リッチスニペット(構造化データ)


リッチスニペット(構造化データ)

リッチスニペット」は、ウェブでの検索の検索結果ページに表示されるウェブページのタイトルや概要文(抜粋文)以外の付加情報を表示させて、検索したユーザーに「目的のページ」を見つけることを補助するための検索エンジンの拡張機能です。

ホームページ(ウェブサイト)の情報の一部を、付加的に、さらに多様に表示させて、検索の効率化を図り、ユーザーの利便性を確保するためのものです。

Googleなどの検索エンジンは、リッチスニペットをウェブサイトの中の検索結果対象のウェブページの中に含まれる「構造化データ」を読み取って、検索結果(SERPs)に表示しています。

スニペット(Snippets)とリッチスニペット

「スニペット(Snippets)」は、情報の断片というような意味で、検索結果ページに表示される、ページタイトルや抜粋文など、「ウェブページの情報の断片」を意味します。

さらにリッチスニペットは、通常のスニペットに加え、製品・サービスの価格帯や評価(ユーザーレビュー)、パンくずリスト(該当ページの上位カテゴリなどの表示、Breadcrumb)などを示すことができます。

これら「情報の断片」を構造化データとしてマークアップを施すことにより、検索エンジンにその内容を伝えることができます。

リッチスニペットのマークアップ方式

リッチスニペットに対応する構造化データのマークアップ方式は、microdata、microformats、RDFaがありますが、Google社は、microdataでの記述を推奨しています。なお、この「構造化データ」のマークアップを施しても確実にリッチスニペットが表示されるわけではありません。

  • microdata
  • microformats
  • RDFa

スニペット、リッチスニペットは、単純に検索結果上位表示を目的としたSEOだけでなく、検索結果での情報量が増えるため、クリック率の変動に影響し、結果的にウェブサイトへのアクセスに影響を及ぼします。

まずは良質のコンテンツ そしてスニペットの最適化

ウェブサイトを制作・運営するにあたり、まずは良質のウェブサイト本体や良質のコンテンツを作るのが先決ですが、さらにもう一歩、適切な構造化データのマークアップによって、より出会うべきユーザーとの距離を縮めることができます。

SEOはウェブページへのアクセス向上のためには、必要になりますが、その前にアクセスされた時の情報が良質なものである大前提が必要になります。

パンくずリストなどのリッチスニペット

パンくずリストなどのリッチスニペットは、検索エンジンに対してページの階層をより良く伝えるために貢献しますが、パンくずリストを設置すること自体も(この場合は構造化データのマークアップがなくても)同時にウェブユーザーのサイト全体の構造理解に貢献します。

まずはユーザー目線でのサイト構築、ページ生成、そして次の段階として、より深いSEOや、リッチスニペットへとページに付加価値をつけていく流れが一般的です。

SEO(検索エンジン最適化)・SEOサービス(SEOに関するWeb制作サービス)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ
ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら