既存ウェブサイト(ホームページ)のCMS化サービスの特徴


このページは、ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)ファンフェアファンファーレのWeb制作サービスのうち、既存ホームページ(ウェブサイト)のCMS化サービスの特徴をお伝えするページです。

既存ホームページ(ウェブサイト)のCMS化サービスは、主に静的ウェブサイト(StaticHTMLサイト)をCMSをベースとしたホームページ(ウェブサイト)へと変更するサービスです。

既に運営されているウェブサイト・ホームページをWordPress化(ワードプレス化)させていただくサービスをはじめ、EC-CUBEやMovable Type(ムーバブルタイプ)など、その他様々なCMSでもご対応可能です。

株式会社ファンフェアファンファーレのWeb制作サービスである、既存ホームページ(ウェブサイト)のCMS化(WordPress化など)について、弊社のサービスの強みや特徴をお伝えさせていただきます。

デザインをそのままにサイト内部をCMS化

既存ホームページ(ウェブサイト)のCMS化サービスの特徴は、既に運営されているウェブサイト・ホームページをCMS化させていただくことで、ウェブサイトのデザインはそのまままに、CMSの特性であるサイト更新やページの追加機能を実装することができる点です。

本格的なサイトリニューアルの場合は、ウェブプランニング、コンテンツプランニングをはじめ、サイトコンテンツやサイト使用画像の刷新、レイアウト構成など様々なプロセスが必要になりますが、現状のデザインを移行することで、CMSの強み、CMSのメリットをそのまま導入していただくことが可能です。

ウェブデザイン費用が削減できる

デザインをそのまま移行して、ホームページ(ウェブサイト)をCMS化することで、ウェブデザインにかかる費用を削減することができます。

ウェブサイト・ホームページの新規ご制作に比べて、ウェブデザイン費用、サイト使用画像の加工費用等のコストが削減できるため、デザインはそのままで、CMSの機能だけ追加して、本格的なホームページ運営をご検討のお客さまには最適なサービスです。

オウンドメディア機能を追加することができる

ホームページ(ウェブサイト)のCMS化にあたり、WordPressなどのブログCMSを導入させていただいております。

WordPressは、基本システムが「ブログ」に特化しているため、同一ドメインでのオウンドメディア運営を簡単に行うことができます。

今までは、メインサイトと他に他ドメイン下のレンタルブログなどをご利用だった場合でも、メインサイトと同じデザイン、同じドメイン下でオウンドメディア配信ができるため、企業イメージの統一やレンタルブログでの運用からメインサイト内での配信によるブランドイメージの向上、そしてメインサイトのコンテンツ増加によるSEO効果など、ホームページ(ウェブサイト)のCMS化によるメインサイトでのオウンドメディア運営には様々なメリットがあります。

既存ホームページ(ウェブサイト)のCMS化サービスのご利用にあたって

既存ホームページ(ウェブサイト)のCMS化サービスのご利用にあたっては、現状のホームページ(ウェブサイト)のデータが必要となるため、FTP情報などをお伝えいただいております。

なお、現状のウェブサイト・ホームページの仕様、稼働サーバーの環境などによって、費用の変動、サーバー移管などの必要が生じることがあります。

お申し込みにあたって、現状を確認させていただくため、現在運営されているホームページ(ウェブサイト)のURLを添えて、お問い合わせフォームよりお問い合わせいただきますようお願いいたします。

既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)

Web制作サービス一覧

ホームページ制作価格表(Web制作サービス)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら