ウェブサイトの一番大事なポイント~ホームページ制作にあたって


ウェブページは、インターネット上に公開された「文書」になりますので、文章や画像などを組み合わせて、貴社やお店の情報をインターネット上に公開することができます。

そんな「ウェブページ」がたくさん集まった集合体が「ウェブサイト」です。

ホームページ(ウェブサイト)がサーバー上で公開されている状態であれば、24時間365日世界中どこからでもインターネット環境から、ウェブサイトの情報を見ることができるようになります。

つまり、ウェブサイトは、簡潔には「24時間365日世界中に情報を発信できる」という仕組みです。

では、ウェブを利用した「情報の発信」そのものが重要なのでしょうか?

それも重要な点ですが、もっとも重要なのはホームページ(ウェブサイト)の「中身」だと考えています

そして、情報は、「発信する側」と「見る側」がいて、ようやく価値や意味が訪れます。

ホームページ(ウェブサイト)の一番大事なポイント

ホームページ(ウェブサイト)の一番大事なポイント ホームページ制作

情報やメッセージの「発信」に関しては、ホームページ(ウェブサイト)に限らず、それがチラシなどの広告であっても、「伝えたい事がはっきりしていないこと」と「誰にも伝わっていない」ということは、最も避けるべき状態です。

ウェブサイトは、様々なプログラムを組み合わせることによって多彩な表現ができますが、その「表現」は、ひとつの「やり方・手段」にしか過ぎません。

ホームページ制作にあたってホームページ(ウェブサイト)の一番大事なポイントは大きく2つあります

一つは伝えるべきメッセージが明確であり、見る人の立場となって「求められている情報」がきちんと載っていること

少しくだけて言えば、「伝えたい事がある」ということ、というようなポイントになります。

そしてもう一つは、そんな思いがその情報を求めているユーザーに「きちんと伝わっている」ということ

「誰にもアクセスされない、誰にも見られないウェブサイトは、この世の中にないのと同じこと」になってしまいます。

「伝えたい事がある」ということ

「伝えたい事がある」ということ ホームページ制作

「情報を発信する」という時には、必ず「伝えたい事」があるはずです。

それが手紙であれ、チラシであれ、書籍であれ、必ずメッセージがあるはずです。そしてそれはホームページ(ウェブサイト)であっても同じことです。

製品やサービスを開発する時に、強い思いを持ってそれらを作られたことでしょう。

それと同じように、それらにかけた思いを十分形にして、全世界に発信していきましょう。

ウェブの活用においては、ウェブサイトにメッセージをきちんと掲載すること、まずこの点が第一に重要になります。

良質なコンテンツ

良質なコンテンツ ホームページ制作にあたって

そして、メッセージが明確になった場合には、それを「コンテンツ」として形にする必要があります。

検索エンジンやウェブユーザーが求めているのは、良質なコンテンツです。

できるだけたくさんの情報をページ内の文章や画像として、掲載することが良質なコンテンツ作りの第一歩です。そしてSEOによって、さらにその価値を高めることがその次のステップです。

より良い価値のある情報を発信することにより、画面の向こう側にいる潜在顧客にも検索エンジンにも高い評価を受けることができます。

その結果、ウェブサイト・ホームページのコンバージョンとしてWebマーケティング効果が現れてくるでしょう。

その情報を求めているユーザーに「きちんと伝わっている」ということ

情報を求めているユーザーに「きちんと伝わっている」ホームページ制作

「誰にもアクセスされない、誰にも見られないウェブサイトは、この世の中にないのと同じこと」になってしまいます。

たくさんの費用がかけられた、デザイン性の高い、優れた見栄えのウェブサイトでも、「誰にも見られなければ、この世の中にないのと同じこと」になってしまいます。

ホームページを制作し、せっかくの「思い」を形にしたのなら、それをきちんと「その情報を求めている方々」へ伝えなければなりません。

情報は、送り手と受け取り手がいて成り立ちます。ウェブサイトを運営することは、メッセージを誰かに伝える一つの手段になります。

そのメッセージを伝えるべき相手は、その情報を欲しているウェブユーザーです。

もし、みなさまの製品やサービスを知ったなら、もっと豊かになれる、問題が解決する、と密かに思いを持たれているユーザーが、世界中にたくさんいらっしゃるはずです。

そんな方々へ、みなさまの思いのこもった製品やサービスを届けていきましょう。

その手段の一つとして、Webマーケティング、ホームページ(ウェブサイト)の活用があります。

みなさまの製品やサービスを求めていらっしゃる「まだ出会ったことのない方々」へ、きちんと伝わるように「アクセスされるウェブサイト」をぜひ活用してください。

ホームページ制作にあたって~初めての方へ

ウェブサイトって何なのさ?~ホームページ制作にあたって

何のためのウェブサイト?~ホームページ制作にあたって

ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)
株式会社ファンフェアファンファーレ
(トップページへ)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら