ウェブマーケティングと経営学との共通点

ウェブマーケティングと経営学との共通点


今回は「Webマーケティングと経営学との共通点」と題しまして、若干脱線気味にWebマーケティングと経営学との共通点についてお伝えしていきます。

前回「サイトのユーザビリティとSEOを無視した場合」は、あまりに重要な項目のため、思いの外辛口にお伝えしました。ユーザビリティもSEOもウェブサイトが真価を発揮するためには非常に重要な項目だからです。

さて、近年「マーケティング」という言葉かかなり使われるようになってきました。弊社でも、「Webマーケティング」という言葉を使いますが、まだ一番適している言葉であるので使用しているに過ぎません。

マーケティングって何?

マーケティングって何?

実を言うと「マーケティング」という言葉は苦手です。

理由は、一言では何なのかわかりにくいからです。

一般的な営業や販売を包括した「商売全体」を指しているようですが、もしかしたらセールスという言葉などが、「悪徳セールス」などで印象が悪くなったことも影響しているのかもしれません。

個人的には、以前、有価証券を扱ったりしていた関係から、「マーケット=市場」なので、「マーケット情報」となると、株式市場や債券市場、為替市場の情報、特に相場の変動や変動要因が想起されます。

ingでいきなり変わる意味合い

しかしMarketに「ing」をつけたマーケティングになると、それほど大きくはずれていませんが、いきなり市場のような大きな存在ではなく、「売るための活動全般」というように意味が変わります。市場全体を動かす活動、という意味になるのでしょうか。

そこで「マーケティング情報」となると、「マーケット情報」が「市場の動向」のような意味だったものが、いきなり売るための方法論などの実務的な方法論に変わります。

これでは混乱するのも無理はありません。

通常はingだけではそれほど意味は変わりません。少しの言葉の違いである程度意味が変わる言葉であるならば、この言葉は専門用語として扱ったほうが良いのかもしれません。

Webマーケティング情報と経営学の理論

Webマーケティング情報と経営学の理論

そこで本題ですが、マーケティング・Webマーケティングと経営学との共通点について触れていきます。

Webマーケティング情報として発信されているものと経営学の理論の共通点です。

それは次の一言に集約されます。

「ほとんどは大きな存在でないと適用できない」

「方法論が説かれた時点から周りの環境は変化している」

という点です。

ほとんどは大きな存在でないと適用できない

例えば経営学に出てくる組織づくりの方法論は、2人の会社ではほとんど何の意味もありません。

Webマーケティングであれば、よく「フェイスブック活用」というような方法論が説かれていることがありますが、サンプルは大企業の場合が多いでしょう。

そういった多数の顧客を抱える企業に取っては、ソーシャルネットワークの効果は数字として判断しやすいでしょう。

効果が0.1%でも、対象が10000人いれば、10人が何かしらアクションを起こしてそれが数字に現れるからです。

しかし、その方法論の効果が同様に0.1%だった場合、対象ユーザーが100人だった場合は、効果が数字として測れません。

小規模事業者が同じことをしても、効果として直結させることは難しく、効果も実数が測れないため効果は推測でしかありません。

確かにプラスには働くのですが、労力と見合わない可能性が大いにあります。

Webマーケティングであれば、毎日大量の情報を発信するメディアサイトの方法論が、そのまま地元の小さな企業の企業サイトの運営に適用できるかは怪しいところです。そして、そうする必要はどこにもありません。

ただ、共通項は確実にあります。

そこを見極めるだけで十分ではないでしょうか。

方法論が説かれた時点から周りの環境は変化している

特に、ウェブ空間での方法論は、情報の鮮度によって、もはや化石化されていることもあります。

Webマーケティングや経営学の方法論は、確かに一つの方法であり、その方法自体がマイナスに働くことはあまりありません。

しかしながら時間や労力に見合うかは別物です。

情報を得ること自体もプラスには働きますが、その情報が吐き出された時点で、周りの環境はそれよりも進んでいます。

実質ユーザー数の変化

例えば、あるソーシャルネットワークの活用事例と同じことをした場合に、その情報が出た時と、現在では実質ユーザー数が変化しているはずです。

同時に、同じ情報を得た先行者がすでに大半のシェア(占有の方)を得ているかもしれません。

確かにアカウント数(ユーザー数)は増えていても、実際にそのサービスを定期的に利用しているかは別物です。

日本においてもこの10年で大きく変動がありました。

膨大なユーザー数を誇っていても、新しいウェブサービスに実質的なシェアを奪われたウェブサービス、ソーシャルネットワークはたくさんあります。

書店にはたくさんそういったWebマーケティングの書籍が置かれています。

そしてその大半はソーシャルネットワークに関するものです。

しかし、その書籍は第一刷発行からどれくらい期間が経っているでしょうか。

ウェブは進化が早いため、一般的な学問のようには時代を超えるような理論はそれほど多くありません。

Webマーケティング情報も経営学の理論も時代とともに適用できなくなる可能性が高い分野です。

やはり「参考程度」が一番良いのかもしれません。


「ウェブマーケティングと経営学との共通点」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ:


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら