企業ホームページのSEO対策


企業ホームページのSEO対策

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、SEOを考える上で、汎用性のあるホームページの「検索エンジン最適化」と、業種ごとに特化したSEOがあると考えております。とりわけ、企業の公式ホームページである「コーポレートサイト」とメディア配信を目的とする「メディアサイト」では、そのサイトアクセスの必要量やSEO施策・コンテンツ制作は大きく異なります。

極端な例で言えば、アフィリエイト広告収入を目的としたアフィリエイトサイトと、一般企業の公式ホームページでは、ホームページに掲載するコンテンツ内容が大きく異なり、また、企業のホームページにおいてはトップページの重要度が高く、ホームページ全体のSEOを考える上で最適に設計する必要があります。

コーポレートサイト(企業ホームページ)においても、基本的なSEOは共通ですが、業種によって調整する必要があります。弊社では、お客さまの業種のサービス形態や競合サイトの分析によって、最適なSEO対策をさせていただいております。

コーポレートサイト(企業ホームページ)のSEO

コーポレートサイト(企業ホームページ)SEO

SEOの方法論には様々な情報が飛び交い、信憑性を疑うものやブラックハットSEOに該当するもの、現在ではアルゴリズムアップデートによってマイナスに働くSEOもあります。

弊社では、主に企業のマーケティング活用としてのホームページの制作をさせていただいているため、コーポレートサイトのSEOには専門性があります。特に中小零細企業様・個人事業主様のホームページ制作やSEO対策には強い思い入れがあるため、中小企業のWebマーケティングには特化しております。

企業のホームページ活用は、その効果が予算に純粋に比例せず、ある一定ラインを超えてから爆発的に効果が現れるため、そのマーケティング効果は0か100かと言ったイメージがあります。

大企業のように大きな予算がかけられずマーケティング効果が芳しくないホームページの運用は、予算を無駄にしたような思いを持たれる可能性があります。

しかし、あと一歩、もう一歩、ホームページの効果が出るまでにホームページの評価を高めていく以外に方法はありません。

SEO対策は全て正当なホワイトハットSEO

SEO対策は全て正当なホワイトハットSEO

一般的な月額制サービスのSEO会社は、検索エンジンからペナルティを科されるリスクのある「リンク販売」である可能性が大きいですが、弊社のSEO対策は全て正当なホワイトハットSEOです。

弊社がSEO対策を手がけさせていた企業ホームページは、業種名とローカル名の複合キーワードでは、ほとんどすべての業種で上位を独占しています。

昔ながらのSEO情報では、リンクに比重が置かれていますが、ほとんどリンクを受けなくても、きちんとしたSEOを実施すれば、検索結果で1位になることができます。

パンダアップデート、ペンギンアップデートといった、ホームページ・コンテンツページの品質やリンク品質に関する検索アルゴリズムアップデートによって、検索順位が大幅に下落したホームページでも、これらアップデートに対応したSEOを施すことで、また上位に表示されることが可能になります。

ホームページの大規模な改編

ホームページの大規模な改編 SEO

企業ホームページにおいて、現状のホームページのSEO対策を実施するよりも、ホームページ全体のリニューアルといった大規模な改編を行ったほうが、期間的、予算的に大きく合理的であるケースがあります。

ホームページの基本構造を改変する場合に、細かくSEO対策を実施していくよりも、ベースとなるホームページの形式を変更し、元のホームページのコンテンツを再編集して再構築するほうがコストが抑えられるケースがあります。

このような事例では、制作納期、必要予算を算出し、最も合理的なSEO対策をご提案させていただきます。

企業ホームページに特化したSEOを実施

企業ホームページに対するSEO(SEO対策)は、メディア配信に特化した大規模サイトや一般ブログとは異なった要素を持つ部分がたくさんあります。一方、業種名と地域名との複合キーワードでの企業ホームページのトップページの検索順位上位表示だけでは、対象となるユーザー層の幅が狭く、ごく一部の客層のみを対象としてしまうため、トータル的なWebマーケティング効果を考えた場合は、効果が不充分であることがほとんどです。

企業ホームページのトップページのみを対象とした特定のSEOキーワードでの上位表示のみがSEO(SEO対策)ではなく、さらに幅広いユーザー層を対象とすることのできるホームページへと、SEO企画設計を行い各種施策を実施していきます。

ブラックハットSEOペナルティ解除

ブラックハットSEOペナルティ解除

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、パンダアップデートによって低品質コンテンツとしてのマイナス効果やペナルティを個別に解除するSEOカスタマイズも提供しております。

しかしながら、ホームページの大規模な改編を行った方が良いケースとして、現在ではアルゴリズムアップデートによってブラックハットSEOとして扱われている方法でホームページが制作されているケースが考えられます。

各ページのホワイトハット化の作業よりも、テキストコンテンツなどをまとめてホームページを再編したほうが、一気にホームページの品質・SEO効果を向上させることができるケースがあります。

また、ペンギンアップデートによる低品質リンクによるペナルティ解除に関してましては、リンクの否認などで対応させていただいておりますが、場合によっては新規ドメインでゼロから高品質のホームページを制作させていただくほうが合理的であるケースがあります。

これら企業ホームページのSEO対策につきましては、現状のホームページをご確認させていただき、もっとも効率的で合理的なSEO施策をご提案させていただきます。

ローカルSEO

企業ホームページのSEO対策 ローカルSEO

また、地域に根ざした企業のホームページである場合、商圏内での検索順位上位表示がホームページのマーケティングコンバージョンに直結します。

弊社のSEO(SEO対策)は、業種名と地域名でのウェブ検索で、検索結果リストに上位表示されることはもちろん、ヴェニスアップデート、ピジョンアップデートといったローカル検索対策に強みがあります。

企業間取引がメインの業種はもちろん、ローカルでの露出の必要が高い店舗ホームページなどにおいても、検索結果に連動したマップ検索での上位表示を施策いたします。

特にリテールを対象とした店舗など、ローカル性が高い業種や企業では、ローカルSEOによってホームページのマーケティング効果が格段に向上します。

ウェブサイト・ホームページのSEO対策全般について

SEO(検索エンジン最適化)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら