ウェブPR

ウェブPRに関する記事 ウェブサイト(ホームページ)やSNS、ウェブサービスによるウェブPRについて


コンテンツマーケティングのメリットとデメリット
今回は、コンテンツマーケティングのメリットとデメリットについてお伝えします。 「コンテンツマーケティング」のページでもお伝えしているのですが、「埋もれていて発見しにくい」ため、このWeb制作・Web関連にも更に詳しくプラスアルファバージョンを掲載いたします。「いやいやそもそもコンテンツマーケティングとは?」と思われた方は先のリンクをご参照ください。 京都では

コンテンツマーケティングのメリットとデメリット


SNS活用 ソーシャルメディアマーケティング 2017新春Pick up
みなさまあけましておめでとうございます!本日よりホームページ制作業務スタートです。 ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレです! 本年もどうぞよろしくお願いいたします! 第一弾の「ECサイト・ネットショップ制作」、第二弾の「Webマーケティング」、第三弾「SEO・SEO対策」、第四弾「WordPress」、第五弾「コンテンツマーケティング」に引き

SNS活用 ソーシャルメディアマーケティング 2017新春Pick up


「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」 では「営業の本質」を考えましょう
今回は、「『ホームページは24時間働く営業スタッフだ』では『営業の本質』を考えましょう」、というタイトルで、営業の本質について少し考えてみたいと思います。「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」ということは、企業のWeb活用が叫ばれてから、決めゼリフのようにいつも言われているような言葉です。確かにその通りなのですが、営業スタッフの中にも、「すごい影響成績をあげる人」と「毎月ほぼボウズの人」がいるという事実は忘れられがちです

「ホームページは24時間働く営業スタッフだ」 では「営業の本質」を考えましょう



ホームページ制作におけるWebライティングとブランド力
今回は、「ホームページ制作におけるWebライティングとブランド力」と題しまして、「Webライティングにおける一貫した文体」の続きとも言える形で、Webライティング・コンテンツライティングとブランド力について触れていきたいと思います。単純だと受けはいいがブランド力が落ちる 「上級者コース」はどこにあるの?中小企業にとって海外の大企業の方法論はあてにならない 様々なWebコンテンツに触れる・触れない

ホームページ制作におけるWebライティングとブランド力


ソーシャル活用のデメリットとホームページの優位性
今回は、「ソーシャル活用のデメリットとホームページの優位性」と題しまして、ソーシャル活用のデメリットについて触れていこうと思います。やはりそのきっかけは次の記事に発端しています。 「Facebookの投稿リーチ数 すべての友達には投稿メッセージが届かない」 もう本当に勘弁してほしいですよね。まあ無料サービスはたいていこういう末路になっていきます。そこで何が問

ソーシャル活用のデメリットとホームページの優位性


WordPressサイト制作事例・実績 PR重視のメディアサイト
今回は、WordPressサイト制作事例・実績として、媒体のサブサイトであるPR重視のメディアサイト制作についてお伝えしていきます。既に紙やウェブでメディアを展開をされている広告代理店様のご依頼を受けて、このWordPressをベースとしてメディア配信を目的としたホームページ・ウェブサイトを制作させていただきました

WordPressサイト制作事例・実績 PR重視のメディアサイト



コロコロ変わるホームページ活用の方法論の中で揺るぎないもの
前回は、「ホームページ・ウェブサイトの費用対効果」をお伝えしましたが、今回は、「コロコロ変わるホームページ活用の方法論の中で揺るぎないもの」と題しまして、インターネット上や書籍でたくさん囁かれるホームページ活用・ウェブサイト活用、Webマーケティング方法、オウンドメディア運営、SEOなどの方法論の中で、がんじがらめになる前に押さえておきたいたった2つのポイン

コロコロ変わるホームページ活用の方法論の中で揺るぎないもの   Recently updated !


たった1ページの「ホームページ」を活かすなら
今回は、たった1ページの「ホームページ」を活かすなら、というタイトルで、ホームページの活用についてお伝えしていきます。もし、ウェブサイトの中身がたった1ページのトップページしかない、まさしく「ホームページ」だった場合、どのようなサイトにされますか?あえて2000文字しか掲載しない、という制限があった場合、どんなサイトにされるでしょうか?といったことについてお伝えしていきます

たった1ページの「ホームページ」を活かすなら


良質なコンテンツのタネは現場にたくさん落ちています
今回は「良質なコンテンツのタネは現場にたくさん落ちています」というタイトルで、オウンドメディアのコンテンツ制作についてお伝えしようと思います。オウンドメディアコンテンツのネタを探してインターネットをウロウロしたり書籍を読み漁ったりしなくても、独自性のある良質なコンテンツのタネは現場に落ちています。

良質なコンテンツのタネは現場にたくさん落ちています



このコンテンツの時代における情報の価値
情報化社会になると言われて、はやどれくらいの時間が経ったでしょうか。 特に近年はウェブにおいても「コンテンツの時代に突入した」と囁かれています。 これはWebマーケティングやSEOの世界で、旧来からの方法論から「コンテンツ重視」にシフトしたことが最大の理由です。 では、そんな「コンテンツの時代」のコンテンツに求められるものは何なのでしょうか? 以前、「ライテ

このコンテンツの時代における情報の価値


オウンドメディア運営には本腰を ブームに流されずに計画的に
オウンドメディアブームというワードが飛び交っています。オウンドメディア自体は、10年以上前から積極的に活用されています。ブログ慣れしていないうちは、一つの記事を書くのに相当の時間を費やします。最終更新日から相当の期間が経過していることは、コーポレートサイトなどに組み込まれたオウンドメディアの最大のリスクだと考えています

オウンドメディア運営には本腰を ブームに流されずに計画的に   Recently updated !


ウェブPR再考 根本的なPRの視点から
根本的なPRについて PR(パブリックリレーションズ)という言葉 根本的なPRをどう捉えるかで、ウェブPRの意味合いも変わってきます。プロモーションとPRはよく混同されますが、プロモーションには「表出」という意味があり、極論を言えば表出するだけで良いので、どのような形でも「目立ったもん勝ち」ということになりかねません

ウェブPR再考 根本的なPRの視点から   Recently updated !



スイミーのようなウェブコンテンツ 「PR力1%」を収束させる
「スイミーのようなウェブコンテンツ 『PR力1%』を収束させる」というタイトルで、ウェブPRにおける効果を増大させることについて 今回のウェブコンテンツの「PR力1%」を収束させるということは、単一方向ではなく、時系列としての前後、そして現在の空間の上下左右全てを含んで収束させるといったイメージです

スイミーのようなウェブコンテンツ 「PR力1%」を収束させる   Recently updated !


ウェブコンテンツの大分類 ストック情報とフロー情報
ウェブコンテンツの分類としてのストック情報とは、コーポ―レートサイトであれば、会社概要、固定的な製品・サービス。細かいところになると会社所在地や電話番号などになります。ウェブコンテンツとしてのフロー情報は、流動的であり、ストック情報に比べて情報の寿命が短く流れていくコンテンツになります

ウェブコンテンツの大分類 ストック情報とフロー情報


クロスメディアとワンソースマルチユース
クロスメディアとワンソースマルチユースは、混同されやすいですが、構造は似ているものの、対象となっているポイントが異なる概念です。一つの情報源を単発で終わらせずに再利用するという点では同じですが、クロスメディアは単一のコンテンツ元に様々な複数メディアへと利用してユーザーの利便性とPRの相乗効果を狙う手法です

クロスメディアとワンソースマルチユース



「ウェブコンテンツの優位性 アーカイブとしての情報蓄積」というタイトルで、様々なウェブコンテンツと一般的な紙の広告物との比較の中で、ウェブコンテンツが持つ情報のアーカイブ性、情報蓄積がもたらすメリットや強みについてお伝えします。数あるPR活動のうち、ウェブPRがもつ優位性があります。それは、ウェブコンテンツが、アーカイブ(書庫)としての情報蓄積されていく上で、コンテンツ自体は、単発で終わることがなく、情報量が増大することによって

ウェブコンテンツの優位性 アーカイブとしての情報蓄積   Recently updated !


クロスメディアとメディアミックス
「クロスメディア」と「メディアミックス」について 混同されがちなクロスメディアとメディアミックスの相違点についてお伝えしていきます。「クロスメディア」とは、ターゲットユーザーとの接触機会を様々なメディアを通じて増やし、また、媒体を組み合わせて相乗効果を狙うというパターンです。一方「メディアミックス」は、少し表現が良くありませんが、「虱潰し(しらみつぶし)」のようなパターンです。同一コンテンツを異なるメディアで表出していく方法です。

クロスメディアとメディアミックス   Recently updated !


サポートメディアで顧客のフォローと新規集客
サポートメディアは、文字通り、製品・サービスなどのサポート情報のオウンドメディアです。サポートメディアは、自社商品を購入者、自社サービスの利用者を対象としたサポート情報による顧客のフォローアップをはじめとして、見込み客へのアプローチとして、不足している情報を補完するものとして、販売促進効果も期待することができます

サポートメディアで顧客のフォローと新規集客



専門メディアとBtoBメディア オウンドメディアでウェブPR
オウンドメディアを運営するにあたり、「専門メディア」を構築することは、他社との差別化を図りやすく、事業の業種に関連しているため、運営しやすい ウェブPRとしてのCMS導入サイトを活用した専門メディアは、専門性の高いスモールビジネスに適しており、事業に関連した専門情報の掲載により、新規ユーザーとの接触が見込めます

専門メディアとBtoBメディア オウンドメディアでウェブPR


オウンドメディアパターン 基本的な類型
オウンドメディアにも様々なパターンがあり、ウェブ上でのメディア構築のパターン・ジャンルパターンは概ね次のようになります。 専門メディア BtoBメディア サポートメディア コミュニティメディア スタッフブログなどのサブコンテンツ 画像・動画メディア ユーザーに合わせた複数メディア グローバルメディア

オウンドメディアパターン 基本的な類型


ウェブPRとオウンドメディア
ウェブプロモーションの目的は自サイトへの誘導、接触の機会を作ること サイトのアクセスは伸びるものの、ウェブマーケティングのコンバージョンには直結することは少ないでしょう。オウンドメディアを含んだサイトの構築にはワードプレスなどブログCMSが適しています。最大の利点は、オウンドメディアの「コア」としての機能

ウェブPRとしてのオウンドメディア・自社サイトのメディア化



ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら