ウェブサイト・ホームページのSEO対策全般について


京都ホームページ制作会社ファンフェアファンファーレのウェブサイト・ホームページのSEO対策全般について

株式会社ファンフェアファンファーレでは、「SEO」とは、検索エンジンに最適化されたホームページ(ウェブサイト)やウェブページを制作し、検索エンジンから適正な評価をされ、結果的にサイトが検索結果(SERPs)で、上位に表示されることであると考えています。

通常、ウェブユーザーの大半は、GoogleやYahoo!といった検索エンジンから、自らの意図した「何らかのキーワード」を入力して、その検索結果リストの中から、自らのニーズを満たすと判断したホームページ(ウェブサイト)を訪れます。

一般的に「SEO対策」とは、こうした検索エンジンユーザーに対して、たくさんのプロモーション機会を獲得をするために行う、「ウェブサイト・ホームページの検索エンジンに対する最適化」を意味します。

「SEO対策」という表現

SEO対策という表現

一般的な表現である、「SEO対策」や「検索エンジン対策」といった表現は、検索エンジンを「攻略する」というような好戦的な意味合いが含まれています。

しかし本質的には、SEOとはホームページ(ウェブサイト)がどういったテーマで、どのような情報を掲載しているかを検索エンジンに伝える際にロスを無くして正確に伝えるという意味であると考えています。

こうしたことから、SEO対策として、検索エンジンを攻略したり、検索結果上位に無理やり表示させることを意図した施策は、本来の意味でのSEOとは異なるものになると考えます。

検索エンジンに配慮したページづくりがSEO

SEOは「検索エンジン最適化」という意味を持っているため、その本質を考えた場合には、検索エンジンに配慮したページづくりが「SEO」であると考えることができます。

まずはしっかりしたページを作り、検索エンジンに配慮したマークアップなどを施していくことによって、SEOとしてのスコア向上させ、ページを検索エンジンに最適化されたものにしていくことがSEOの本質であると考えることができます。

SEOキーワードの選定

一般的なイメージでは、検索結果順位での上位表示のための方法というイメージが浸透していますが、確かにSEOの結果であり目指すべき結果はそうした特定のSEOキーワードにおける上位表示であったとしても、順位上昇だけでなくSEOキーワードの選定なども広い意味ではSEOの分野になります。

競合性の高い検索キーワードでの上位表示だけでなく、企業ホームページのSEOであれば、自社の製品やサービスの利用に適しているユーザー層とのマッチングという面からSEOキーワードを選んでいくことも重要です。

単純に「SEO対策」として、特定キーワードでの検索順位上位表示を目指すだけでなく、こうした適切なSEOキーワードの選定も、ホームページのSEOを考える上では大切な要素となります。

SEOキーワードの選定 ウェブ検索での軸となるキーワードの選定(SEOキーワード)

ホワイトハットSEOとブラックハットSEO

ホワイトハットSEOとブラックハットSEO

SEOを「検索エンジン対策」と捉えてしまった場合は、「検索結果で上位になる」ことのみが優先され、検索エンジンの意図しないスコアリングを狙うブラックハットSEOへと方向性が向いてしまう恐れがあります。

SEOの本来の意味である「ウェブサイトの検索エンジン最適化」としての本質的な概念を尊重し、ホームページ制作(ウェブサイト制作)において、ホワイトハットSEO、良質・高品質なコンテンツ制作を最重要視します。

コンテンツを改良することなく、また高品質のコンテンツを制作することなく検索結果上位表示だけを狙う「ブラックハットSEO」は一切行いません。

SEO実施にページコンテンツの改良は必須

もし、現在のホームページの中身を全く変えずに、特定のSEOキーワードでの検索順位を上昇させようとすると、検索順位決定の2大要因のひとつである「リンクによるPageRankの転送」といった仕組みを利用せざるを得なくなります。

そうなると必然的に、ブラックハットSEOの代表格であるリンクビルディングやリンクプログラムへの参加といった手法に手を染めてしまう方向性に傾いてしまいます。

古いSEO情報を頼りにすると、こうした被リンク比重の高い外部SEOへと意識が向いてしまいますが、そうした要因に頼らなくても、検索順位を上昇させることは可能です。

ただし、その場合は、SEOの実施として、ページコンテンツの改良が必須事項になります。

「ページの中身を変えたくないが、検索順位は向上させたい」という考え方は、検索順位にだけ意識が向き、ページを見るユーザーの方へ意識が向いていないと言えるでしょう。

「高品質のページ」であるために

「高品質のページ」であるために SEO

検索ユーザーが求めているページを検索結果のリストに表示することが検索エンジンの役割として考えられた時、より高品質のコンテンツを上位に表示させるということが検索エンジンの意図として考えられます。

そして、検索エンジンが「高品質のページだと判断する」ためには、「高品質のコンテンツが検索エンジンにクロールされ、かつページが最適化されて、より良く情報が伝わっていること」が要になります。

SEOの前提にあるものは、高品質の内容が記述されたページが存在することです。

高品質なページとして、検索エンジンに判断されるためには、ユーザーの情報ニーズに対して、情報の網羅性や文脈を意識した豊富なテキストが必要になります。

まずは、しっかりとした情報を先に組み立てて、その後にその情報が掲載されたページを検索エンジンに最適化していくことが通常のプロセスです。

ページコンテンツの改良がコンテンツSEOの基本

企業ホームページの場合でもページコンテンツの改良はいくらでもしていくことができます。ホームページは、初期のホームページ公開段階からいくらでも改良していくことができるはずです。そうしたコンテンツのか医療はコンテンツSEOの基本となります。

例えば履歴書の自己PR欄に一行しか書いていない人と、ページの枠のギリギリまで丁寧に埋め尽くすほど書き記している人であれば、どちらのほうが採用試験に対して熱意があると感じるでしょうか?

確かに、要約すれば一行にできるような事柄であっても、書こうと思えばいくらでも内容を仔細に記載してくことが可能なはずです。

馴染みのある人ならば、短文であってもそれで理解してくれるかもしれませんが、初めて会う人であれば、そうした一行文の奥にある深い部分までは理解してもらえない可能性があります。

それと同じように、機械である検索エンジンも、少ない熱量の文章では、高品質のページとしては評価してくれません。

ページコンテンツの改良をすることが、細かなSEOを実施するよりも最も確実なSEO効果の高め方になります。そして同時に、実際にページを見るユーザーにとっても満足度の高いページになります。

ホームページの構造によるSEOのパワーロス

ホームページの構造によるSEOのパワーロス

SEOの対象には、それぞれの個別のページヘのSEO、そしてウェブサイト・ホームページ全体へのSEOがあります。

ホームページ(ウェブサイト)の基本構造や、WordPressテーマ、テンプレートなどによる各ページなど基本構造に問題があると、高品質なコンテンツもパワーロスを起こします。ページごとのSEOももちろんですが、基本的なテンプレートなどに問題があるとサイト全体のSEOにも影響与え、SEOのパワーロスによる検索順位低下を招きます。

ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)ファンフェアファンファーレでは、コンテンツの力を最大限に引き出すSEOを意識したホームページ(ウェブサイト)の制作や、高品質なコンテンツ制作のお手伝い、そして、既存サイトのSEOパワーロスを改善するSEOカスタマイズのサービスなどを提供しています。

SEOのロスを無くし効果を最大限に

同じだけの分量のテキストであっても、その配置、その要所要所の論理的構造などによって、主題がぼやけて内容がわかりにくい場合があります。それと同じように、ページ内でのマークアップやサイト全体の構造が最適になっていない場合は、SEO効果が分散し、本来持っているはずのSEOのポテンシャルを最大限に発揮することができません。

高品質なコンテンツを制作したならば、そのSEO効果を最大限に高められるように、SEOのロスを無くし効果を最大限に引き出す必要があります。

企業ホームページのSEO対策

SEO対策全般 企業ホームページのSEO対策

コーポレートサイト(企業ホームページ)においても、基本的なSEOは共通ですが、業種によって調整する必要があります。弊社では、お客さまの業種のサービス形態や競合サイトの分析によって、最適なSEO対策をさせていただいております。

SEOの方法論には現在ではアルゴリズムアップデートによってマイナスに働くSEOもあります。

弊社では、主に企業のマーケティング活用としてのホームページの制作をさせていただいているため、コーポレートサイトのSEOには専門性があります。特に中小零細企業様・個人事業主様のホームページ制作やSEO対策には強い思い入れがあるため、中小企業のWebマーケティングには特化しております。

一定ラインを超えてからSEO効果が

企業のホームページ活用は、その効果が予算に純粋に比例せず、ある一定ラインを超えてから爆発的に効果が現れるため、そのマーケティング効果は0か100かと言ったイメージがあります。大企業のように大きな予算がかけられずWebマーケティング効果が芳しくないホームページの運用は、予算を無駄にしたような思いを持たれる可能性があります。しかし、あと一歩、もう一歩、ホームページの効果が出るまでにホームページの評価を高めていく以外に方法はありません。

企業ホームページのSEOの実績

弊社がSEO対策を手がけさせていた企業ホームページは、業種名とローカル名の複合キーワードでは、ほとんどすべての業種で上位を独占しています。

昔ながらのSEO情報では、リンクに比重が置かれていますが、ほとんどリンクを受けなくても、きちんとしたSEOを実施すれば、検索結果で1位になることができます。

中小企業のホームページのコンテンツボリュームであれば、ほとんどどのような業種でも検索結果順位で上位にさせることができます。なお、ホームページ制作実績と同様、顧客情報保護の理由から具体的な企業ホームページのSEOの実績公開はいたしておりませんのであらがじめご留意ください。

企業ホームページのSEO対策

SEO(検索エンジン最適化)・SEO対策

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら