ウェブマーケティング

ウェブマーケティングに関する記事
Webマーケティング


ホームページからの問い合わせを増やすための方法
ホームページを制作し現在も公開している企業であるならば、どのような状態であっても常にホームページからの問い合わせを増やすために改善策を講じていく必要があります。 ホームページをWebマーケティング利用するにあたり注目したいのは、ホームページもその中のコンテンツも常にアップデートしていく必要があるという点です。 日々競合サイトが力をつけていく中、既に安定的にホ

ホームページからの問い合わせを増やすための方法   Recently updated !


Google Analyticsの直帰率を気にしなくていい理由
今回は、いままであまり触れてこなかったアクセス解析について少しだけお伝えしようと思います。 ページの直帰率をどうやって改善するか、といった話題や、ホームページを訪れたユーザーに直帰されないようにするための工夫などについてよく書かれていますが、こうした直帰率についての概要とWebマーケティングの本質的な意味での直帰率の影響を考えてみたいと思います。 旧来からホ

Google Analyticsの直帰率を気にしなくていい理由   Recently updated !


ペルソナマーケティング 私が提唱する最強の「ペルソナ設定」
Webマーケティングや一般的なマーケティングの分野で、あなたはペルソナマーケティングやペルソナの設定という言葉を耳にしたことはあるだろうか? 「効果的なマーケティングのためにはペルソナの設定は欠かせない」 「ペルソナの設定はWebマーケティングに必要な要素のひとつ」 マーケティング全般でこうした話題は所々で目にするだろう。 しかしどの情報も、本来の意味での、

ペルソナマーケティング 私が提唱する最強の「ペルソナ設定」   Recently updated !



コンテンツマーケティングのメリットとデメリット
今回は、コンテンツマーケティングのメリットとデメリットについてお伝えします。 「コンテンツマーケティング」のページでもお伝えしているのですが、「埋もれていて発見しにくい」ため、このWeb制作・Web関連にも更に詳しくプラスアルファバージョンを掲載いたします。「いやいやそもそもコンテンツマーケティングとは?」と思われた方は先のリンクをご参照ください。 京都では

コンテンツマーケティングのメリットとデメリット   Recently updated !


今回は、ホームページ制作を少し離れて、「Webマーケティングの基本的な考え方」について触れていきたいと思います。 弊社は制作会社ですが、「Webマーケティング会社」でもあります。 ホームページ制作会社というと、「お客様から言われたとおりにホームページを作る会社」というようなイメージがあります。それは制作会社としてのいわば最低限必要な業務範囲ですが、「何を目的

Webマーケティングの基本的な考え方を理解してトレンドから脱却しよう


ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する
今回は、「ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する」というタイトルで、ホームページの目的を入念に設定することの重要性についてお伝えしようと思います。 1月に入り、京都でも大雪が降ったり気温がマイナスになる日もありましたが、ここ最近は暖かい日差しの日もあります。 暖かい日に外に出ると、寒い日に比べて足の緊張感がほわっとほぐれていくような気が

ホームページ制作を行う前にホームページの明確な目的を決定する



あなたのホームページに「お問い合わせ」が来ない本当の理由
あなたがホームページを公開しているのに「お問い合わせ」が来ない場合には、幾つかの特徴や原因があり、「お問い合わせが来ない理由」が存在しています。 ホームページへの問い合わせが全くない状態からの脱却や、ホームページからの問い合わせ数をより増やすためには、いくつか重点的に検討すべきポイントがあります。 前回、ホームページを有効活用するための様々なチェックポイント

あなたのホームページに「お問い合わせ」が来ない本当の理由


ホームページを有効活用するためのチェックポイント
ホームページを有効活用するためには、様々なチェックポイントがあります。 ホームページは一旦制作すると、大幅なリニューアルを検討する頃までしばらくの間、そのままにしておくということが一般的であると考えられます。 「良いお店」は、認知度があったり、店の作りが最適になっているだけでなく、人が出入りして「活気のあるお店」であるイメージが非言語的な要素として店舗集客に

ホームページを有効活用するためのチェックポイント


SNS活用 ソーシャルメディアマーケティング 2017新春Pick up
みなさまあけましておめでとうございます!本日よりホームページ制作業務スタートです。 ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレです! 本年もどうぞよろしくお願いいたします! 第一弾の「ECサイト・ネットショップ制作」、第二弾の「Webマーケティング」、第三弾「SEO・SEO対策」、第四弾「WordPress」、第五弾「コンテンツマーケティング」に引き

SNS活用 ソーシャルメディアマーケティング 2017新春Pick up



コンテンツマーケティング 2017新春Pick up
第五弾は「コンテンツマーケティング」です。コンテンツマーケティングとは、文字通り「コンテンツ」を活かしたマーケティングで、Webマーケティングにおいては、「コンテンツページ」や画像、動画などを配信してマーケティングにつなげる方法です。Webマーケティングには、たくさんの方法があります。しかし、どの方法も、結局は情報の中身である「コンテンツ」がカギになります

コンテンツマーケティング 2017新春Pick up   Recently updated !


Webマーケティング 2017新春Pick up
第一弾の「ECサイト・ネットショップ制作」に引き続き、第二弾は、「Webマーケティング」です。Webマーケティングとは? Webマーケティングとは、企業のマーケティング活動の中でWeb上で繰り広げられる経済活動全般を指します。 「マーケティング」というコトバはいまいちややこしい単語です。弊社では、汎く「販売」や「営業」や「販促」などなど、それらを包括する経済活動全般を指していると定義しています

Webマーケティング 2017新春Pick up   Recently updated !


SEOやアクセスアップの実績をごまかす人たち
「SEOはうさんくさい」とよく言われますが、「SEOに強いホームページ制作会社」と謳うところは数多くあります。 先日から、連日のように大学生の方などから「アルバイトの申込み」を頂いています。しかし、SEOはそれほど簡単ではありません。 「SEOに強い」というのは簡単ですが、技術的な詳細はさておき、お客さまに「なぜ検索順位が上がったか?」や「なぜアクセス数が伸

SEOやアクセスアップの実績をごまかす人たち



ホームページ制作やコンテンツマーケティングでいちばん大切なこと
「ホームページ制作で大切なこと」ということになれば、エラーが出ないとか、デザインが美しいとか、見せ方がうまいとか、、「どうやってホームページにアクセスしてもらうか?」という点で考えれば、SEOとかリスティング広告とか、そういうWebマーケティング的なこともポイントとなってきます。しかし、それより何より大切なのは、ホームページ制作において込められるメッセージではないでしょうか?

ホームページ制作やコンテンツマーケティングでいちばん大切なこと


「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」 では「営業の本質」を考えましょう
今回は、「『ホームページは24時間働く営業スタッフだ』では『営業の本質』を考えましょう」、というタイトルで、営業の本質について少し考えてみたいと思います。「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」ということは、企業のWeb活用が叫ばれてから、決めゼリフのようにいつも言われているような言葉です。確かにその通りなのですが、営業スタッフの中にも、「すごい影響成績をあげる人」と「毎月ほぼボウズの人」がいるという事実は忘れられがちです

「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」 では「営業の本質」を考えましょう


ペルソナとWebマーケティングの関係
久しぶりにペルソナとWebマーケティングの関係について触れようと思います。前回の「Webマーケティングにおけるペルソナとモデル」では、Webマーケティングの分野での「ペルソナ」という言葉はもう使わないと宣言しました(今回も、本質的なペルソナの意味を変えるような表現はしませんが…)。 しかしながら、先日、スマートフォン世代とされる若い世代の方々とお話する機会が

ペルソナとWebマーケティングの関係



ニッチな業種ほどホームページ制作はより丹念に 専門性とコンテンツ属性
今回は、ニッチな業種ほどホームページ制作においてより丹念にコンテンツを作り込む方が良いといったことをテーマにお送りしていきます。単純に競合相手の多い業種ほど、SEO対策などを含めて、コンテンツ数やWebライティングに注力することが必要になりますが、ニッチな業種の場合は、検索するユーザー層の特性も、一般ユーザーとは異なるため、SEOやコンテンツ制作にかかる費用はそれほど必要でないものの、コンテンツ自体はより丹念に作り込む必要があります。

ニッチな業種ほどホームページ制作はより丹念に 専門性とコンテンツ属性


Web上でのお店探し どのようなランキングや情報を信用するか
先日、元同業(Web制作会社)の方と久しぶりに再開した時に、こんなことを聞かれました。「ネットでおいしいお店を探すときには、どうやって探されていますか?」「ネットでは探さない。そのエリアに住んでいる知人に聞く」と答えたか否かは、さておきまして、今回は、「Web上でのお店探し どのようなランキングや情報を信用するか」と題しまして、ウェブだけでなく様々な「ランキング」そのものやWeb上での「お店探し」についてお伝えしていこうと思います。

Web上でのお店探し どのようなランキングや情報を信用するか


思わずブラウザブックマークしてしまうホームページやブログ
今回は「思わずブラウザブックマークしてしまうホームページやブログ」と題しまして、近所のお店から店舗としての理想的な経営方法を盗み見したことをホームページやブログへのアクセスと合わせて考えてみたいと思います。ブログや情報サイトであった場合、本来はリピーター確保が最優先されるべき課題であると考えることができます。

思わずブラウザブックマークしてしまうホームページやブログ



ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析
ホームページへの集客方法には、検索エンジンを利用するものとソーシャル・ネットワークなどを利用するもの、そしてウェブ以外でのホームページの告知などに大別されます。今回は、ソーシャルでの活動の効果測定時やホームページのSEO効果を測定する場合など、「ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析」について

ホームページへの集客方法によって異なるアクセス解析


コンバージョンに繋がるホームページアクセスのためのSEO
今回は、「コンバージョンに繋がるホームページアクセスのためのSEO」と題しまして、ウェブマーケティングのコンバージョン獲得のため本当に有効なホームページへのアクセスや有効なSEOについて考えてみたいと思います。クリック率向上のための効果的なタイトル付け有効なアクセス数向上へのSEO ページを増やすことはプラスにもマイナスにも働く

コンバージョンに繋がるホームページアクセスのためのSEO


レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス
今回は、レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロスと題しまして、レンタルホームページ・ブログのSEOの設定の制限による限界とホームページ長期運営の際のマーケティング効果の差についてお伝えいたします。SEO設定という項目があっても、設定情報のどの部分が、検索エンジンに対してどのように機能するのかははっきり示されていない

レンタルホームページ・ブログのSEOのパワーロス



ホームページの費用対効果を考える上で重要となる「ストック性」
ホームページの存在そのものではなく、「マーケティングツールとしての機能」がしっかりと役割を果たしているか、という点を考慮してホームページの費用対効果を考えると、費やした費用に対する実質的な効果が見えてきます。今回は、ホームページの費用対効果を考える上で重要となる、ホームページのコンテンツの「ストック性」を念頭に置いて、その費用対効果を考えてみたいと思います

ホームページの費用対効果を考える上で重要となる「ストック性」


ホームページを「営業スタッフ」として考えてプランニング・制作すると答えが見えてくる
今回は、「ホームページを『営業スタッフ』として考えてプランニング・制作すると答えが見えてくる」と題しまして、ホームページ全体の企画・コンテンツプランニング、そしてサイト設計について考えてみたいと思います。 先日、古くからの友人と銭湯に行ってきました。 彼は、現在「スーパー営業マン」として、営業成績が全国トップクラス、営業手当だけで三桁に上る不動産関係の上場企

ホームページを「営業スタッフ」として考えてプランニング・制作すると答えが見えてくる


「独自性のある強み」USPをホームページのコンテンツへ
USP(Unique Selling Proposition)とは、直訳すれば「独自の売りの提案」ですが、マーケティングにおいて、サービス提供者が顧客に対して、独自に持つサービスの効用をいかに提案するかというイメージです。 もう少し砕いた表現をすると、「自分たち独自の強み」によって、提供するサービスの利用により、「相手のお役に立てるポイントを明確に提案するこ

「独自性のある強み」USPをホームページのコンテンツへ



「店頭ボード」と「ホームページ」 Webマーケティング視点からの再考
今回は、実社会の店舗で行われる販促活動「店頭ボード」の利用と「ホームページ」の類似点、相違点について考えてみます。 お店の店先に置いてある「店頭ボード」。 店頭ボードって面白いですよね。 ホームページの活用を考えた時、Webマーケティング視点からの活用法を考える上で、リアルなマーケティングの工夫は非常に参考になります。 WebマーケティングとDigitalマ

「店頭ボード」と「ホームページ」 Webマーケティング視点からの再考


オウンドメディアの「脱・モノまねコンテンツ」 心理学と市場の変動
今回は、オウンドメディア運営の「脱・モノまねコンテンツ」をテーマにお送りしていきます。 ウェブの世界では「コンテンツの時代が来た」とよく言われています。同時に「コンテンツマーケティング」についてもよく話題になっています。 Webマーケティングには「コンテンツ」が欠かせないことは確かです。 Web制作会社(ホームページ制作会社)である私たちの会社でも、ホームペ

オウンドメディアの「脱・モノまねコンテンツ」 心理学と市場の変動


コロコロ変わるホームページ活用の方法論の中で揺るぎないもの
前回は、「ホームページ・ウェブサイトの費用対効果」をお伝えしましたが、今回は、「コロコロ変わるホームページ活用の方法論の中で揺るぎないもの」と題しまして、インターネット上や書籍でたくさん囁かれるホームページ活用・ウェブサイト活用、Webマーケティング方法、オウンドメディア運営、SEOなどの方法論の中で、がんじがらめになる前に押さえておきたいたった2つのポイン

コロコロ変わるホームページ活用の方法論の中で揺るぎないもの



ホームページ・ウェブサイトの費用対効果
今回は、人とお会いする度に最もご質問の多い「ホームページ・ウェブサイトの費用対効果」についてお伝えしていきます。 「ホームページ・ウェブサイトって意味あるの?」 「ホームページってタダで作れるって聞いたけど」 「制作費用に対して元が取れるの?」 事業主様なら真っ先に浮かぶホームページ・ウェブサイトの運営とマーケティング効果という費用に対してのリターンの話題で

ホームページ・ウェブサイトの費用対効果


リスティング広告失敗事例 検索で地域トップのサイトがリスティングを活用した場合
今回は、リスティング広告活用の失敗事例をお伝えしていきます。ウェブマーケティングの方法はウェブサイト(ホームページ)の活用が軸になりますが、サイトのSEOに不足があったり、コンテンツが不足している状態では自然検索からのアクセスが見込めないケースがよくあります。そんな時に即効性があるのがリスティング広告です

リスティング広告失敗事例 検索で地域トップのサイトがリスティングを活用した場合


ウェブ上でのマーケットインに偏りがちなウェブマーケティングやSEOからもう一歩先へ
今回は、WebマーケティングやSEOについて、様々な情報が飛び交う中、小学生の時から考えていたマーケットインとプロダクトアウトについて、少し考えてみたことをお伝えしていきます。 Webマーケティング SEO(検索エンジン最適化) 先日、いつも仲良くさせていただいている、全く異業種の社長さんとお話させていただきました。 マーケティング全般から組織運営などなどた

ウェブ上でのマーケットインに偏りがちなウェブマーケティングやSEOからもう一歩先へ



湾岸ミッドナイトに学ぶSEOの気付き
以前の「頭文字Dに学ぶウェブサイト制作の気付き」同様、Web制作・Web関連カテゴリでも良いのですが、今回も雑談程度に書いてみようと思ったため、こちらに投稿します。 頭文字Dと同様、湾岸ミッドナイトも、SEMやSEOに関してたくさんの発見があります。 両者とも、ゲームセンターに行くとだいたい隣同士か表裏で並べられており、対比されることの多い漫画ですが、どちら

湾岸ミッドナイトに学ぶSEOの気付き


たった1ページの「ホームページ」を活かすなら
今回は、たった1ページの「ホームページ」を活かすなら、というタイトルで、ホームページの活用についてお伝えしていきます。もし、ウェブサイトの中身がたった1ページのトップページしかない、まさしく「ホームページ」だった場合、どのようなサイトにされますか?あえて2000文字しか掲載しない、という制限があった場合、どんなサイトにされるでしょうか?といったことについてお伝えしていきます

たった1ページの「ホームページ」を活かすなら


Facebookの投稿リーチ数 すべての友達には投稿メッセージが届かない
ソーシャルネットワークについて言及するのは、ほとんど初めてだと思いますFacebookの投稿リーチ数 すべての友達には投稿メッセージが届かないという表題通り、Facebookでの投稿は、すべての友達、すべてのフォロワーにメッセージは届かない傾向があることが確定的になってきたので、備忘録的に記事を投稿します。この「Facebookの投稿リーチ数 すべての友達には投稿メッセージが届かない」という投稿

Facebookの投稿リーチ数 すべての友達には投稿メッセージが届かない



ホームページのコンテンツ改良の必要性と期間限定コンテンツ
今回は、サイトの改良、コンテンツの改良の必要性についてお伝えします。どんな良質のコンテンツも、それを作った段階では、100%の完成度であるかどうかはわかりません。サービス内容のページであっても、価格表などの「事実としての情報」以外にも、伝えておくべき点は探せばたくさんあります。そんな時にヒントとなるのが実際の顧客からの声です

ホームページのコンテンツ改良の必要性と期間限定コンテンツ


SEO業者の手法「リンク販売」
かねてより、弊社の一部のお客さまのもとに、SEO業者(SEO会社)からの勧誘が行われているようです。こうしたSEO業者の手法は「リンク販売」であり、それはSEOではありません。SEO業者のサービス内容をお伺いしたところ、サイトの改良を伴わない月額サービスによる検索結果順位向上というサービス内容のようです

SEO業者の手法「リンク販売」=それはSEOではありません   Recently updated !


ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレ
お客さまにおかれましては、「リンク販売」等を行うSEO業者の勧誘にご注意いただきますようよろしくお願いいたします。かねてより、一部のお客さまのもとに、「今回ホームページを改良された目的は何でしょうか?SEOでしょうか?広告費としてSEOにかけられる予算は?」といった旨の勧誘が絶えないというお問い合わせを頂いております

リンク販売等を行うSEO業者にご注意ください



ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら