ウェブマーケティング

ウェブマーケティングに関する記事
Webマーケティング


ホームページのリニューアルは目的を明確にして再設計すると成功する
ホームページのリニューアルを行う時、改めてホームページの目的を明確にして、サイト構造やコンテンツ内容を再設計すると、リニューアル費用に見合った成果を期待することができます。軸となるのは「ホームページの目的を明確にして再設計する」という点、Webマーケティングのゴールから逆算するという点になりますが、ホームページリニューアルにはホームページの新規制作では発生しない問題点もたくさんありますので、それを踏まえてリニューアル全般とホームページリニューアルにまつわる成功のキーポイントについて考えてみたいと思います。

ホームページのリニューアルは目的を明確にして再設計すると成功する


新規開業・独立・起業時にまずやるべきWeb集客方法
新規開業・独立・起業時にまずやるべきWeb集客方法について新しく起業し独立開業した時、Webを活用したマーケティングに興味を持たれるのは普通ですし、そうした興味は非常に良いことです。しかしながら、Web集客方法は実に無数にあり、まったく初心者の頃はWeb集客に可能性を感じていたとしても、どこから手を付けていいのかわかりません。Web集客方法の選択肢が多いということは、それだけ選択のストレスが多いことも意味します。Web集客の典型的失敗例や開業・独立・起業時から成功したWeb集客の特徴などを確認しながら、新規開業・独立・起業時にまずやるべき、費用対効果、時間対効果の高いWeb集客方法について考えていきましょう

新規開業・独立・起業時にまずやるべきWeb集客方法


ネット集客を叶えるための効果的なWeb集客のコツは土台となるホームページの制作、そしてコンテンツの作り込みです。 どうすれば、ネット集客がうまくいくのか? そうした疑問を持たれる事自体はすばらしいことです。 様々な企業がネット集客の可能性を感じ、次々に現れるWeb集客方法に飛びつきながら何の成果も得られず失敗に終わっています。 その理由のほとんどは、ネット集

ネット集客 効果的なWeb集客のコツは土台となるホームページの制作から



私たちがSEOを重視しSEO内部対策に重点を置く理由
「私たちがSEOを重視しSEO内部対策に重点を置く理由」について 私たちのSEOが、特定のキーワードでの検索結果上位表示であったり、SEOによるアクセスアップだけに着目する「一般的なSEO対策」ではないという旨をお伝えし、同時になぜSEO内部対策にのみ重点的に取り組むのかという根本的なビジョンについてお伝えしていきます。

私たちがSEOを重視しSEO内部対策に重点を置く理由


初期のうちは数あるホームページ集客方法の中から絞込みを行う
ホームページ制作の後の公開後、Webマーケティング開始の初期段階のうちは、数あるホームページ集客方法の中から絞込みを行うことが望ましい場合があります。 ホームページ集客方法にはたくさん方法論が存在し、企業の業種や地域特性、ターゲット層などによって効果的な方法はそれぞれ異なります。 ホームページの集客方法など、各種Web集客方法、Webマーケティング方法につい

初期のうちは数あるホームページ集客方法の中から絞込みを行う


ホームページ制作やSEOの全体像を把握して設計する
ホームページ制作やSEOの全体像を把握してホームページを設計していくことは、その後の改良のしやすさ、Webマーケティング施策に大きく影響を与えます。 ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、ホームページ制作を開始する前や、SEOを実施する前に、ホームページの目的やUSPの再確認、そしてモデルの把握などをもう一度お話の上で確認させていただいてい

ホームページ制作やSEOの全体像を把握して設計する



SEOは単なる特定のキーワードでの検索上位表示によるWebマーケティング方法ではない
「SEOは単なる特定のキーワードでの検索上位表示によるWebマーケティング方法ではない」というタイトルで、非常に単純なトランザクションクエリでの検索結果上位表示によるWebマーケティングからの脱却と、ホームページのSEO自体がそういった目的のためだけではないという点について。未だにSEOやSEO対策というと、わかりやすいキーワードで検索結果上位に表示させることで、ニーズが顕在化したユーザーの囲い込みを行おうという風潮があります

SEOは単なる特定のキーワードでの検索上位表示によるWebマーケティング方法ではない


電話営業や訪問営業とWebマーケティングの決定的な違い
今回は、「電話営業や訪問営業とWebマーケティングの決定的な違い」と題しまして、所謂「営業」と「マーケティング」の違いに触れながら、ホームページ制作会社を例として、電話営業や訪問営業とWebマーケティングの違いについてお伝えしていきます。 営業とマーケティングの違いは、極端に言うと、「売りに行って買ってもらう行動」と「自然と売れる仕組み」の違いです。そしてW

電話営業や訪問営業とWebマーケティングの決定的な違い


無料ではホームページへの集客ができない場合
無料でもホームページへの集客ができるのか、はたまた、無料ではホームページへの集客ができないのか? そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。 あなたは無料ホームページを利用して見込み客からの問い合わせを獲得したことがあるでしょうか? 無料のホームページやブログを利用し、無料でホームページ集客を叶え、その結果ビジネスに繋がったのであれば問題はありません。 しかし

無料ではホームページへの集客ができない場合



WebマーケティングやSEOのデータ分析は投資分析に近い
WebマーケティングやSEOのデータ分析は投資分析に近い要素が盛りだくさんで、投資や金融の勉強をしておいてよかったと思うことがあります。今回は、株式投資をするような感覚でWebマーケティングやSEOのデータ分析をしてみましょう、というような旨をお伝えしていきます。

WebマーケティングやSEOのデータ分析は投資分析に近い


webマーケティングセミナー20170323
去る3月23日、前年と同じようなタイミングで(昨年は3/24でした)滋賀・京都の経営者の集まる異業種交流会わかば会の3月定例会にてWebマーケティングセミナー開催しました。会場は前回と同じく滋賀県草津市の草津駅前エルティ932の4階会議室です。 今回は助手一名を引き連れてのセミナー開催です。一般的に多数の企業がホームページからの集客などに成功していない状況の

Webマーケティングセミナーを開催 滋賀県草津市


ホームページからの問い合わせを増やすための方法
ホームページを制作し現在も公開している企業であるならば、どのような状態であっても常にホームページからの問い合わせを増やすために改善策を講じていく必要があります。 ホームページをWebマーケティング利用するにあたり注目したいのは、ホームページもその中のコンテンツも常にアップデートしていく必要があるという点です。 「どうすればホームページからの問い合わせが増える

ホームページからの問い合わせを増やすための方法



Google Analyticsの直帰率を気にしなくていい理由
今回は、いままであまり触れてこなかったアクセス解析について少しだけお伝えしようと思います。 アクセス解析としてGoogle Analyticsを導入されているケースも多いかと存じますが、そのアクセス解析データの中の「直帰率」に関してです。 直帰率とは、その名のごとくホームページにやってきたユーザーが、最初に訪れたページだけ見てすぐに去ってしまう率のことを指し

Google Analyticsの直帰率を気にしなくていい理由


ペルソナマーケティング 私が提唱する最強の「ペルソナ設定」
Webマーケティングや一般的なマーケティングの分野で、あなたはペルソナマーケティングやペルソナの設定という言葉を耳にしたことはあるだろうか? 「効果的なマーケティングのためにはペルソナの設定は欠かせない」 「ペルソナの設定はWebマーケティングに必要な要素のひとつ」 マーケティング全般でこうした話題は所々で目にするだろう。 しかしどの情報も、本来の意味での、

ペルソナマーケティング 私が提唱する最強の「ペルソナ設定」


コンテンツマーケティングのメリットとデメリット
今回は、コンテンツマーケティングのメリットとデメリットについてお伝えします。 「コンテンツマーケティング」のページでもお伝えしているのですが、「埋もれていて発見しにくい」ため、このWeb制作・Web関連にも更に詳しくプラスアルファバージョンを掲載いたします。「いやいやそもそもコンテンツマーケティングとは?」と思われた方は先のリンクをご参照ください。 京都では

コンテンツマーケティングのメリットとデメリット



今回は、ホームページ制作を少し離れて、「Webマーケティングの基本的な考え方」について触れていきたいと思います。 Webマーケティングにはたくさんの方法論がありますが、基本を押さえないと次々に現れる方法に翻弄されてしまいます。トレンドを追いかけても、一過性の成果しか挙げられないのは目に見えているので、まずはWebマーケティングの基本に忠実になり、土台を作る方

Webマーケティングの基本的な考え方を理解してトレンドから脱却しよう


ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する
今回は、「ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する」というタイトルで、ホームページの目的を入念に設定することの重要性についてお伝えしようと思います。ホームページの目的がぼやけたままホームページ制作を行ってしまうケースがあり、その状態だとホームページを公開してもほとんど無意味になってしまうケースがよくあるからです。 1月に入り、京都でも大雪

ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する


あなたのホームページに「お問い合わせ」が来ない本当の理由
あなたがホームページを公開しているのに「お問い合わせ」が来ない場合には、幾つかの特徴や原因があり、「お問い合わせが来ない理由」が存在しています。 「ホームページから問い合わせが来ない…それどころか問い合わせが来たことがない」 「問い合わせ以前に、ホームページにアクセスすら無い…」 ホームページへの問い合わせが全くない状態からの脱却や、ホームページからの問い合

あなたのホームページに「お問い合わせ」が来ない本当の理由



ホームページを有効活用するためのチェックポイント
ホームページを有効活用するためには、様々なチェックポイントがあります。 ホームページは一旦制作すると、大幅なリニューアルを検討する頃までしばらくの間、そのままにしておくということが一般的であると考えられます。 「良いお店」は、認知度があったり、店の作りが最適になっているだけでなく、人が出入りして「活気のあるお店」であるイメージが非言語的な要素として店舗集客に

ホームページを有効活用するためのチェックポイント


SNS活用 ソーシャルメディアマーケティング 2017新春Pick up
みなさまあけましておめでとうございます!本日よりホームページ制作業務スタートです。 ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレです! 本年もどうぞよろしくお願いいたします! 第一弾の「ECサイト・ネットショップ制作」、第二弾の「Webマーケティング」、第三弾「SEO・SEO対策」、第四弾「WordPress」、第五弾「コンテンツマーケティング」に引き

SNS活用 ソーシャルメディアマーケティング 2017新春Pick up


コンテンツマーケティング 2017新春Pick up
第五弾は「コンテンツマーケティング」です。コンテンツマーケティングとは、文字通り「コンテンツ」を活かしたマーケティングで、Webマーケティングにおいては、「コンテンツページ」や画像、動画などを配信してマーケティングにつなげる方法です。Webマーケティングには、たくさんの方法があります。しかし、どの方法も、結局は情報の中身である「コンテンツ」がカギになります

コンテンツマーケティング 2017新春Pick up



Webマーケティング 2017新春Pick up
第一弾の「ECサイト・ネットショップ制作」に引き続き、第二弾は、「Webマーケティング」です。Webマーケティングとは?Webマーケティングとは、企業のマーケティング活動の中でWeb上で繰り広げられる経済活動全般を指します。「マーケティング」というコトバはいまいちややこしい単語です。弊社では、汎く「販売」や「営業」や「販促」などなど、それらを包括する経済活動全般を指していると定義しています

Webマーケティング 2017新春Pick up


SEOやアクセスアップの実績をごまかす人たち
「SEOはうさんくさい」とよく言われますが、「SEOに強いホームページ制作会社」と謳うところは数多くあります。 Webマーケティングの効果を高める要素のひとつとして、SEOによるアクセスアップも一つの要素となりますが、そうしたSEOの実績をごまかすケースもあるようです。 京都という土地柄の影響からか、先日から連日のように大学生の方などからSEOなどに関しての

SEOやアクセスアップの実績をごまかす人たち


ホームページ制作やコンテンツマーケティングでいちばん大切なこと
「ホームページ制作で大切なこと」ということになれば、エラーが出ないとか、デザインが美しいとか、見せ方がうまいとか、、「どうやってホームページにアクセスしてもらうか?」という点で考えれば、SEOとかリスティング広告とか、そういうWebマーケティング的なこともポイントとなってきます。しかし、それより何より大切なのは、ホームページ制作において込められるメッセージではないでしょうか?

ホームページ制作やコンテンツマーケティングでいちばん大切なこと



「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」 では「営業の本質」を考えましょう
今回は、「『ホームページは24時間働く営業スタッフだ』では『営業の本質』を考えましょう」、というタイトルで、営業の本質について少し考えてみたいと思います。「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」ということは、企業のWeb活用が叫ばれてから、決めゼリフのようにいつも言われているような言葉です。確かにその通りなのですが、営業スタッフの中にも、「すごい影響成績をあげる人」と「毎月ほぼボウズの人」がいるという事実は忘れられがちです

「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」 では「営業の本質」を考えましょう


ペルソナとWebマーケティングの関係
久しぶりにペルソナとWebマーケティングの関係について触れようと思います。前回の「Webマーケティングにおけるペルソナとモデル」では、Webマーケティングの分野での「ペルソナ」という言葉はもう使わないと宣言しました(今回も、本質的なペルソナの意味を変えるような表現はしませんが…)。 しかしながら、先日、スマートフォン世代とされる若い世代の方々とお話する機会が

ペルソナとWebマーケティングの関係


ニッチな業種ほどホームページ制作はより丹念に 専門性とコンテンツ属性
今回は、ニッチな業種ほどホームページ制作においてより丹念にコンテンツを作り込む方が良いといったことをテーマにお送りしていきます。単純に競合相手の多い業種ほど、SEO対策などを含めて、コンテンツ数やWebライティングに注力することが必要になりますが、ニッチな業種の場合は、検索するユーザー層の特性も、一般ユーザーとは異なるため、SEOやコンテンツ制作にかかる費用はそれほど必要でないものの、コンテンツ自体はより丹念に作り込む必要があります。

ニッチな業種ほどホームページ制作はより丹念に 専門性とコンテンツ属性



Web上でのお店探し どのようなランキングや情報を信用するか
Web制作会社・ホームページ制作会社にもランキングがあるようですが、どのようなランキング基準なのかが疑問です。 何でもかんでも「ランキング」の時代ですが、Web制作・ホームページ制作は、発注企業によってニーズが違いますし、何をもってランキング基準とするのか 先日、元同業(Web制作会社)の方と久しぶりに再開した時に、こんなことを聞かれました。「ネットでおいしいお店を探すときには、どうやって探されていますか?」「Web上でのお店探し どのようなランキングや情報を信用するか」と題しまして、ウェブだけでなく様々な「ランキング」そのものやWeb上での「お店探し」についてお伝えしていこうと思います。

Web上でのお店探し どのようなランキングや情報を信用するか


思わずブラウザブックマークしてしまうホームページやブログ
今回は「思わずブラウザブックマークしてしまうホームページやブログ」と題しまして、近所のお店から店舗としての理想的な経営方法を盗み見したことをホームページやブログへのアクセスと合わせて考えてみたいと思います。ブログや情報サイトであった場合、本来はリピーター確保が最優先されるべき課題であると考えることができます。

思わずブラウザブックマークしてしまうホームページやブログ


ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析
ホームページへの集客方法には、検索エンジンを利用するものとソーシャル・ネットワークなどを利用するもの、そしてウェブ以外でのホームページの告知などに大別されます。今回は、ソーシャルでの活動の効果測定時やホームページのSEO効果を測定する場合など、「ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析」について

ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析



コンバージョンに繋がるホームページアクセスのためのSEO
「コンバージョンに繋がるホームページアクセスのためのSEO」と題しまして、ウェブマーケティングのコンバージョン獲得のため本当に有効なホームページへのアクセスや有効なSEOについて考えてみたいと思います。クリック率向上のための効果的なタイトル付け有効なアクセス数向上へのSEO ページを増やすことはプラスにもマイナスにも働く

コンバージョンに繋がるホームページアクセスのためのSEO


レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス
今回は、レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロスと題しまして、レンタルホームページ・ブログのSEOの設定の制限による限界とホームページ長期運営の際のWebマーケティング効果の差についてお伝えいたします。SEO設定という項目があっても、設定情報のどの部分が、検索エンジンに対してどのように機能するのかははっきり示されていない

レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス


ホームページの費用対効果を考える上で重要となる「ストック性」
ホームページの存在そのものではなく、「マーケティングツールとしての機能」がしっかりと役割を果たしているか、という点を考慮してホームページの費用対効果を考えると、費やした費用に対する実質的な効果が見えてきます。今回は、ホームページの費用対効果を考える上で重要となる、ホームページのコンテンツの「ストック性」を念頭に置いて、その費用対効果を考えてみたいと思います

ホームページの費用対効果を考える上で重要となる「ストック性」



ホームページを「営業スタッフ」として考えてプランニング・制作すると答えが見えてくる
今回は、「ホームページを『営業スタッフ』として考えてプランニング・制作すると答えが見えてくる」と題しまして、ホームページ全体の企画・コンテンツプランニング、そしてサイト設計について考えてみたいと思います。 先日、古くからの友人と銭湯に行ってきました。 彼は、現在「スーパー営業マン」として、営業成績が全国トップクラス、営業手当だけで三桁に上る不動産関係の上場企

ホームページを「営業スタッフ」として考えてプランニング・制作すると答えが見えてくる


「独自性のある強み」USPをホームページのコンテンツへ
USP(Unique Selling Proposition)とは、直訳すれば「独自の売りの提案」ですが、マーケティングにおいて、サービス提供者が顧客に対して、独自に持つサービスの効用をいかに提案するかというイメージです。 もう少し砕いた表現をすると、「自分たち独自の強み」によって、提供するサービスの利用により、「相手のお役に立てるポイントを明確に提案するこ

「独自性のある強み」USPをホームページのコンテンツへ


「店頭ボード」と「ホームページ」 Webマーケティング視点からの再考
Webマーケティング視点からの再考ということで、今回は、実社会の店舗で行われる販促活動「店頭ボード」の利用と「ホームページ」の類似点、相違点について考えてみます。 お店の店先に置いてある「店頭ボード」。 店頭ボードって面白いですよね。 ホームページの活用を考えた時、Webマーケティング視点からの活用法を考える上で、リアルなマーケティングの工夫は非常に参考にな

「店頭ボード」と「ホームページ」Webマーケティング視点からの再考



ホームページ制作・カスタマイズ、Webマーケティング・SEOなどのお問い合わせ・ご依頼