非SSL(http)ホームページのSSL化(https化)


非SSL http ホームページのSSL化 https化

株式会社ファンフェアファンファーレでは、常時SSL(https)に対応していないホームページ(ウェブサイト)をお持ちの方向けに、SSL証明書の発行や設定を含め、静的HTMLサイトやWordPressテーマなどをSSL化(https化)させていただくホームページ修正サービスを提供しております。

SSL(https通信)とは、サイト接続に関する暗号化通信です。この仕組みにはたくさんの機能がありますが、「サイト訪問者の個人情報を保護する事ができる」と言う部分が一番大きなメリットです。導入することにより、メールフォームなどを利用したお問い合わせ時の個人情報を保護することができます。

ホームページのURLが「http」から始まるものをご利用の場合、現在ブラウザによっては「保護されていません」「保護されていない通信」といった表示がなされます。

このサイトへの接続は保護されていません

このサイトへの接続は保護されていません

サイト閲覧のみであれば、http通信でもさほど問題はありませんが、お問い合わせフォームやコメントフォームなどをご利用の場合は、入力情報が保護されないためユーザーに不信感を持たれる可能性があります。

Webマーケティングにおけるお問い合わせ獲得はもちろん、求人エントリーなどにおいてもメールフォームにSSL(https)が導入されているかいないかで反応率が変化する可能性があることは否めません。

また、SSLによってhttps通信されているホームページとhttpで通信されているホームページを比較した場合、常時SSL化され、httpsで通信されているホームページの方が検索順位においても優先されます。よってこの常時SSL・https通信の設定は、SEOの一要因として考えることができます。

非SSL(http)によるホームページ運営は、ユーザーの情報の保護がなされず、不信感を与えることにもなるという点もさることながら、さらに競合相手がSSL(https)を導入する中、自社ホームページが非SSLでhttp通信を続けた場合は、相対的に検索順位が下がり、結果的にホームページへのアクセスの低下が起こるという点も見逃すことはできません。

常時SSL httpサイトからhttpsサイトへの修正

常時SSL httpサイトからhttpsサイトへの修正

本ホームページ修正サービスは、「http」から始まるホームページを「https」から始まるホームページへと修正させていただくサービスです。

httpサイトをhttpsサイトへと変更する場合、単にSSL証明書を発行するだけでは完了せず、ホームページにまつわるすべてをhttpsへと書き換えたり、httpへのアクセスをhttpsへと転送したりなどの実作業が必要になります。

SSL・https通信 この接続は保護されています

SSL・https通信 この接続は保護されています

この修正・変更により、ホームページがSSL対応ホームページへと変更となります。それに伴いサイトURL はhttpsから始まるものになり、ブラウザには鍵マークや「保護されています」という表示がなされるようになります。

SSL証明書

SSL証明書 ホームページ SSL化 https化

常時SSL化、httpsホームページへの変更にはSSL証明書が必要になりますが、ご利用サーバーによっては、無償SSL証明書である「Let’s Encrypt(レッツ・エンクリプト)」を利用することで証明書発行にかかるコストは不要になる場合がほとんどです。

利用できない場合は、有償のSSL証明書をご契約いただくか、もしくは、Let’s Encryptなどが利用できるサーバーへの移管などをご提案させていただいております。

SSL証明書には、ドメイン認証(DV:Domain Validation)、企業認証(OV:Organization Validation)、EV認証(Extended Validation)といった複数の種類があり、それぞれで認証のレベルや費用が異なります。

ドメインとサーバに関する認証や企業自体を認証するもの、企業の組織や担当者を認証するものといったように段階があります。そしてそれら認証のレベルに応じて原則SSL証明書発行・更新に年間数万円から数十万円の費用が必要になります。

なお弊社における新規ホームページ制作やホームページリニューアルの場合は、原則全て常時SSLを実施しております。

常時SSL化のメリット

常時SSL化のメリット

非SSLのhttp通信によるホームページ公開から、SSL証明がなされたhttps通信(暗号化通信)によるホームページ公開(常時SSL)へと切り替えることで、サイト閲覧者の情報が守られるようになり、ホームページ公開者の信用性が高まります。

特にメールフォーム送信時のユーザーの情報が保護されるため、お問い合わせ行うユーザーに安心感をもたらすことができる他、企業としては個人情報保護に関する過失の軽減にもつながります。

逆に考えると、非SSLのhttp通信のままのホームページ運用は、ブラウザ上の「保護されていません」「保護されていない通信」という表示を含め、信用性の低下を招くことになりかねません。結果的にお問い合わせ率低下の要因としてのリスクも高まることになります。

また、常時SSL化のメリットとして、SEOの一つの要素として若干検索順位向上にプラスの効果があるため、アクセス向上に寄与します。なお、SSL化(https化)に伴うURL変更に対するページ転送(http→https)については、外部からの評価は100%引き継がれます。

常時SSL化のデメリット

常時SSL化のデメリット

中長期的に検討した場合、常時SSL化(https化)にはこれといったデメリットはありませんが、短期的には常時SSL化(https化)にあたり、サイトURLが変更となるため、外部からのリンクを含め各種URLに関する修正やアクセス転送処理、アクセス解析等のアプリケーション設定の変更などを最初に行う必要があるという点です。また、サイト上に表示したソーシャルシェアのカウントがリセットされるという点もあります。

企業によっては、「印刷物のホームページURLを変更する」といった部分も出てきますが、URL直接入力や外部リンクからのアクセスに関しては、httpへのアクセスをhttpsへと転送する施策を実施することで問題なくサイトは表示されるため、常時SSL化以後のリンク設置や印刷物表記を変更する程度で解決することができます。

その他、有償SSL証明書の利用の場合は年間費用が必要になるなどの点もありますが、無償のSSL証明書でもhttps通信は可能であるため、「必要に応じて有償のSSL証明書を利用する」という形になります。非SSL(http)ホームページを常時SSL化(https化)する際に設定等が必要になりますが、有償SSLを利用しない限り、費用が必要になるのは一度だけになります。

SSL化(https化)価格表

ご訪問不要

50,000円~

SSL化(https化)費用 参考例

一般的なWordPressサイト 50,000円~
一般的なWordPressサイト
他の修正と同時お申込みの場合
40,000円~
静的HTMLホームページ 35,000円~
ページ数によって大幅に変動する場合があります
WordPressサイトと静的HTMLが混在しているケース 70,000円~

ご利用のホームページがWordPressサイトであるか静的HTMLホームページであるかという点や、ご利用サーバーにおけるSSL証明書の発行の取扱などによってSSL化(https化)にかかる費用は変動いたします。SSL化(https化)失敗からの復旧などのケースにも対応しています。

またhttpsから始まるSSL対応ホームページへの変更に伴い、httpサイトとは別サイトとして取り扱われるため、URLの転送やサーチコンソール等の再設定が必要となります。URLの転送につきましては、一般的な301リダイレクトの設定はサービス費用に含まれております。

ご利用サーバー等の関係上、技術的に不可能な場合は、レポート作成の上サーバー移転などのご案内をさせていただいております。

その他修正と同時お申込みの場合は、費用を抑える事ができる場合があります。

詳しくは一度お問い合わせください。

納期

概ね 3営業日

(制作開始からの最短日数)

※現状のホームページの構造により、SSL化までの日数が延びることがあります。その際は、予めご連絡させていただきます。

詳しくはお問い合わせフォームより、お問い合わせください。

(記載価格は税抜表記となっております)

ホームページのSSL化、https化修正のご依頼にあたって

ホームページ 常時SSL化 https化 変更 依頼 料金

株式会社ファンフェアファンファーレでは、適切な常時SSL化の設定代行、httpsホームページへの変更もお手伝いしております。

ホームページのSSL化、https化修正のご依頼にあたりまして、WordPressログイン情報やFTP接続情報などのサイト管理の情報の他、SSL証明書の発行のためサーバーの管理場面(サーバーコントロールパネル・サーバー管理パネルと呼ばれます)へのログイン情報等が必要になりますので、お申込みの際に合わせてご連絡いただいております。SSL化に関する作業費用は、現状のホームページの状態やご利用サーバーによって変動いたします。

お見積りにあたって

常時SSL化、https通信化にあたって、SSL証明書の発行のほか、内部ソースの書き換えやリダイレクト(URLの転送)などの作業が必要になるため、現状のホームページの仕様やページ数によってご対応費用が変動します。ご依頼の際には、何点かのご質問項目にご回答いただいた上で、予め料金のお見積りをさせていていただいております。費用の中には、SSL証明書の発行・SSL設定やSEOの評価引き継ぎなどの作業も含まれています。

弊社では、SSL化・https化を含め、検索エンジンから正当な評価を受けていなかったホームページ(ウェブサイト)やその各ページを、SEOの企画設計とそれに基づくSEO内部対策のカスタマイズによって、正当な評価に持ち上げさせていただいております。

なお、常時SSL化、httpsホームページへの変更にはSSL証明書が必要になりますが、ご利用サーバーによっては、無償SSL証明書である「Let’s Encrypt(レッツ・エンクリプト)」が利用できなかったり、URL変更に伴うリダイレクトの設定ができないサーバーもございます。その場合は、有償のSSL証明書をご契約いただくか、もしくは、Let’s Encryptなどが利用できるサーバーへの移管などをご提案させていただいております。

詳しくは一度お問い合わせくださいませ。

常時SSL・https通信のメリットおよびSEOの関係性などについては、「常時SSL・https通信とSEO」をご参照ください。

その他ホームページの修正につきましては、ホームページの更新・修正料金 価格表をご参照ください。

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら