モバイルフレンドリーの必要性と検索結果への影響


モバイルフレンドリーの必要性と検索結果への影響

モバイルフレンドリーの必要性と検索結果への影響

京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)株式会社ファンフェアファンファーレでは、モバイルフレンドリーに対応していないホームページ(ウェブサイト)をお持ちの方向けに、静的HTMLサイトやモバイルフレンドリー未対応のWordPressテーマなどを「モバイルフレンドリー対応サイトへ」と変更させていただくサイトカスタマイズサービスを提供しております。

スマートフォンでのホームページ閲覧の機会が高まり、スマホユーザーからのホームページアクセスがPCユーザーの数を超えたことから、モバイルフレンドリーは、ホームページを利用したWebマーケティングでの重要性、モバイル検索のSEOとしての重要性の観点から、必要性が高まってきました。

このページでは、モバイルフレンドリーの必要性と検索結果への影響をお伝えさせていただきます。

高まる「モバイルフレンドリー」の必要性

高まる「モバイルフレンドリー」の必要性

近年、スマートフォンの普及率が急増し、iPhoneやAndroid端末などのスマートフォンやiPadなどのタブレットからのホームページ(ウェブサイト)が閲覧される機会が増えてきました。

スマートフォンからのウェブ検索数が、PCでの検索数を超え、それと比例してホームページ(ウェブサイト)の閲覧環境としてスマートフォンからのアクセス機会が増加している傾向にあります。

モバイルフレンドリーによってホームページの離脱を防ぐ

ホームページのマーケティング活用においても、スマートフォンからのアクセスの際に、モバイルユーザーの閲覧性に配慮するスマホ最適化、「モバイルフレンドリー」の必要性は、サイトの閲覧性や操作性の向上によるホームページ(ウェブサイト)の離脱率を防ぐことがまず第一だと考えられます。

そして、もし同じようなホームページが検索結果に並んだ中では、「スマホ対応」という表示か、「モバイルフレンドリーではありません」という表示かを比較した場合、「スマホ対応」ページの方に優位性があると考えることができます。

さらに、そのスマホユーザーへの配慮そのものが、スマートフォンからのGoogle、Yahoo!などのウェブ検索において、検索結果順位に影響を及ぼすというSEO・モバイルSEOの視点からの必要性も同時に兼ね揃えています。

検索結果への影響

検索結果への影響

SEOのひとつの基準としての「サイトのスマホ最適化」が注目されています。

スマートフォンの普及・スマートフォンからのウェブ検索の機会が増大し、ユーザーに選ばれるサイト、そして検索エンジンに選ばれるサイトの条件として、モバイルフレンドリー対応、モバイルフレンドリー対策の必要性が重要になってきました。

スマートフォンの普及と同時に検索エンジン利用者の数も、パソコンよりもスマートフォンからの利用が上回ったという事を受けて、Googleなどの検索エンジンも、「ホームページ(ウェブサイト)がスマートフォン表示に最適化されているかどうか?」という点を「検索結果の順位に影響を与える」という旨が発表されています。

すなわち、「モバイルフレンドリー」がSEOのひとつの基準となっています。特にスマートフォンからの検索の際には、「スマホ対応」がモバイルSEOとしての意味を持つようになりました。

「スマホ対応」の表示

スマホに最適化された「モバイルフレンドリーサイト」は、スマートフォンからのウェブ検索結果で「スマホ対応」と表示されます。

「モバイルフレンドリーではありません」の表示

逆にモバイルフレンドリーサイトとして認識されていないホームページ(ウェブサイト)の場合は、サイト所有者がウェブ検索を行った場合、検索結果で「モバイルフレンドリーではありません」と表示されます。サイト所有者以外のユーザーの場合は、何も表示されません。

SERPsランキングへの影響

モバイルフレンドリーアップデートにより、検索結果(SERPs)では「スマホ対応」の表示などの追加のほか、スマートフォンなどのモバイル端末からのウェブ検索時のランキングに影響を与える流れにあります。

モバイルフレンドリー、モバイルSEOもランキングの一つの要素として影響を及ぼしていますが、現在では、通常のSEO・コンテンツ品質の方が比重は高く、モバイルフレンドリーによる直接の大きな影響はそれほどない状況です。

しかしながら、モバイルフレンドリー以外の、通常のSEO要因をより機能させるためには「モバイルフレンドリー」が一つのポイントとして考えられます。

モバイルユーザーの閲覧性・操作性向上のために

モバイルユーザーの閲覧性・操作性向上のために

モバイルフレンドリーは、SEOとしての要因もありますが、まず第一にスマートフォンなどのモバイルユーザーへのサイトユーザビリティ向上が最大の目的であり、対応すべきポイントとして考えられます。

ホームページにアクセスしたモバイルユーザーの閲覧性、操作性を向上がモバイルフレンドリーの目的です。

モバイルフレンドリーの目的

ホームページにアクセスするユーザーの「読みやすさ」や「操作のしやすさ」を向上させることがモバイルフレンドリーの目的です。

モバイルSEOとしてのモバイルフレンドリーサイトかどうかの基準は、あくまでモバイルユーザーにとって有益なサイトを検索結果に表示するという検索エンジンの目的、機能に応じた結果であり、根本的なモバイルフレンドリーの必要性自体は、こうしたユーザーへの配慮が目的となっています。

Webマーケティングツールとしての価値を向上

モバイルフレンドリーサイトへとホームページの仕様を変更することで、モバイルユーザーに対してのページ品質が高まるため、モバイルSEOとしての検索順位の向上に加えて、結果的に、スマートフォンからのサイトアクセスの際のサイト離脱率の低減や、PV数の向上などによって、より深いPR、プロモーションを行うことができるため、ホームページの「Webマーケティングツールとしての価値」を向上させる事ができます。

ホームページのスマホ対応後の運用を考えた設計

ホームページのスマホ対応とその後のホームページ運用を考えたスマホ対応後のホームページのモバイルフレンドリー設計について。

弊社の基本的な考え方としては、ホームページはずっと改良を重ねていくものだと考えています。

ホームページのモバイルフレンドリー化によってスマホ対応した後のホームページ運用において、なるべく運用しやすいホームページ設計が必要だと考えております。

ホームページのモバイルフレンドリーに関しては、様々な方法がありますが、ホームページのスマホ対応化後の新規ページの生成の際に二度手間三度手間にならないように、運用しやすいホームページヘと変換することを心がけています。

ホームページのスマホ対応とその後の運用を考えた設計

モバイルフレンドリー(スマートフォン最適化)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ
ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら