パンダアップデート 【SEO対策】


パンダアップデート SEO対策

Google検索アルゴリズムの「パンダアップデート」は、ホームページの「コンテンツの質」を判断し、低品質コンテンツを検索結果から除外、もしくはランクダウンさせ、高品質コンテンツを相対的に検索結果上位へと掲載するためのアルゴリズムアップデートです。

このパンダアップデートは、検索結果のランキングを決定する主要アルゴリズムアップデートとして、アメリカなどでは2011年に、そして日本では2012年7月に日本にも導入されました。初期段階では手動で更新されていましたが、現在ではコアアルゴリズムのひとつとして、自動アップデートされています。

パンダ・アップデート導入当初は、通常のアルゴリズムのように自動で更新されるものではなく、手動による更新がなされ都度告知がされていましたが、2013年3月以降は通常のアルゴリズムに統合され、今ではアップデート処理が自動化されています。

パンダアップデートの目的

パンダアップデートの目的

パンダアップデートは、コピーコンテンツや情報量の少ない低品質コンテンツを排除し、逆にオリジナル性が高く信頼性の高い高品質コンテンツを上位表示させるための、「コンテンツ品質アップデート」です。

パンダアップデートの目的は、低品質コンテンツ、低品質ページの排除によって高品質コンテンツを上位表示させ、検索結果ランキングの精度を高めることが目的であると考えられます。

自動生成されたコンテンツや重複コンテンツ、コピーコンテンツやページのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込みなどをマイナス要因として考えることによって、オリジナル性が高く、内容がしっかりしたページを上位表示させることが目的です。

パンダアップデートの影響を受ける対象

パンダアップデートの影響を受ける対象

パンダアップデートは、コンテンツスパムや低品質なコンテンツの検索結果順位を下落させることによって、高品質コンテンツを相対的に順位向上させ、検索品質向上を狙ったアルゴリズムアップデートです。

検索アルゴリズムのパンダアップデートによって、大きく影響を受けた対象は、自動生成コンテンツやコピーコンテンツ、誘導ページ、質の低いアフィリエイトサイトなどです。

パンダアップデートの特徴として、内容の精度や充実度といった「コンテンツの質」とテキストコピーなどによる「重複」の割合などがアルゴリズムの影響を大きく受ける傾向にあります。

独自性があり、専門性の高い高品質コンテンツを検索結果で上位表示させることが目的と考えられるため、こうした「コンテンツの品質の低さ」や「コピー・重複」がもっとも影響を受けます。

品質に関するガイドライン(Google公式発表)

なお、Googleの公式発表として、以下のような項目が品質に関するガイドライン違反として発表されています。

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

パンダアップデートを考えたSEO対策

パンダアップデートを考えたSEO対策

パンダアップデートの特徴として「独自性や専門性が低いコンテンツ」や「コピー・重複コンテンツ」をマイナス要因とすることから、パンダアップデートを考えたSEO対策としては、その反対に「独自性や専門性が高く、他サイトや自サイト内のコンテンツと重複しないコンテンツ」をホームページのコンテンツとして制作する必要があります。

コーポレートサイトなどのオウンドメディアコンテンツは、自社サービスについてのコンテンツであれば、独自性・専門性の高いコンテンツを配信することが可能であると考えられます。

また、パンダアップデートでは、従来からガイドライン違反とされている、不正なリダイレクトや隠しテキスト・隠しリンクの他に注目すべきポイントとして、「過度な広告の多用」といった、メインコンテンツの閲覧を妨げる点も対象となっています。

一般的な企業ホームページではあまり考えられないケースですが、コンテンツ内容が高品質であっても、ページ内部のテキストなどの閲覧を妨げる過剰な広告などもマイナス要因として考えられるため、広告の設置は適度に抑える方が無難だと考えられます。

同業種のサイトよりもより専門的に独自性のあるコンテンツを設置する

パンダアップデートはホームページのコンテンツの「品質」に関わるアルゴリズムです。

専門性・独自性、そして情報の網羅性が低いコンテンツに対しては、追記・リライトなどによってコンテンツを改良することが最も確実なSEOです。

企業ホームページでは、同業種のサイトとコンテンツが似かよるケースもありますが、同業種の他サイトよりもさらに詳しい高品質コンテンツへと仕上げることが、最良のパンダアップデート対策であり、本質的なSEOだと考えることができます。

Google検索アルゴリズムアップデート

SEO(検索エンジン最適化)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ
ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら