公式ホームページをはじめ、各種ホームページ制作(ホームページ作成)に対応しています。
ホームページ制作実績

ホームページの更新・修正

ホームページのページ更新やページ追加、ホームページ内部の様々な箇所の修正など、各種ホームページの更新・ホームページの修正の代行に対応しております。 ホームページの更新や修正にかかる単発のご依頼で対応させていただいておりますので、軽微な修正でもお気軽にご相談ください。ホームページのエラー修正・エラー復旧にも対応しております。
ホームページの更新・修正料金 価格表

ホームページ制作 京都

ホームページ制作 京都」 京都府京都市内(上京区、中京区、下京区、東山区、右京区、左京区、北区、南区、西京区、山科区、伏見区)および京都市近郊エリアでは、ホームページ制作につき、ご訪問での打ち合わせ・ヒアリング・ご提案をさせていただいております。京都でホームページ制作・ホームページ作成ならお任せください。Web制作会社・ホームページ制作会社 ファンフェアファンファーレでは、京都はもちろんホームページ制作・SEO(SEO対策)・WebマーケティングのWebコンサルティングにつき全国対応しております。WordPressやHTML5でのホームページ制作・作成ならお任せください!ホームページの修正・更新作業・エラー修正にも対応可能です。


「htmlタグ| i イタリック [ホームページ制作の基本タグ]」のカテゴリ html tag i k
タグ: , , ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら