WordPressサイトのトップページをブログタイプから固定ページに設定する方法


今回は、WordPressサイトのトップページをブログタイプから固定ページに設定するカスタマイズ方法をお伝えします。

WordPressはブログCMSのため、WordPress サイト(WordPressベースのホームページ)の大半のテーマ(テンプレート)は、基本的にブログ投稿がリスト表示されるWebデザインになっています。

WordPressテーマによっては、固定ページをトップページに反映する「フロントページ機能」が存在するものがあり、こうした機能を用いることで、ブログ仕様のWordPressサイトを一般的なホームページ(ウェブサイト)の形式で表示することができます。

最新投稿のリスト表示機能を残しながら、トップページに固定的なコンテンツを掲載したい場合は、テーマのindex.phpを直接編集してトップページを直接編集するということもできますが、phpファイルのため操作にはリスクがあり、初心者には敷居が高くなっています。

こうしたフロントページ機能を利用することで、任意の固定ページをトップページとして機能させることができますので、WordPressの内部サーバーエラーなどのリスクを回避しながら、一般的なホームページらしいページに仕上げていくことができます。

WordPressの固定ページでトップページを制作する

WordPressサイトのトップページをブログタイプから固定ページに設定するカスタマイズ方法

まず、WordPressサイトのトップページとして表示させる「フロントページ」を固定ページで作成します。

WordPressテーマにもよりますが、固定ページには幾つかのテンプレート選択ができるものもあり、サイドバーなしの1カラムレイアウトのページ(全幅ページ)を作成できる場合もあります。

トップページをどのような表示形式にするか(サイドバーあり、なし)によって異なりますが、こうしたページのレイアウトパターンを選択できる場合は、お好みのレイアウトパターンを選択してください。

もしお好みのレイアウトパターンがない場合は、WordPressテーマをカスタマイズする必要があります。

WordPressサイトの「トップページ」カスタマイズ

トップページを自由に設定するためには、トップページを構成するファイルをカスタマイズするか、もしくはフロントページに使用する「固定ページ」のテンプレートを新規制作する必要があります。

WordPressサイトの「投稿ページ」・「固定ページ」カスタマイズ

こうして、最初にフロントページを用意しましょう。

フロントページを作るにはフロントページ固定ページの作成と、フロントページのウィジェットの設定で行うことができます。そしてWordPressサイトのフロントページの表示を固定ページに設定することで、トップページをブログタイプから固定ページに変更可能になります。

フロントページ用の固定ページを作成

フロントページ用の固定ページを作成 WordPress

フロントページ用の固定ページを作成する手順としては、まず WordPress の管理画面のメニューから「固定ページ」 を選択して「新規追加」をクリックします。

ここでWordPressサイトのトップページ(フロントページ)用の固定ページを作成することができます。

基本的には通常の固定ページと同様の作成方法になりますが、ほとんどのテーマにおいて固定ページをフロントページに設定する場合、該当固定ページのタイトル設定などは無効になります(トップページ用の設定に上書きされます)。

トップページ用の固定ページを作成する際、レイアウト変更などをする場合は、固定ページのテンプレート(複数存在する場合)の中からテンプレートを選択しておきます。なお、WordPressテーマによっては、フロントページ用に固定ページのテンプレートが用意されていることがあります。

固定ページのテンプレート

固定ページのテンプレート WordPressフロントページ

もしフロントページ作成の際、固定ページ編集画面で右側の「固定ページの属性」にテンプレート選択があった場合は、この選択で固定ページのレイアウトタイプを選んでください。

サイドバーのない全幅テンプレートやテーマ内「フロントページテンプレート」などがあった場合は、希望するレイアウトパターンを選択してください。

ページのタイトルと本文

ページのタイトルと本文 WordPressフロントページ

この固定ページをフロントページに使用する場合は、ここで設定したタイトルは反映されませんが、わかりやすく「トップページ」などのタイトルを入力しましょう。テーマによっては見出しとして、固定ページタイトルが本文中に表示されてしまうケースもあります。

固定ページテンプレートが1つしかない場合は、トップページの見出し表示を非表示にするべく下手に固定ページ用のphpを編集し見出し部分のソースを変更してしまうと、他の固定ページの表示にも影響を与えますので、こうした場合は、フロントページ用に固定ページテンプレートを作成する必要があるでしょう。

あとは、WordPressエディタの本文に「フロントページに反映する内容」を記述します。

WordPressテーマにフロントページ機能があり、ウィジェット機能がある場合

WordPressテーマにフロントページ機能があり、ウィジェット機能がある場合

もしいま使用しているWordPressテーマにフロントページ機能がある場合で、フロントページ用のウィジェット機能がついている場合は、WordPress管理画面の「外観」から「ウィジェット」をクリックして、該当ウィジェットを設定することができます。

基本的にはWordPressサイトのウィジェット機能をそのまま使うことになりますので、サイドバーやフッターでのウィジェット使用と同じ感覚でトップページ専用のウィジェットを設定することができます。

高度な設定はHTMLを利用したり、ウィジェットエリアでphpを利用できるプラグインを使用して、phpを記述する必要があります。

なお、phpの利用にはWordPressのカスタマイズが必要です。

WordPressサイトのフロントページの表示を固定ページに設定

WordPressサイトのフロントページの表示を固定ページに設定

WordPressサイトのトップページ(フロントページ)用の固定ページの制作が完了した後は、この固定ページをWordPressのトップに表示する設定が必要になります。

WordPressの管理画面のメニュー「設定」から「表示設定」をクリックすると「フロントページの表示」に関する設定項目が出てきます。

この画面で、WordPressサイトのフロントページに表示される「固定ページ」を選択し、「変更を保存」をクリックします。

設定が完了したら、実際にWordPressサイトのトップページを開いて、固定ページがトップページとして反映されているか確認しましょう。

フロントページ変更後の注意点

フロントページ変更後の注意点 WordPress

WordPressサイトのトップページが固定ページになったため、ブログ形式のときは表示されていた、新着記事などのリストがトップページからなくなってしまうため、フロントページに記事のカテゴリーのリンクを設置したり、トップページの中に簡略的な新着記事リストを設置するなどして、内部リンクに関する工夫をする必要があります。

WordPressの設定・カスタマイズ・修正・編集方法の参考例

WordPressカスタマイズ・修正

ファンフェアファンファーレのWordPress(ワードプレス)のカスタマイズ、テーマカスタマイズサービス

ホームページ制作 京都のWeb制作会社ファンフェアファンファーレでは、WordPressで制作されたウェブサイト・ホームページのカスタマイズサービスとして、WordPress(ワードプレス)のテーマ(テンプレート)やプラグインのカスタマイズサービスを提供しております。

WordPressカスタマイズの他、WordPressに関する様々な機能の実装や調整、編集はもちろん、各種エラーの修正・復旧に対応しております。

WordPress(ワードプレス)のカスタマイズ

WordPressでのホームページ制作(WordPressサイト制作)

WordPress(ワードプレス)を使ったウェブサイト制作・ホームページ制作ならファンフェアファンファーレにお任せください!

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、ホームページ制作にあたり、WordPressでのホームページ制作(WordPressサイト制作)を推進させていただいております。

企業のWebマーケティングを加速するWordPressでのホームページ制作(WordPressサイト制作)ならお任せください!

WordPress(ワードプレス)でのホームページ制作・ウェブサイト制作


「WordPressサイトのトップページをブログタイプから固定ページに設定する方法」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: , , , ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら