何のためのウェブサイト?~ホームページ制作にあたって


弊社ウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)、株式会社ファンフェアファンファーレです。

「何のためのウェブサイト?~ホームページ制作にあたって」

みなさまは、ホームページ(ウェブサイト)を用いてどのような情報を公に公開されたいでしょうか?

ウェブサイトから情報を発信することによって、どのようなことをされたいでしょうか?

ウェブサイトは、ただ単に情報を載せることだけでなく、様々なプログラムを使用することによって、インターネットショッピングなども可能になります。

では、みなさまは情報を発信することや、それらプログラムを使うことによって、どのようなことをされたいでしょうか?

何のためのウェブサイト?

何のためのウェブサイト?ホームページ制作の目的

ホームページ制作にあたりホームページ(ウェブサイト)を作る目的として、よく挙げられるのが、「企業ブランディングのため」、「会社案内として」、「製品サービスをもっと広めたい」、「資料請求やお問い合わせを頂きたい」、「ネットショップを開きたい」といった目的です。

  • 企業ブランディング
  • 会社案内
  • 製品サービスを広める
  • 資料請求やお問い合わせを頂く
  • ネットショップを開きたい

サイトの分類

サイトの分類 ホームページ制作にあたって

制作するサイトの種類としては、企業の情報を公開するといった目的の「コーポレートサイト」なのか、情報媒体としての「メディアサイト」なのか、インターネットショッピングを行う「ECサイト(ネットショップ)」なのか、といったような分類があります。

  • コーポレートサイト
  • メディアサイト(情報サイト)
  • ECサイト(ネットショップ)

サイトの目的

サイトの目的 ホームページ制作にあたって

ホームページ(ウェブサイト)は、どんな情報でも発信することができますが、「どのような目的でどのような情報を発信するか」を明確にすると、その情報を見る人達へ訴求力が変わってきます。

ただ単に「ウェブサイトを作る」より、「何のために作るのか」を明確にすると、「どのような情報をどのような形で発信するのか」が鮮明になってきます。

企業や店舗、製品やサービスをブランディングする

企業や店舗、製品やサービスをブランディング ホームページ制作

ホームページ(ウェブサイト)に限らず、販促ツールの全ては、その企業や店舗、製品・サービスを映す鏡です。

ここでデザイン力の高いイメージによって、企業や店舗をブランディングするのはとりわけ重要になってきます。

しかしながら、「ブランド」は一口にデザインだけで決まるものではありません。

ホームページ制作においても、Webデザインだけで企業や店舗、製品やサービスをブランディングできるわけではありません。

信頼性もブランド

信頼性もブランド ホームページ制作にあたって

ウェブであれば、そのサイト構造、掲載する情報と情報のクオリティ、そしてその表現方法であるレイアウトや画像素材など、様々な要素が組み合わさって、ブランドイメージの全体が出来上がります。

また、それが文章であれイメージであれ、「公式サイト」による「公式情報」を公開していることが、一つの信頼性の要素になります。

そしてそのしっかりしたホームページを公開することによる信頼性向上は一つのブランディングになります。

公式サイトをどのようにブランディングするか、ということは、インターネット、ウェブサービス、そしてスマートフォンが普及した現代において、重要になってきます。

「ブランド」を広める

「ブランド」を広める ホームページ制作

そして、ブランディングした「企業ブランド」「店舗ブランド」も、それが誰かに届かなくては、ブランディングは意味を成さなくなってしまいます。

ウェブサイトを作る目的が、ブランディングであれば、その「ブランド」の個性をユーザーに届けるということをもってブランディングが完結します。そのためにはホームページ制作・公開後のWeb集客が必要になります。

資料請求やお問い合わせをいただく

資料請求やお問い合わせをいただくホームページ制作

もちろん企業や店舗、製品・サービスを紹介し、ブランディングのためだけにホームページ(ウェブサイト)を活用する、というのもひとつの販促方法です。

さらにウェブサイトで製品・サービスを紹介して、そしてそれを資料請求やお問い合わせにつなげる、ということもウェブでは盛んに行われています。

ホームページ制作時に「お問い合わせ」ページを工夫したり(EFO)、お問い合わせ獲得までのコンテンツを作ったり、お問い合わせまでの導線を作ったり…

もしホームページ(ウェブサイト)を制作する目的が資料請求やお問い合わせの獲得であれば、ブランディングに加えて、ウェブサイトに様々な工夫を施す必要があります。

ウェブ(インターネット)を通じて販売する

ウェブ(インターネット)を通じて販売するホームページ制作

ウェブの最大の強みとして即時的な双方向のコミュニケーションを取りやすいという点があります。

製品・サービスをウェブに掲載して、お問い合わせ経由でそれを販売する、それにもう一段踏み込んで、ECサイトであれば、ウェブ上で発注から決済まで一貫して行い、顧客データを管理することも可能になります。

ホームページ(ウェブサイト)で何をする?
本質的な目的と機能

ホームページ・ウェブサイトの本質的な目的と機能 ホームページ制作にあたって

弊社は、ホームページ(ウェブサイト)を作るにあたっての「ウェブサイトの本質的な目的と機能」は、「ホームページが企業の売上向上など事業の発展に貢献すること」と「すばらしい製品やサービスを『それをまだご存じない方』へと伝えて、社会全体をより良いものにすること」だと捉えています。

そして、「ウェブサイトができること」は先の「すばらしい製品やサービスを『それをまだご存じない方』へと伝えて、社会全体をより良いものにすること」に共通しますが、「その製品やサービスを知ったならば、それを利用して問題が解決したり、新しい経験ができるのに…」という思いを持った「未知のお客さま」との出会い、そして、既にいらっしゃるお客さまとのより深いコミュニケーション、といった点であると考えています。

そのためには、まずホームページを制作・公開し「情報を発信すること」、そして、「その情報が相手に伝わること」が必要になります。

ホームページ制作にあたって~初めての方へ

ウェブサイトって何なのさ?~ホームページ制作にあたって

ウェブサイトの一番大事なポイント~ホームページ制作にあたって

ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)
株式会社ファンフェアファンファーレ
(トップページへ)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら