ウェブサイト・ホームページ全般

ウェブサイト・ホームページ全般に関する記事


ホームページ制作会社によって異なる「ホームページ制作費用」の違い
「なんでホームページ制作会社ごとにこんなに見積額が違うんだろう?」 「この会社ごとのホームページ制作費用の違いは一体どこから生まれるの?」 お問い合わせを受けてホームページ制作のご相談をしていると、ほとんどと言っていいほど出てくるご質問です。 「ホームページ制作会社の選び方 制作費用の相場と成果の改善策」で少しお伝えさせていただいていますが、このホームページ

ホームページ制作会社によって異なる「ホームページ制作費用」の違い


スマホ対応化へのカスタマイズがしにくいホームページの仕様
ホームページのスマホ対応にあたり、現状のホームページがモバイルフレンドリーサイトでないものから、スマホ対応サイトへと修正する際に、スマホ対応化へのカスタマイズがしにくいホームページの仕様があります。今回は、そんなホームページのスマートフォン表示最適化への変更に費用がかかるホームページの設計の特徴についてお伝えします。

スマホ対応化へのカスタマイズがしにくいホームページの仕様


ホームページからの問い合わせを増やすための方法
ホームページを制作し現在も公開している企業であるならば、どのような状態であっても常にホームページからの問い合わせを増やすために改善策を講じていく必要があります。 ホームページをWebマーケティング利用するにあたり注目したいのは、ホームページもその中のコンテンツも常にアップデートしていく必要があるという点です。 日々競合サイトが力をつけていく中、既に安定的にホ

ホームページからの問い合わせを増やすための方法   Recently updated !



Google Analyticsの直帰率を気にしなくていい理由
今回は、いままであまり触れてこなかったアクセス解析について少しだけお伝えしようと思います。 ページの直帰率をどうやって改善するか、といった話題や、ホームページを訪れたユーザーに直帰されないようにするための工夫などについてよく書かれていますが、こうした直帰率についての概要とWebマーケティングの本質的な意味での直帰率の影響を考えてみたいと思います。 旧来からホ

Google Analyticsの直帰率を気にしなくていい理由


ホームページ制作や修正の際に注意すべき記述ミス【初心者編】
今回は、少し初心に戻りまして、「ホームページ制作や修正の際に注意すべき記述ミス【初心者編】」についてゆったり思いついたことをお伝えしていこうと思います。 大学生の方とお話していると、ホームページ作成ツールを使ってドラッグドロップでホームページ制作をしている時には問題なくても、少し細かなカスタマイズや修正に挑戦しつつ「エラーが出る」ということがよくあるそうです

ホームページ制作や修正の際に注意すべき記述ミス【初心者編】


サーバー保守費用
今回は、「サーバー保守」と「サーバー保守費用」についてお伝えしようと思います。 Web制作会社の中には、ホームページを稼働させるためのサーバーの利用料(サーバー費用)の他に、不透明な月額の「サーバー保守費用」を請求しているところもあるそうです。そうしたこともあるようですので、今回はそんなホームページとサーバーの関係、サーバーの保守(サーバー保守管理)とホーム

「サーバー保守費用」Web制作会社による不透明なサーバー費用



今回は、ホームページ制作を少し離れて、「Webマーケティングの基本的な考え方」について触れていきたいと思います。 弊社は制作会社ですが、「Webマーケティング会社」でもあります。 ホームページ制作会社というと、「お客様から言われたとおりにホームページを作る会社」というようなイメージがあります。それは制作会社としてのいわば最低限必要な業務範囲ですが、「何を目的

Webマーケティングの基本的な考え方を理解してトレンドから脱却しよう


SEOキーワードを調整してホームページのWebマーケティング効果向上させる
「ホームページの目的に沿ったコンテンツが整っていること」の中身を少し詳しく、「SEOキーワードを調整してホームページのWebマーケティング効果向上させる」という点について ホームページ運営者が想定している「Webマーケティングの目的とホームページコンテンツの一致」と、検索ユーザーの「検索クエリとコンテンツキーワードの一致」がズレていると、その効果は半減してしまいます。

SEOキーワードを調整してホームページのWebマーケティング効果向上させる


ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する
今回は、「ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する」というタイトルで、ホームページの目的を入念に設定することの重要性についてお伝えしようと思います。 1月に入り、京都でも大雪が降ったり気温がマイナスになる日もありましたが、ここ最近は暖かい日差しの日もあります。 暖かい日に外に出ると、寒い日に比べて足の緊張感がほわっとほぐれていくような気が

ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する



あなたのホームページに「お問い合わせ」が来ない本当の理由
あなたがホームページを公開しているのに「お問い合わせ」が来ない場合には、幾つかの特徴や原因があり、「お問い合わせが来ない理由」が存在しています。 ホームページへの問い合わせが全くない状態からの脱却や、ホームページからの問い合わせ数をより増やすためには、いくつか重点的に検討すべきポイントがあります。 前回、ホームページを有効活用するための様々なチェックポイント

あなたのホームページに「お問い合わせ」が来ない本当の理由


ホームページを有効活用するためのチェックポイント
ホームページを有効活用するためには、様々なチェックポイントがあります。 ホームページは一旦制作すると、大幅なリニューアルを検討する頃までしばらくの間、そのままにしておくということが一般的であると考えられます。 「良いお店」は、認知度があったり、店の作りが最適になっているだけでなく、人が出入りして「活気のあるお店」であるイメージが非言語的な要素として店舗集客に

ホームページを有効活用するためのチェックポイント


ホームページ制作 2017新春Pick up
第七弾最終は「ホームページ制作」です。「ホームページ制作」というキーワードを考えたときに、コトバが少し具体的すぎて、「ホームページが作れること」に意識が集中してしまいがちです。元の目的は「企業の売上を向上させること」であったはずですが、そのツールであるもの、つまり「ホームページやソーシャルのページを作ること」が目的になってしまうことがよくあります。

ホームページ制作 2017新春Pick up



SEO・SEO対策 2017新春Pick up
ホームページのSEO・SEO対策に関しては、様々な情報がWeb上に存在しますが、Google検索アルゴリズムアップデートによって、現在では全く使えない方法論もあれば、普遍的で今なお有効なSEOもたくさんあります。「SEO」というコトバは、どこか人を混乱させる要素を持っているような気もしますが、「なんとか出し抜こう」と変なことさえしなければ、最適化を行った分だけ、結果は返ってきます。

SEO・SEO対策 2017新春Pick up


ECサイト・ネットショップ制作 2017新春Pick up
「2017新春Pick up」と題しまして、今までのコンテンツをまとめながら、要点を整理するコンテンツを配信していきます。まず第一弾は、「ECサイト・ネットショップ制作」です。ECサイト(ネットショップ)も楽天やYahoo!ショッピングなどのショッピングモールを利用したものから、独自ECサイト、レンタルカートシステムの利用やオークションシステムを利用したものまで多種多様です。

ECサイト・ネットショップ制作 2017新春Pick up


SEOやアクセスアップの実績をごまかす人たち
「SEOはうさんくさい」とよく言われますが、「SEOに強いホームページ制作会社」と謳うところは数多くあります。 先日から、連日のように大学生の方などから「アルバイトの申込み」を頂いています。しかし、SEOはそれほど簡単ではありません。 「SEOに強い」というのは簡単ですが、技術的な詳細はさておき、お客さまに「なぜ検索順位が上がったか?」や「なぜアクセス数が伸

SEOやアクセスアップの実績をごまかす人たち



ホームページ制作やコンテンツマーケティングでいちばん大切なこと
「ホームページ制作で大切なこと」ということになれば、エラーが出ないとか、デザインが美しいとか、見せ方がうまいとか、、「どうやってホームページにアクセスしてもらうか?」という点で考えれば、SEOとかリスティング広告とか、そういうWebマーケティング的なこともポイントとなってきます。しかし、それより何より大切なのは、ホームページ制作において込められるメッセージではないでしょうか?

ホームページ制作やコンテンツマーケティングでいちばん大切なこと


「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」 では「営業の本質」を考えましょう
今回は、「『ホームページは24時間働く営業スタッフだ』では『営業の本質』を考えましょう」、というタイトルで、営業の本質について少し考えてみたいと思います。「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」ということは、企業のWeb活用が叫ばれてから、決めゼリフのようにいつも言われているような言葉です。確かにその通りなのですが、営業スタッフの中にも、「すごい影響成績をあげる人」と「毎月ほぼボウズの人」がいるという事実は忘れられがちです

「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」 では「営業の本質」を考えましょう


ホームページ制作におけるWebライティングとブランド力
今回は、「ホームページ制作におけるWebライティングとブランド力」と題しまして、「Webライティングにおける一貫した文体」の続きとも言える形で、Webライティング・コンテンツライティングとブランド力について触れていきたいと思います。単純だと受けはいいがブランド力が落ちる 「上級者コース」はどこにあるの?中小企業にとって海外の大企業の方法論はあてにならない 様々なWebコンテンツに触れる・触れない

ホームページ制作におけるWebライティングとブランド力



SEOとしての被リンクの基本的な考え方とリンク販売
今回は、「SEOとしての被リンクの基本的な考え方とリンク販売」と題しまして、最も基本的なSEOとしての被リンクと、以前にお伝えしました「SEO会社」のリンク販売についてお伝えしようと思います。リンクに関するアルゴリズムが発達していなかった頃は、リンクによるPageRankの転送を利用して、検索順位を向上させるということが主流でした。だからこそ、ペラペラのページでも、検索結果上位に表示されることがよくありました。

SEOとしての被リンクの基本的な考え方とリンク販売


ホームページ制作でどこまでリアリティを表現できるか
「ホームページの情報量」ということが話題になる場合、Webにおいては、基本的にテキストや画像の量が情報量になると思います。しかし、情報量が多くても、それが実際のユーザーが感じる情報量の多さとはイコールにはならず、また、情報を複合した「リアリティ」につながるかといえば、単純に検索エンジンのようにはいかないのが実情でしょう。ホームページ制作では、テキストデータが基本になりますが、このメリットは、コンピュータにも解読可能である点です。

ホームページ制作でどこまでリアリティを表現できるか


情報を公開することのメリット ホームページ制作で大切なこと
自分の考えを表に出すことで、新しい助言とか、不足点の発見とか、様々なメリットがあると思っています。こうした点はホームページ制作やコンテンツ配信にも通じるところがあります。 今回は、「情報を公開することのメリット ホームページ制作で大切なこと」と題しまして、ホームページ上で情報を公開することの様々なメリットについて考えてみたいと思います。一般的なメリットについてはそこそこに、もっと本質的なメリットについて触れていこうと思います

情報を公開することのメリット ホームページ制作で大切なこと



ニッチな業種ほどホームページ制作はより丹念に 専門性とコンテンツ属性
今回は、ニッチな業種ほどホームページ制作においてより丹念にコンテンツを作り込む方が良いといったことをテーマにお送りしていきます。単純に競合相手の多い業種ほど、SEO対策などを含めて、コンテンツ数やWebライティングに注力することが必要になりますが、ニッチな業種の場合は、検索するユーザー層の特性も、一般ユーザーとは異なるため、SEOやコンテンツ制作にかかる費用はそれほど必要でないものの、コンテンツ自体はより丹念に作り込む必要があります。

ニッチな業種ほどホームページ制作はより丹念に 専門性とコンテンツ属性


ホームページ内に設置している古いリンクや相互リンクに要注意
ペンギンアップデート4.0が始まりましたね。ペンギンアップデートはコアアルゴリズムとり自動化されるため、今後細かな調整は、自動化され緩やかにアップデートが続けられていきます。おそらくページ単位での評価へとシフトしていきます。今回は、そんなペンギンアップデートにまつわる「リンク」についてお伝えしていこうと思います。

ホームページ内に設置している古いリンクや相互リンクに要注意


キュレーションサイトを評価することはラーメン通を評価することと同じ
キュレーションメディア、キュレーションサイトとは、いわば、「こんな記事がありました」ということを「まとめ」と称して自分のサイトでうまく流用してサイトコンテンツを増やし、メインドメインパワーを増強させて、他人が作ったコンテンツをまるで自分が作ったかのように再配布して検索エンジンからのアクセスを獲得しようとするサイトです

キュレーションサイトを評価することはラーメン通を評価することと同じ



思わずブラウザブックマークしてしまうホームページやブログ
今回は「思わずブラウザブックマークしてしまうホームページやブログ」と題しまして、近所のお店から店舗としての理想的な経営方法を盗み見したことをホームページやブログへのアクセスと合わせて考えてみたいと思います。ブログや情報サイトであった場合、本来はリピーター確保が最優先されるべき課題であると考えることができます。

思わずブラウザブックマークしてしまうホームページやブログ


束ねて抽象化して具体的に生成する ホームページのコンテンツ制作の掟
今回は、ホームページのコンテンツ制作についてお伝えしていこうと思います。ホームページ制作やコンテンツプランニングにおけるこの抽象化、具体化のプロセスは、オリジナル性の高いコンテンツを制作するにあたって、最適で最短の方法です。また、ホームページに具体的なコンテンツをたくさん生成した時は、そのコンテンツ群を体系化する必要

束ねて抽象化して具体的に生成する ホームページのコンテンツ制作の掟


ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析
ホームページへの集客方法には、検索エンジンを利用するものとソーシャル・ネットワークなどを利用するもの、そしてウェブ以外でのホームページの告知などに大別されます。今回は、ソーシャルでの活動の効果測定時やホームページのSEO効果を測定する場合など、「ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析」について

ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析



Webライティングにおける一貫した文体
以前、「ライティングは雲泥の差 オウンドメディア運営」という少し危な目な記事で少し触れましたが、オウンドメディア運営でコンテンツ配信を行う場合のWebライティングにかかる一貫した文体や豊富な語彙は、高く評価されます。 継続的なコンテンツ配信を行うためにWebライティングサービスの利用などもひとつの手段として考えられますが、印象としては、「ただテキストコンテン

Webライティングにおける一貫した文体


レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス
今回は、レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロスと題しまして、レンタルホームページ・ブログのSEOの設定の制限による限界とホームページ長期運営の際のマーケティング効果の差についてお伝えいたします。SEO設定という項目があっても、設定情報のどの部分が、検索エンジンに対してどのように機能するのかははっきり示されていない

レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス


ホームページの費用対効果を考える上で重要となる「ストック性」
ホームページの存在そのものではなく、「マーケティングツールとしての機能」がしっかりと役割を果たしているか、という点を考慮してホームページの費用対効果を考えると、費やした費用に対する実質的な効果が見えてきます。今回は、ホームページの費用対効果を考える上で重要となる、ホームページのコンテンツの「ストック性」を念頭に置いて、その費用対効果を考えてみたいと思います

ホームページの費用対効果を考える上で重要となる「ストック性」



ホームページを「営業スタッフ」として考えてプランニング・制作すると答えが見えてくる
今回は、「ホームページを『営業スタッフ』として考えてプランニング・制作すると答えが見えてくる」と題しまして、ホームページ全体の企画・コンテンツプランニング、そしてサイト設計について考えてみたいと思います。 先日、古くからの友人と銭湯に行ってきました。 彼は、現在「スーパー営業マン」として、営業成績が全国トップクラス、営業手当だけで三桁に上る不動産関係の上場企

ホームページを「営業スタッフ」として考えてプランニング・制作すると答えが見えてくる


「独自性のある強み」USPをホームページのコンテンツへ
USP(Unique Selling Proposition)とは、直訳すれば「独自の売りの提案」ですが、マーケティングにおいて、サービス提供者が顧客に対して、独自に持つサービスの効用をいかに提案するかというイメージです。 もう少し砕いた表現をすると、「自分たち独自の強み」によって、提供するサービスの利用により、「相手のお役に立てるポイントを明確に提案するこ

「独自性のある強み」USPをホームページのコンテンツへ   Recently updated !


ホームページ素材の特殊加工 画像ボタンの再作成
ウェブサイト・ホームページを構成するパーツである「画像」。 ホームページ用の画像には、写真素材をはじめ、Illustratorなどで制作されたGIFボタンなどがあります。 このGIFボタンなどには、テキスト(文字)が埋めこまれていることがよくあります(ボタンなのですからそれが一般的です)。 最近ではCSSでもある程度のフォントが選べるようになってきましたが、

ホームページ素材の特殊加工 画像ボタンの再作成



コロコロ変わるホームページ活用の方法論の中で揺るぎないもの
前回は、「ホームページ・ウェブサイトの費用対効果」をお伝えしましたが、今回は、「コロコロ変わるホームページ活用の方法論の中で揺るぎないもの」と題しまして、インターネット上や書籍でたくさん囁かれるホームページ活用・ウェブサイト活用、Webマーケティング方法、オウンドメディア運営、SEOなどの方法論の中で、がんじがらめになる前に押さえておきたいたった2つのポイン

コロコロ変わるホームページ活用の方法論の中で揺るぎないもの


ホームページ・ウェブサイトの費用対効果
今回は、人とお会いする度に最もご質問の多い「ホームページ・ウェブサイトの費用対効果」についてお伝えしていきます。 「ホームページ・ウェブサイトって意味あるの?」 「ホームページってタダで作れるって聞いたけど」 「制作費用に対して元が取れるの?」 事業主様なら真っ先に浮かぶホームページ・ウェブサイトの運営とマーケティング効果という費用に対してのリターンの話題で

ホームページ・ウェブサイトの費用対効果


たった1ページの「ホームページ」を活かすなら
今回は、たった1ページの「ホームページ」を活かすなら、というタイトルで、ホームページの活用についてお伝えしていきます。もし、ウェブサイトの中身がたった1ページのトップページしかない、まさしく「ホームページ」だった場合、どのようなサイトにされますか?あえて2000文字しか掲載しない、という制限があった場合、どんなサイトにされるでしょうか?といったことについてお伝えしていきます

たった1ページの「ホームページ」を活かすなら



ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら