SEO・LPO・EFO


より良いホームページ(ウェブサイト)のためのウェブサイト制作の施策には、検索エンジンに高評価を受け、検索結果上位表示からのサイトアクセス向上のための「SEO」や、一番最初に見られるページを最適化する「LPO」、お問い合わせフォームをより入力しやすくして、お問い合わせ件数を向上させるための「EFO」など、さまざまなウェブ施策があります。

SEO(Search Engine Optimization)

SEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)とは、Google、Yahoo!などのサーチエンジンの検索結果ページの表示順位の上位に自らのウェブサイトが表示されるようする工夫をさします。

同じだけのコンテンツ(情報の中身)内容ならば、それをどのようにウェブページに反映させるかによって、検索エンジンからの評価が変動します。それによって、検索結果経由でのホームページ(ウェブサイト)へのアクセス数が変動します。

検索エンジン最適化

SEO(検索エンジン最適化)は、検索エンジンの検索結果ページの表示順位の上位に自らのウェブサイトが表示されるようする工夫をさしますが、SEO内部最適化と言われるものには、適切なコーディング(HTMLによる最適化)、内部リンク、ターゲット層に対するキーワードの適切な選択や、ページ内でのキーワードの適切な使用などが挙げられます。

弊社では原則的にお客さまからテキストデータを入稿いただきますが、キーワードの選定に関して修正のご提案させていただきます。

インターネット広告だけでなく、検索サイトの自然検索で上位に来るように施し、ターゲット層へのアプローチしていくことで費用対広告効果を高め、ウェブサイトの価値をできる限り最大限に引き出します。

SEO(検索エンジン最適化)

LPOLanding Page Optimization)

ランディングページとは、検索サイトや広告などのリンクからやってきた訪問者に対して最初に表示されるページのことをさします。LPO(ランディングページ最適化)は、ランディングページから意図する目的ページにたどり着きやすくするためのに工夫ををさします。

ランディングページ最適化

ランディングページとは、検索エンジンや検索結果広告、バナー広告、他サイトからの紹介、ソーシャルシェアなど、リンクからやってきた訪問者に対して最初に表示されるページですが、Webサイト訪問者は自分に必要な情報が見つけにくいとサイトを離れてしまいます。
LPO(ランディングページ最適化)とは、Webサイト訪問者に対して、ランディングページが効率よく、わかりやすく目的ページ(お問い合わせページなど)や目的の情報(店舗ページであれば営業時間や住所)にたどり着けるように工夫を施すことをさします。

EFO(Entry Form Optimization)

エントリーフォームとは、わかりやすい例としてはお問い合わせフォームなどです。

ウェブサイトを閲覧しているユーザーに入力して頂く場合は、その入力フォームをわかりやすく入力しやすいものにすると、ユーザーからの応答率が変動します。

EFO(エントリーフォーム最適化)とは、そのようなユーザーの入力を要するお問い合わせフォームなどで、わかりやすさと簡略化を施すことによって、入力の手間を減らし、より短時間で正確に入力できるようにページを最適化することをさします。

エントリーフォーム最適化

入力フォームに入力するときに項目数が多かったりエラーが出ると、入力完了・送信前にページから離れてしまいます。
EFO(エントリーフォーム最適化)とは、お問い合わせフォームなどで、必須項目を視覚的にわかりやすくしたり、郵便番号から住所が自動で反映されるようにするなど、わかりやすさと簡略化を施すことによって、Webサイト訪問者の入力の手間を減らし、より短時間で正確に入力できるようにユーザに合わせて最適化することをさします。

一度にたくさんの情報を入力いただけるに越したことはありませんが、必要以上に項目数を増やすことは得策とは言えないと考えております。当社では、業種に合わせて入力内容を必要最小限に抑え、Webサイト運営側、訪問者ともに心地よいWebサイトを制作することを心がけております。

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ
ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら