ホームページ制作実績|生花店(フラワーショップ)


生花店(フラワーショップ)のホームページ制作実績

生花店(フラワーショップ)のホームページ制作実績

生花店フラワーショップ)のホームページ制作なら京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社) ファンフェアファンファーレにお任せ下さい!

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、生花店(フラワーショップ)などの小売業店舗のホームページ制作にもたくさんの実績があります。

生花店のホームページ制作実績フラワーショップのホームページ制作実績・事例と生花店(フラワーショップ)の店舗の認知度向上、店舗集客に効果的なホームページ制作やSEO対策について掲載しております。

生花店・フラワーショップのホームページ制作ならお任せください!

生花店(フラワーショップ)様のホームページにおいては、オウンドメディア運営によるコンテンツマーケティングやソーシャルメディアの活用よって、ただ漠然とアクセス数だけが向上するだけでは、Webマーケティングには直結しないと考えることができます。

フラワーアレンジメントや花束、観葉植物購入に対する需要があり、生花店(フラワーショップ)の顧客となりうる層に対して、コンテンツマーケティングをはじめとしたホームページ活用によって有効にWebプロモーションすることが大切です。生花店(フラワーショップ)ホームページのWeb集客効果を高めるコンテンツマーケティングについてのご説明も合わせて掲載しております。

生花店(フラワーショップ)のホームページ制作実績例として、生花店(フラワーショップ)の店舗ホームページの目的と課題、新規制作ホームページの内容について掲載いたします。

ホームページ制作・活用の目的と課題

生花店(フラワーショップ)ホームページ制作・活用の目的と課題

生花店(フラワーショップ)の店舗所在地や営業時間の案内など、シンプルなホームページで構わないが、ローカル検索に対応し、もう少し広域でのローカル認知度を高めたい。近隣エリアからのマップ検索・マップ表示の対策をして欲しい。

新規制作ホームページの内容

生花店(フラワーショップ)新規制作ホームページの内容

生花店(フラワーショップ)のショップカードに使用されている店舗のロゴを使用し、ホームページ全体は、メインコンテンツである店舗案内などが際立つようにシンプルな仕様にいたしました。

花束やフラワーアレンジメントのサンプル、観葉植物、苗ものなど、画像をメインとして投稿できるシンプルなオウンドメディアを構築しました。

小売業のホームページ制作実績

生花店(フラワーショップ)のホームページ制作

生花店(フラワーショップ)のホームページ制作

生花店(フラワーショップ)のホームページ制作

生花店(フラワーショップ)のホームページ制作なら京都のホームページ制作会社 ファンフェアファンファーレにお任せ下さい!

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、生花店(フラワーショップ)のホームページ制作にもたくさんの実績があります。

Web集客できる生花店(フラワーショップ)のホームページの制作、生花店(フラワーショップ)ホームページのSEO対策、生花店に特化したコンテンツプランニングは弊社にお任せください!

生花店(フラワーショップ)について

生花店(フラワーショップ)とは、生花や観葉植物、花束やフラワーアレンジメントなど、生花の販売をサービスとして提供する業種です。

一般的には「花屋」とも表現される上記の生花を取り扱う生花店(フラワーショップ)に関するホームページ制作(ウェブサイト制作)の概要などを記載させていただきます。

生花店店舗の所在地情報

生花店も小売業のひとつのため飲食業などと同様に、一般消費者を対象としたリテール業種になります。近年、生花店の店舗情報につき、地図情報や消費者投稿型のウェブコンテンツが増えてきました。また、マップ検索では、ユーザーの現在地の近くの生花店店舗の所在地情報が検索結果に表示がされるようになりました。

店舗名称や所在地、電話番号などのデータは、マップサービスをはじめ、様々なウェブサービスに投稿されています。しかし、店舗オーナーが登録する情報と異なり、店舗の情報が消費者による投稿であるCGMの場合は、情報の信頼性は不確かなままになります。

フラワーショップへの直接来店を促す集客できるホームページ制作

フラワーショップへの直接来店を促す集客できるホームページ制作

ホームページ制作においては、Web集客、Webマーケティングのコンバージョンを目標として、ホームページへの集客、そして店舗への直接来店を促す店舗集客可能なホームページを制作する必要があります。

生花店も、すでにローカルで認知度がある場合、再ブランディングが難しい側面があり、立地による影響も大きく、ニッチな商品の取扱の場合を除いて、ホームページを活用したウェブ上での販促が難しい面が否めません。しかしながらWeb販促において、ウェブPRとウェブプロモーションの活用によって接触回数増加による集客が見込める場合があります。

その際に要になるのが、ウェブサイト・ホームページのアクセス向上・検索順位の上位表示、そしてマップ検索での上位表示です。

リテールを対象とした生花店(フラワーショップ)のホームページ制作においても、店舗への来店へとつなげる「Webマーケティングツールとして機能するホームページ」を運営するために、生花店(フラワーショップ)のホームページ全体に対するSEO対策やコンテンツSEOなどによって、検索エンジンなどからのホームページへの流入経路を確保し、生花店(フラワーショップ)の顧客層との接点を確保する必要があります。

画像で魅せるフラワーショップの強み

フラワーショップ(生花店)の特性として、他の小売店との異なる点は、花束やフラワーアレンジメントなどが一般的な小売汎用製品は異なる点です。

これら商品サンプル画像をいくらでも掲載できるのがウェブサイト・ホームページの強みです。

生花店(フラワーショップ)ホームページのSEO対策

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、生花店(フラワーショップ)ホームページのSEO対策として、基本的なSEOはもちろん、生花店(フラワーショップ)の販売商品のジャンル・業種にあわせた店舗の顧客層の検索ニーズの洗い出しを行い、各種生花店(フラワーショップ)に合わせたホームページのコンテンツプランニングや、内部SEOによって、極めてWeb集客効果の高いホームページへと仕上げます。

店舗の地域性に合わせたコンテンツSEO

生花店(フラワーショップ)は、客層、商圏・エリアが限定されていることが多く、ローカル性の高い業種であるため、地域特性に合わせたコンテンツSEOを実施し、生花店(フラワーショップ)付近エリアでの認知度向上、店舗付近エリアからの検索時での検索結果上位を重点的に考え、ホームページのSEOを設計いたします。

生花店のウェブPRとウェブプロモーション

既にその地域で認知度のある生花店の店舗では、改めてホームページ制作の活用によっては、マーケティングには直結しにくい傾向があります。

すでに、一度店舗に訪れた方の持つ五感で感じた情報量をウェブで塗り替えることはほとんど不可能に近いからです。生花店・フラワーショップの商圏範囲の立地的な影響もあり、ローカル特有の新規顧客の獲得はウェブ上では厳しい可能性があります。

生花店でローカル性を意識したホームページ(ウェブサイト)の活用をする場合は、ウェブPRとウェブプロモーションに軸をおいたほうが良いのかもしれません。

既存顧客への再アプローチに

ウェブPRとは、ウェブ上でのPR活動、ウェブプロモーションはウェブ上での表出になり、ウェブ上での名称などとの接触(回数と範囲)の機会を増やすWebマーケティング方法です。

ウェブPRとウェブプロモーション、共に既存顧客への再アプローチには有効的です。

また新規顧客獲得には、プロモーションの活用がさらに有効的になりますが、ニッチな商品以外は、あまり効果が期待できない可能性もあります。

逆に珍しい花や観葉植物などのニッチな商品の取扱であれば、遠方からの来客も見込むことができます。

生花店(フラワーショップ)のコンテンツマーケティング

生花店(フラワーショップ)のコンテンツマーケティング

生花店(フラワーショップ)のホームページ制作においては、各販売商品の専門性・ジャンルに合わせたホームページのコンテンツプランニング、コンテンツマーケティングが必要になります。

オウンドメディアコンテンツ配信の例

  • ガーベラを育てる方法
  • 観葉植物別「水やりや日照について」
  • プリザーブドフラワーとは?プリザーブドフラワーのメリット・デメリット
  • アーティフィシャルフラワーと造花の違いについて

ニッチな商品でのWebマーケティング

希少性のある観葉植物など、生花店の取扱商品に特殊性がある場合、そのニッチな商品のウェブコンテンツ・記事アーカイブが、SEM(サーチエンジンマーケティング)に適している場合があります。

インターネット上での直接的なマーケティングは難しい場合がありますが、そのニッチ商品に興味関心のあるユーザへとアプローチすることができれば、遠方でも見込み顧客となる可能性があり、集客・来店に繋がる可能性があります。

新規顧客獲得には、プロモーションの活用がさらに有効的になりますが、ニッチな商品以外は、あまり効果が期待できない可能性もあります。

逆にニッチな商品の取扱であれば、遠方からの来客も見込むことができます。

ローカル・用途別コンテンツ

店舗で販売している生花、観葉植物等商品ジャンルに関するコンテンツだけでなく、ローカル性や用途別などの顧客層検索ユーザーのニーズに対応するコンテンツの配信を行い、コンテンツマーケティングやメインコンテンツの工夫によって、Web集客力が向上することで、店舗との接点を確保することができます。

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、生花店(フラワーショップ)ホームページ制作において、生花店(フラワーショップ)の各種販売商品ジャンルに合わせたコンテンツのプランニングを行い、一般的なSEOやリンクに依存するSEOよりもさらに効果の高いコンテンツSEOやローカルSEOを設計します。

生花店の商圏地域での検索アクセスを考慮したホームページ設計を行います。

生花店の店舗ホームページでオウンドメディアのコアを持つ

ホームページ制作 生花店の店舗ホームページ オウンドメディア

生花店(フラワーショップ)の所在地情報などは、実店舗自体の認知度、ウェブサービス、マップサービス、CGMなどによって、十分に浸透している可能性があります。

そこで、生花店(フラワーショップ)のWeb集客においてローカル性を意識したウェブプロモーションを行う場合は、ユーザーとの接触回数を向上させるためのウェブ上でのPR活動に軸をおいたほうが良いと考えられます。

同時に、珍しい花や観葉植物など、ニッチな商品によるローカル性を問わないユーザー層へのアプローチとして、ウェブコンテンツの活用が有効的です。

ウェブPRには様々な方法があり、自社発信の情報媒体である「オウンドメディア」として代表的なものはSNSです。そして、以前から一般的であるのは、アメーバブログをはじめとするレンタルブログなどでしょう。

しかし、最もおすすめさせていただきたのは、外部と連携していたブログ機能を生花店・フラワーショップのお店ホームページに組み込んでいただくパターンのオウンドメディアです。

ブログ・SNSとの連携

店舗サイト内に設置したオウンドメディアコンテンツも、レンタルブログとSNSが連携できるようにSNSと連携させることもできます。

外部の様々な場所に分散している情報を一つのコアを持ちながら収束させていくことにより、ウェブ販促の相乗効果が生まれます。

ホームページ全体に影響するSEO効果もその一例です。結果的にアクセス向上・検索順位の上位表示が実現し、プロモーション回数が増加するでしょう。

店舗で扱う商品が、ニッチな商品ならば、臨場感のある店内写真・スタッフの写真・フラワーアレンジメントなどの商品画像が効果的です。

生花店のウェブサイト(ホームページ)制作の概要・要点

生花店(フラワーショップ)のホームページ制作

ホームページ制作(Web制作) 京都

ホームページ制作やホームページの企画・運営・更新、カスタマイズ、SEO対策など、Web制作サービスのご依頼は、京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社) ファンフェアファンファーレへ

ホームページ制作 京都」 ホームページ制作のプランニングにつきましては、京都府京都市内エリア(上京区、中京区、下京区、東山区、右京区、左京区、北区、南区、西京区、山科区、伏見区)および京都市近郊エリア(京都市近郊の京都府下の市町村、滋賀県南部、大阪府北部など)では、事業所へのご訪問での打ち合わせ・ヒアリング・ご提案をさせていただいております。

ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)
株式会社ファンフェアファンファーレ
(トップへ)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら