ホームページ制作(ウェブサイト制作)の流れ


ウェブサイトご制作の流れ

ホームページ制作(ウェブサイト制作)の流れ

ホームページ制作(ウェブサイト制作)に関する「ご制作の流れ」になります。このページでは「ホームページ制作(ウェブサイト制作) 新規ご制作の流れ」「ウェブサイトリニューアルの流れ」「ウェブサイトリニューアル CMS導入・CMS化の流れ」についての項目を掲載しております。

ウェブサイトリニューアルの流れ

ウェブサイトリニューアル CMS導入・CMS化の流れ

(クリックで該当箇所に移動します)

ホームページ制作(ウェブサイト制作) 新規ご制作の流れ

新規ホームページ制作(ウェブサイト制作)の場合のご制作の流れになります。

  1. お問い合わせ・お見積もり
  2. 仮見積もりの作成
  3. 本見積もりの作成・お申し込み
  4. デザイン案の作成
  5. コーディング、プログラミング
  6. 各ページの校正
  7. 公開準備
  8. ホームページ(ウェブサイト)公開
  9. お支払い
  10. 公開後

お問い合わせ・お見積もり

まずは弊社メールフォーム、もしくは販売代理店にお問い合わせください。

「話を聞いてから判断したい」

「ひとまず話を聞いてみたい」

といった場合は、まず一度お問い合わせいただければ、弊社及び代理店の者が、折り返しのご連絡後、お客さまの事業所・店舗などにご訪問、もしくはご希望によりお電話やメールでのヒアリングさせていただきます。

お問い合わせ後、あらためてご訪問ヒアリング・お電話・メールなどでのヒアリングをさせていただきますので、お問い合わせ時に以下に掲げる「ヒアリングのポイント」のすべての項目について記載していただく必要はございません。

参考としてホームページ(ウェブサイト)新規ご制作に関するヒアリングのポイントを掲載させていただきます。

既に大まかなイメージや確定事項がある場合は、以下のヒアリングのポイントをご参考いただき、お問い合わせの際に記載していただければ幸いです。

ヒアリングのポイント(ウェブサイト新規ご制作)

  1. ホームページ(ウェブサイト)を作成する主な目的
  2. 構築予定のホームページ(ウェブサイト)のタイプ
  3. ホームページ(ウェブサイト)のボリューム
  4. サイト素材の有無

まず、お客さまがホームページ(ウェブサイト)を作成する主な目的と、どういったタイプのホームページ(ウェブサイト)を構築されるご予定かをお伺いします。

①ホームページ(ウェブサイト)を作成する主な目的

企業ブランディング、会社や店舗の案内、事業特化、採用情報の掲載など

②構築予定のホームページ(ウェブサイト)のタイプ

  1. 静的サイト(会社案内など特に頻繁に更新がない場合に適しています)
  2. CMS(コンテンツマネジメントシステム。ご自身でページの更新・編集を行っていただけるシステムが導入されたウェブサイト)
  3. ECサイト(電子商取引を目的とたショッピングサイト)

③ホームページ(ウェブサイト)のボリューム

次に、ホームページ(ウェブサイト)のボリューム(ページ数をはじめ、掲載情報の量など)などをお伺いいたします。

  1. カテゴリー(メニュー)の構造
  2. 作成したいページ内容とページ数、文字の量など
  3. 付加機能(スライドショー、メールフォーム)

その他、おおよその予算やご希望納期など、ご希望がありましたらお伝え下さい。

④サイト素材の有無

そして、以下のサイト素材の有無をお伺いします。

  1. テキストデータ(ウェブサイトに載せる文章です)
  2. 画像データ(ロゴなどの画像データ、店舗外観、商品などの写真データ)

上記データをご自身でご用意いただくか、一部弊社にご依頼頂くかなどをお伝え下さい。

今までに既に制作された会社案内やチラシ、商品パンフレットなどがある場合は、ご提示いただければ幸いです。

仮見積もりの作成

上記ポイントが確認できた時点で、ホームページ(ウェブサイト)の大まかな分量が把握できますので、仮見積もりを作成させていただきます。
ご希望のイメージに近いサイトなどがございましたらお伝えください。。
もしくは、ご希望の大まかなレイアウトなど、手書きラフを作成いただければ幸いです。

ご訪問・お打ち合わせ

弊社及び代理店の者が、ご訪問させていただきます。原則ご訪問でのお打ち合わせを実施しておりますが、遠方等ご希望によりお電話やメールでの対応をさせていただきます。ご訪問の際、リニューアル後のウェブサイトの方向性を再確認し、イメージをより明確にしていきます。

より明確な、サイトのコンセプト、ターゲットの選定、サイト構造の設計などは、ご訪問時にご相談させていただきます。

カタログ、チラシ、リーフレットなど、貴社や貴店舗などの情報の掲載されているものと、その元データなどがあれば幸いです。
ご希望のイメージに近いホームページ(ウェブサイト)、もしくは、ラフデザインを元に、サイトのレイアウト、基調となるカラーと配色パターンなどを決めていきます。

さらにお客さまのウェブサイトに合った付加機能のご提案をさせていただき、ご希望を改めてご確認させていただきます。

本見積もりの作成・お申し込み

サイト構造やレイアウト、カテゴリー数、ページ数などが確定いたしましたら、本見積書を作成させていただき、申込書にご署名いただいた後、制作を開始いたします。

この際、まずデザイン案の作成に入ります。

なお、詳しい規約・注意事項などは、申込書に記載させていただいております。

デザイン案の作成

ホームページ(ウェブサイト)のトップページ、および下層ページのレイアウト、デザイン案を画像で作成させていただきます。

なお、校正指示は原則メールでご指示いただきますようにお願いしております。

コーディング、プログラミング

デザイン案を元に、html化(コーディング)していきます。
この際、弊社テストサーバーにおいて随時アップロードしていきますので、インターネット上で進捗状況をご確認いただけます。

テストサーバーでの運用時には検索エンジンの検索結果には表示されないように設定しており、一般閲覧者には非公開になりますのでご安心ください。

各ページの校正

お客さまのご指示のもと、各ページの校正を行います。
テキストデータやレイアウト位置の調整などの細かな校正は2回まで無料です。
制作開始後の大幅な校正(仕様の変更)は、別途お見積もりいたします。
ページの追加等も承っておりますが、動的プログラムの追加の際には、ページ追加の費用以上に費用が発生する場合があります。
本見積書以外の費用が発生する場合には、予めお客さまのご確認とご承諾を得てから各機能などを設置していきます。

公開準備

テストサーバー上で、ホームページ(ウェブサイト)が完成いたしましたら、本稼動用のドメインの取得、サーバーの設定に入ります。

そして、ファイルのアップロード、パーミッションの設定などが完了しましたら、Googleなどの検索エンジンへの通知を行います。
本稼動サーバーへのアップロードが完了した時点で納品完了とさせていただきます。

ホームページ(ウェブサイト)公開

以上の手続きが完了すれば、お客さまのホームページ(ウェブサイト)は全世界に発信されます。

お支払い

納品完了後にご請求書を発行させていただきます。
原則納品完了時から14日以内のお支払いをお願いいたしております。

お支払い方法は請求書記載の銀行への振込のみとさせていただいております。
なお、お振込手数料はお客さまの負担とさせていただいております。

公開後

ウェブサイト公開後の注意事項です。

ドメイン、サーバー

ドメイン及びサーバーにつきましては、年度更新が必要になります。
有効期限の2か月前を目安にご案内をさせていただいております。

ドメインについては、運用ドメインの種類(.com、.jpなど)によって価格が変動し、サーバーに関しては、ウェブサイトのタイプ(静的サイト・CMS・ECサイト)によって、変動しますが、仮見積・本見積の際に合わせて費用をご提示させていただきます。

稼働させるサイトのタイプにもよりますが、公開後は、概ねドメイン・サーバー費合算で毎年年間14000円程度以上の運用費が生じますことを予めご了承ください。

サポート

弊社による瑕疵を除き、原則として納品後のサポート(文字の訂正、画像の差し替え、操作方法の説明)はすべて有償とさせていただいております。

CMSの管理画面の操作説明

納品完了時に基本的な操作方法はメールにてお知らせさせていただきます。
原則、訪問でのご説明は行っておりませんので、予めご了承ください。

ホームページ(ウェブサイト)リニューアルの流れ

ウェブサイトリニューアル(ホームページリニューアル)の大まかな流れになります。

現状のホームページ(ウェブサイト)のURLをお伝えいただければ、後のお打ち合わせがスムーズになります。

お問い合わせ・お見積もり

まずは当社メールフォーム、もしくは販売代理店にお問い合わせください。

「話を聞いてから判断したい」

「ひとまず話を聞いてみたい」

といった場合は、まず一度お問い合わせいただければ、弊社及び代理店の者が、折り返しのご連絡後、お客さまの事業所・店舗などにご訪問、もしくはご希望によりお電話やメールでのヒアリングさせていただきます。

お問い合わせ後、あらためてご訪問ヒアリング・お電話・メールなどでのヒアリングをさせていただきますので、お問い合わせ時に以下に掲げる「ヒアリングのポイント」のすべての項目について記載していただく必要はございません。

参考としてウェブサイトリニューアルに関するヒアリングのポイントを掲載させていただきます。

既に大まかなイメージや確定事項がある場合は、以下のヒアリングのポイントをご参考いただき、お問い合わせの際に記載していただければ幸いです。

ヒアリングのポイント(ウェブサイトリニューアル)

  1. ホームページ(ウェブサイト)をリニューアルする主な目的
  2. リニューアルによって改良する点・リニューアル箇所
  3. リニューアル後のウェブサイトのボリューム
  4. リニューアルにかかるサイト素材の有無・現状のホームページ(ウェブサイト)から転載・再利用する箇所
  5. ドメイン・サーバーの取り扱いとFTP情報など

①ウェブサイトをリニューアルする主な目的

まず、お客さまがウェブサイトリニューアル(ホームページリニューアル)される主な目的お伺いします。

企業ブランディングの強化(デザイン変更など)、閲覧者の操作性・利便性向上(レイアウト変更・レスポンシブ化)、PR強化(コンテンツの増強(新規ページの増設)・CMSの導入)、編集の容易性(CMS化)など

CMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入、ウェブサイトのCMS化については「既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)

CMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入、ウェブサイトのCMS化の流れについてはページ下記の「ウェブサイトリニューアル CMS導入・CMS化の流れ」をご参照ください。

②リニューアルによって改良する点・リニューアル箇所

ホームページ(ウェブサイト)をリニューアルする主な目的と共通しますが、リニューアルによって改良されたい点、リニューアルする項目や箇所をお伝え下さい。

現状の運用での不足点やおおまかな「デザインを変えたい」「既にウェブサイトがあるもののアクセスがない」といった旨でも結構です。

その他、付加機能の追加(スライドショー、メールフォーム)やページ追加・文章量の増加など、ご希望をお伝え下さい。

③リニューアル後のウェブサイトのボリューム

次に、リニューアル後のホームページ(ウェブサイト)のボリューム(ページ数をはじめ、掲載情報の量など)などをお伺いいたします。

  1. カテゴリー(メニュー)の構造
  2. 作成したいページ内容とページ数、文字の量など

その他、おおよその予算やご希望納期など、ご希望がありましたらお伝え下さい。

④リニューアルにかかるサイト素材の有無・現状のウェブサイトから転載・再利用する箇所

そして、新規リニューアルされる場合の以下のサイト素材の有無・をお伺いします。

  1. 追加テキストデータ(ウェブサイトに載せる文章です)
  2. 画像データ(ロゴなどの画像データ、店舗外観、商品などの写真データ)
  3. 現状のウェブサイトから転載・再利用する箇所

1、2につきましては、リニューアルによって追加されるデータをご自身でご用意いただくか、一部弊社にご依頼頂くかなどをお伝え下さい。

今までに既に制作された会社案内やチラシ、商品パンフレットなどがある場合は、ご提示いただければ幸いです。

3の「現状のホームページ(ウェブサイト)から転載・再利用する箇所」につきましては、現状のウェブサイトから転載・再利用する箇所

例)

文章は全て転載、画像については新しい写真は配布、加工は弊社に依頼など

⑤ドメイン・サーバーの取り扱いとFTP情報など

現在ご使用のドメイン・サーバーのまま運用されるのか、他のサーバーなどに移管されるのか、弊社に運用管理をご依頼されるかをお伺いします。

  1. ドメインサーバー移管の有無
  2. FTP情報の提供

特に同一サーバーでのリニューアル、現状のウェブサイトのシステムや画像ファイルを再利用される場合は、現在ご利用のサーバーのFTP情報の一時的な提供をお願いしています。

また、サーバーの移管などに関しては、ドメイン転出手続き(AUTHコードの発行など)をお願いする場合があります。

仮見積もりの作成

上記ポイントが確認できた時点で、リニューアル後のホームページ(ウェブサイト)の大まかな分量が把握できますので、仮見積もりを作成させていただきます。
ご希望のイメージに近いサイトなどがございましたらお伝えください。。
もしくは、ご希望の大まかなレイアウトなど、手書きラフを作成いただければ幸いです。

ご訪問・お打ち合わせ

弊社及び代理店の者が、ご訪問させていただきます。原則ご訪問でのお打ち合わせを実施しておりますが、遠方等ご希望によりお電話やメールでの対応をさせていただきます。ご訪問の際、リニューアル後のホームページ(ウェブサイト)の方向性を再確認し、イメージをより明確にしていきます。

より明確な、サイトのコンセプト、ターゲットの選定、サイト構造の設計などは、ご訪問時にご相談させていただきます。

カタログ、チラシ、リーフレットなど、貴社や貴店舗などの情報の掲載されているものと、その元データなどがあれば幸いです。
ご希望のイメージに近いウェブサイト、もしくは、ラフデザインを元に、サイトのレイアウト、基調となるカラーと配色パターンなどを決めていきます。

さらにお客さまのウェブサイトに合った付加機能のご提案をさせていただき、ご希望を改めてご確認させていただきます。

本見積もりの作成・お申し込み

サイト構造やレイアウト、カテゴリー数、ページ数などが、リニューアル後のウェブサイトの仕様、リニューアル事項が確定いたしましたら
本見積書を作成させていただき、申込書にご署名いただいた後、制作を開始いたします。

デザインより一新される場合は、新規ウェブサイト制作(新規ホームページ制作)と同様の取り扱いになります。

なお、詳しい規約・注意事項などは、申込書に記載させていただいております。

デザイン案の作成・FTPダウンロード

デザイン変更の場合はデザイン案の作成に入ります。

デザイン変更がある場合、特にデザイン変更がない場合、いずれの場合でも、現状のウェブサイトのデータを再利用される場合は、データを確認・編集するために、FTP情報をお伺いして、一度現状のウェブサイトのデータをFTPより弊社がダウンロード保存させていただきます。

コーディング、プログラミング・編集

デザイン案、リニューアル案を元に、html化(コーディング)・ページ編集をしていきます。
この際、軽微なものであれば、直接現状のサーバー上のファイルを操作していきます。

サイト全体を大幅にリニューアルされる場合は、弊社テストサーバーにおいてリニューアル後のウェブサイトを随時アップロードしていきますので、インターネット上で進捗状況をご確認いただけます。

テストサーバーでの運用時には現状サイトとは別ドメインで制作運用し、また、検索エンジンの検索結果には表示されないように設定しており、一般閲覧者には非公開になりますのでご安心ください。

リニューアルページ・リニューアル箇所の校正

お客さまのご指示のもと、各ページ、各箇所の校正を行います。
テキストデータやレイアウト位置の調整などの細かな校正は2回まで無料です。
制作開始後の大幅な校正(仕様の変更)は、別途お見積もりいたします。
本見積書以外の費用が発生する場合には、予めお客さまのご確認とご承諾を得てから各機能などを設置していきます。

公開準備

テストサーバー上で、リニューアル後ウェブサイトが完成いたしましたら、リニューアル後のウェブサイトのアップロード作業に入ります。

サーバー移管の際には、一時的にホームページ(ウェブサイト)がうまく表示されないことがありますので、予めご了承ください。

そして、ファイルのアップロード、パーミッションの設定などが完了しましたら、検索エンジンへのウェブサイト更新通知を行います。
本稼動サーバーへのアップロードが完了した時点で納品完了とさせていただきます。

リニューアル完了

以上の手続きが完了すれば、お客さまのウェブサイトはのリニューアルは完了となります。

お支払い

納品完了後にご請求書を発行させていただきます。
原則納品完了時から14日以内のお支払いをお願いいたしております。

お支払い方法は請求書記載の銀行への振込のみとさせていただいております。
なお、お振込手数料はお客さまの負担とさせていただいております。

公開後

ウェブサイトリニューアル後の注意事項です。

ドメイン、サーバー

弊社がドメイン及びサーバーの運用を承った場合、これらにつきましては年度更新が必要になります。
有効期限の2か月前を目安にご案内をさせていただいております。

ドメインについては、運用ドメインの種類(.com、.jpなど)によって価格が変動し、サーバーに関しては、ウェブサイトのタイプ(静的サイト・CMS・ECサイト)によって、変動しますが、仮見積・本見積の際に合わせて費用をご提示させていただきます。

公開後は、概ねドメイン・サーバー費合算で毎年年間14000円程度以上の運用費が生じますことを予めご了承ください。

サポート

弊社による瑕疵を除き、原則として納品後のサポート(文字の訂正、画像の差し替え、操作方法の説明)はすべて有償とさせていただいております。

ウェブサイトリニューアル CMS導入・CMS化の流れ

ウェブサイトリニューアル(ホームページリニューアル)の際のCMS導入・CMS化の大まかな流れになります。概ねウェブサイトリニューアルと同様の取り扱いになります(「ウェブサイトリニューアルの流れ})が、 CMS導入・CMS化に関しての特記事項になります。

→ウェブサイトのCMS化の詳細 「既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)」

CMS(シー・エム・エス、コンテンツ・マネジメント・システム)はお客さまご自身でウェブサイトの編集や更新を行なっていただけるウェブシステムです。

この項目のCMS導入は、サブディレクトリ(例 http://funfairfanfare.com/スタッフブログ/)やサブドメイン(例 http://staffblog.funfairfanfare.com/)など、既存ウェブサイトの一部をCMS化する場合を指しています。CMS化は、ウェブサイト全体をCMS化する場合を指しています。

ヒアリングのポイント(CMS導入・CMS化)

  1. CMS導入・CMS化の主な目的
  2. カテゴリなどの分類・機能の追加
  3. リストの仕様
  4. サーバーのスペック

①CMS導入・CMS化の主な目的

まず、CMS導入・CMS化される主な目的お伺いします。

自社のPR強化(コンテンツの増強(新規ページの増設))、EC(電子商取引)の導入、ページの編集の容易性など

現状の運用での不足点やおおまかな「ページの更新が『依頼型』で面倒」「『更新情報』、『新規イベントのお知らせ』など新しいページを作る必要性がある」「既にウェブサイトがあるもののアクセスがない」といった旨でも結構です。

②カテゴリなどの分類・機能の追加

「お知らせ」「新製品のお知らせ」「次回イベントのお知らせ」「スタッフブログ」など、設置予定のカテゴリなどをお知らせください。

その他、付加機能の追加(スライドショー、メールフォームの設置・増設)など、ご希望をお伝え下さい。

例 一般的なメールフォームに加え、別ページで「ご予約」「見積り依頼」など、一般的なメールフォームとは異なった様式のメールフォームの増設など

③リストの仕様

更新記事のリストをどこに何件反映させるのかという旨をお伝えいただければ幸いです。

例 会社からのお知らせとスタッフブログの新着記事はそれぞれトップページに3件表示、それぞれのカテゴリでは10件表示など

④サーバーのスペック

CMSは、ご利用サーバーによってインストールできない可能性がありますので、サーバー移管等が生じる可能性があります。

また、動的プログラムを利用するため、サーバーのスペックによっては、アクセスが集中した場合、うまく閲覧できない可能性がありますことを予めご留意ください。

現状のサイトを分析して、現状のサーバーでインストールが可能かどうかは調査させていただきますが、詳しいスペックをお伺いする場合がありますことを予めご留意いただくとともに、サーバー移管の必要が生じる可能性がありますことを予めご了承ください。

サポートと注意事項(CMS)

納品時点で正常に動作している場合、CMS内における本体ファイルの更新を含め、弊社による瑕疵を除き、原則として納品後のサポート(文字の訂正、画像の差し替え、操作方法の説明)はすべて有償とさせていただいております。

操作方法のサポート

原則納品時の基本的な解説を除き、CMSの操作方法の説明は行っておりません。

仔細な操作方法などについては、弊社の出張サポート・出張研修などのサービスをご利用ください。

文章表現等、サイト掲載情報の注意事項は、「ホームページに掲載する情報の表記について」をご参照ください。

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ
ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら