ヴェニスアップデート(ベニスアップデート) 【SEO対策】


ヴェニスアップデート(ベニスアップデート) SEO対策

Google検索アルゴリズムの「ヴェニスアップデート(ベニスアップデート)」は、検索時に「場所・地域名」を含まない検索クエリでの検索であっても、検索ユーザーの現在地を元にパーソナライズされた検索結果を表示するアルゴリズムアップデートです。

例えば、ウェブ検索において「ファミリーレストラン」と一つの単語で入力した際に、検索を行った現在地近くのファミリーレストランが検索結果に表示されるといった仕組みです。

インデックス登録されたウェブサイト・ホームページや各ページを検索結果に反映する際に、「検索ユーザーの現在地」を一つの要素とするアルゴリズムです。

ヴェニスアップデートの目的

ヴェニスアップデートの目的

ヴェニスアップデートの目的は、検索時に地域名の複合クエリを入力しなくても、現在地からもっとも適切なページを表示するためのアルゴリズムです。

「図書館」と入力すれば、現在地近くの図書館が検索結果に表示されます。

検索結果に現在地を反映

特にスマートフォンからのウェブ検索において、このヴェニスアップデートは画期的なアップデートと言えるでしょう。

旅先では地理がわからず、地域名の複合クエリが正確にわからないことがあります。

例えば、漠然と「京都」という単語を複合クエリにした場合、検索対象は京都市や京都府エリアになるため、現在地から遠いスポットの情報も表示されることになります。

そこで、エリアの限定をする場合でも、「現在地近くのエリアの地名」など、検索対象を絞るキーワードが正確にわからない場合、近くのスポットなどを正確に検索することは難しくなります。

特に、普段生活しているエリアを離れて遠くの地方にいる場合、こうした絞り込みが難しくなる場合があるため、スマートフォンからのウェブ検索においてヴェニスアップデートの仕組みにより、現在地を自動で判断し、地域名の複合キーワードを必要としない検索機能は非常に便利です。

ヴェニスアップデートを考えたSEO対策

ヴェニスアップデートを考えたSEO対策

特に店舗の公式ホームページなどの運営であれば、「レストラン」といった単一キーワードで、うまく現在地近くの検索ユーザーの目にとまるように、ローカルSEOとしてヴェニスアップデート対策をすると効果的です。

ホームページ内に所在地情報を掲載することを含めて、ユーザーの「現在地」との関連性を高めるためのコンテンツの配置などが、ヴェニスアップデートを考えたSEO対策として考えられるでしょう。

Google検索アルゴリズムアップデート

SEO(検索エンジン最適化)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ
ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら