コンテンツマーケティング


コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、ウェブサイト・ホームページ内の「コンテンツ」によってサイトへのアクセスを確保しながら、コンテンツページによってユーザーのニーズ喚起やアクション喚起を行うWebマーケティング方法です。

企業の見込み客、ウェブ上であれば「見込み客層である検索ユーザー」のニーズに応える高品質のコンテンツを活用して、ウェブ上でマーケティング活動を行うことをコンテンツマーケティングと呼びます。

これはウェブサイト・ホームページ内に設置する「高品質のコンテンツ」の制作・配信によって自然検索からのアクセス向上や、サイト内のコンテンツの作りこみによって、ユーザーの潜在的なニーズを顕在化し、コンバージョン率を向上させるWebマーケティングの方法です。

もちろん直接のコンバージョンに至らなくても、ウェブPRとしてサイト内でPR活動を行うこともひとつのコンテンツマーケティングです。この場合は、CMSによるオウンドメディア構築が必要になるでしょう。

SEMと共通する部分も多くありますが、コンテンツマーケティングのポイントは、もちろん「コンテンツ」にあります。

コンテンツとは?

コンテンツとは?コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングの定義をする場合、「コンテンツ」とは何かを把握する必要があります。

ウェブ上の情報では、「コンテンツ=ページ内文章」という考え方が一般的ですが、「コンテンツ」自体は、情報の中身を意味するため、テキストだけでなく、画像や動画など特に決まったメディア形式に限定されない「情報」がコンテンツです。また、特に決まった「型」もありません。

ホームページ(ウェブサイト)において表現可能なすべての情報がコンテンツであると考えることができます。

こうしたコンテンツを利用したWebマーケティングを「コンテンツマーケティング」と表現します。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、文字通り「コンテンツ」を活かしたマーケティングで、Webマーケティングにおいては、「コンテンツページ」や画像、動画などを配信してマーケティングにつなげる方法です。

Webマーケティングには、ホームページを活かしたものやメールマガジンを活用したもの、FacebookやTwitterなどのSNSを利用したものなど、たくさんの方法があります。

数あるWebマーケティングの中で、コンテンツや「コンテンツ配信」に着目して実施するマーケティング方法がコンテンツマーケティングです。

「コンテンツ」がカギとなる

コンテンツマーケティングはコンテンツが鍵

しかし、どの方法も、結局は情報の中身である「コンテンツ」がカギになります。それはもちろんコンテンツマーケティングでも例外ではありません。

広告的要素の強い直接的なマーケティング方法は、ユーザーとのニーズがバッチリ合えば、直接的なコンバージョンに至る可能性がありますが、ユーザーとの接点を作ったり、ユーザーに対して「隠れたニーズに気付いてもらう」ということを目指すためには、直接的な広告ではなく、マーケティングにダイレクトに繋がらなくても、良質なコンテンツを配信することが大切です。

コンテンツマーケティングは、ホームページ内のオウンドメディア機能でブログを配信したり、ユーザのニーズに対応するコンテンツページや画像・動画を配信することで、広い意味でのPR(パブリック・リレーションズ)を行ったり、ユーザーとの接点を確保することに向いています。

狭義のコンテンツマーケティング

狭義のコンテンツマーケティング

狭義のコンテンツマーケティングは、ホームページ内でのオウンドメディア配信による情報コンテンツやコンテンツSEOといった要素によるホームページへのアクセス向上や、コンテンツ内容によるWebユーザーのニーズ喚起・アクション喚起を行うことを指すと捉えて良いでしょう。

  1. ホームページ内のオウンドメディアでコンテンツ配信を行う
  2. 各コンテンツページヘのアクセスとトータル的な検索順位向上
  3. コンテンツによってユーザーのニーズ喚起・アクション喚起を行う

コンテンツマーケティングの方法による
コンテンツの違い

コンテンツマーケティング方法 コンテンツの違い

一般的に、コンテンツマーケティングの基本となるものは、文章などのテキストなどと考えることができます。

これはSEM(サーチエンジンマーケティング)的に考えた時、通常の「ウェブ検索」といった自然検索からのアクセスをスタート地点と考える場合に、テキストコンテンツが最もウェブ検索と相性が良いからです。

しかしながら、画像検索を対象とするならばコンテンツマーケティングの方法としてのコンテンツ生成は「画像」となり、動画検索であれば「動画」になります。

  1. テキスト文章を主体としたコンテンツページ
  2. 画像
  3. 動画

上記以外にも様々なコンテンツの種類があり、コンテンツマーケティングで利用するコンテンツには様々なタイプのものがありますが、テキスト・画像・動画の3つがコンテンツマーケティングにおける基本的なコンテンツになります。

WordPressなどのCMSで加速するコンテンツマーケティング

WordPressなどのCMSで加速するコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングを行うためには、コンテンツの生成が容易であることが重要なポイントとなります。

「コンテンツ」が重要であり、それ以外の要素に時間をかけるよりも、コンテンツ制作に時間や労力の比重をかけたほうが、高いWebマーケティング効果を期待することができます。

コンテンツの生成を簡単に行うためには、WordPressなどのCMSの利用が適しています。

WordPressでコンテンツマーケティング

弊社でも、コンテンツマーケティング導入において、配信コンテンツを自由に簡単に生成していただくために、WordPressをベースとしたホームページ(ウェブサイト)の制作を手がけております。

WordPressをベースとしたホームページ(ウェブサイト)の制作

WordPressなどのCMSでホームページ(ウェブサイト)内に「オウンドメディア」を構築することによって、コンテンツ生成に集中していただくことができるため、コンテンツマーケティングを簡単に行っていただくことができます。

ウェブ販促 CMSでオウンドメディア!

検索エンジン以外からのアクセスのために

検索エンジン以外からのアクセス コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは良質の「コンテンツ」を活用したWebマーケティングですが、自然検索の活用だけを意識したSEMと異なり、良質なコンテンツであれば、ソーシャルネットワークでのシェアなどによる、プロモーションの増大を図ることができます。

コンテンツマーケティングの一環として、企業のサービスなどと情報一貫性をもったコンテンツでなくても、FacebookやTwitter、はてなブックマークなどで「バズる」ことを意図した話題性のある仕掛け的なコンテンツによって、一気にレバレッジが効きながら、広く爆発的にプロモーション効果を得ることがあります。

こうしたコンテンツの利用による検索エンジンからのアクセスの確保も。ホームページのWebマーケティング効果を高めるためには非常に有効的です。

Webマーケティング効果の遅効性とレバレッジ

コンテンツマーケティングのWebマーケティング効果の遅効性とレバレッジ

コンテンツマーケティングだけでなく、全てのWebマーケティングはユーザーとの「接点」が必要です。

どのようにしてWebユーザーと接点を作るかが、Webマーケティングの第一段階です。接点ができた段階から「コンバージョン」への可能性ができてきます。

そこで接点づくりとマーケティング活動という意味で考えれば、コンテンツマーケティングにはどうしても遅効性があります。

ホームページにオウンドメディア機能を設置して準備が整ったあと、コンテンツを配信してすぐに結果が出る、ということはおそらく無いでしょう。

一方、広告用ランディングページとリスティング広告の組み合わせでダイレクトなコンバージョンを狙うことは即時性・即効性がありますが、ランニングコストがかかるといったデメリットがあります。コンテンツの価値が高まらないうちはこうした直接的なマーケティング方法で補う必要があるかもしれません。

それに対する、高品質コンテンツの配信によるコンテンツSEOやコンテンツマーケティングは、確定的な効果はすぐには期待できませんが、コンテンツの積み上げによって、SEO効果が徐々に現れたり、バズが起こることで一気に認知度が高まることがあります。

コンテンツ配信によるWebマーケティング効果には、遅効性がありますが、場合によっては、コンテンツ制作コストに対してレバレッジ(テコの原理)が効くことがあります。

ユーザー目線のコンテンツマーケティング

ユーザー目線のコンテンツマーケティング

しかしながら、コンテンツマーケティングを行うにあたり、アクセス数・PV数をの向上を意図してエンターテイメント性の高いコンテンツの制作・配信を行い、そのコンテンツページによって爆発的なアクセスがあったとしても、見込み客層からは遠いユーザーからのアクセスばかりになる可能性もあります。

コンテンツマーケティングの最重要ポイントは、コンテンツの制作において、実際のマーケティング活動と同じように、実際のお客さまとの会話と同じように、決して押し売りや押し付けではなく、相手の好みやニーズを捉えながら、それに応えるようにコンテンツを制作することだと考えています。

結果的に、その「ユーザーのニーズに応えるコンテンツ」が見込み客層へのPRとなり、そして同時に検索エンジンからのアクセスも向上するといったことにつながっていきます。

コンテンツプランニング

コンテンツマーケティングのコンテンツプランニング

ユーザーのニーズに応えるコンテンツを制作・配信するにあたり、ヒントとなるのが「検索キーワード」です。

検索キーワードの奥にある、本当のニーズを捉えることによって、コンテンツプランニングのヒントがたくさん現れてきます。

闇雲に過度なキーワードの詰め込みを行うことよりも、そのキーワードで検索している検索ユーザーの隠れた意図を読んで、それに応えるコンテンツを企画することがコンテンツマーケティングの最良の方法です。

コンテンツマーケティングの抱えるリスク

コンテンツマーケティングのリスク

最も効率の良いオウンドメディア運営、コンテンツマーケティングは、自社ホームページ内にコンテンツ配信可能なWebシステムを導入して、ホームページにオウンドメディア機能を設置し、コンテンツ配信を行うことです。

「自社ホームページにオウンドメディア機能を設置してコンテンツマーケティングを行う」

これはWebマーケティングにおいては、理想的な形ですが、もちろんリスクもあります。

それは効果が出る前にやめてしまうことです。

こうしたコンテンツ配信を積極的に行わない、静的なホームページの魅力は、コンテンツに動きがなくても、ユーザーはそれを気にしない点です。

コンテンツマーケティングは、ホームページに活気を与えるという意味でも、静的なホームページに比べて、たくさんの魅力がありますが、その分その活気が失われた時のリスクを内在しています。

また、ホームページのアクセス向上のためにと、「類似コンテンツ」やユーザーのクリックを誘発させることを狙ったタイトル付けてある「クリックベイド」を多用すると、企業そのものがユーザーから信用を失うといった非常に危険なリスクがあります。

「コンテンツキング」とはよく言われますが、アクセス数が向上しても、そのアクセスに比例して信用を失う事の無いようなコンテンツマーケティングが必要になるでしょう。

コンテンツマーケティングとSEO効果

コンテンツマーケティングとSEO効果

コンテンツマーケティングを心がけて、良質なコンテンツを配信していくことによって、関連性、情報一貫性のあるコンテンツ同士が相乗効果を生み出して、結果的に最良のSEOとなります。このコンテンツ配信・コンテンツの積み上げによるSEOをコンテンツSEOと呼びます。

高品質コンテンツによるコンテンツSEO

高品質なコンテンツの配信により、ウェブサイト・ホームページを訪れたユーザーからの信頼を得ることができるのと同時に、その評価は検索エンジンにも伝わります。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOは別のものではなく、検索エンジンは「検索ユーザーが満足するページを評価して上位に表示することで、検索エンジンとしての価値を高めること」を目的としているため、良質なコンテンツがそのまま、最高のSEOとなります。

コンテンツが情報資産としてホームページの価値を向上させる

コンテンツマーケティング ホームページの価値向上

ホームページのコンテンツを常時追加したり、既存コンテンツを改良していくことは、ホームページ全体の価値を向上させることに繋がります。

コンテンツマーケティングのための新規コンテンツ配信は、それ単独でもマーケティング効果を向上させますが、同時に配信コンテンツが積み上がっていくことで、ホームページ全体の専門性が高まることによって、検索エンジンからのホームページの評価が高まり、全体的なSEO効果も期待することができます。

コンテンツマーケティングの向き不向き

コンテンツマーケティングの向き不向き

コンテンツマーケティングとは、ホームページ内のサイトコンテンツなど「コンテンツ」を用いたWebマーケティングの方法です。

コンテンツマーケティングをはじめとして、Webマーケティングには様々な手法がありますが、どの方法であれ企業の業種や取扱サービスがウェブとの親和性がない場合は、非常にマーケティング活動にロスが多く、結果的に使えない方法になってしまいます。

コンテンツを利用したマーケティングにおいても、「顧客層とウェブがマッチしない」、「製品・サービスがウェブにマッチしない」ということは十分に考えられます。

「どういった目的でコンテンツを利用するのか?」ということが問題になりますが、漠然とSEOやコンテンツSEOでアクセス向上を狙うだけでは結果には結びつきません。

業種によってコンテンツマーケティングの向き不向きがあり、それぞれ適性があります。

コンテンツマーケティングの向き不向き 業種によって異なる適性

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングのメリットとデメリット

ホームページ上で行うコンテンツマーケティングにはメリットとデメリットがあります。

画像コンテンツによるマーケティングや動画マーケティングもコンテンツマーケティングの分野に属しますが、ここではホームページにオウンドメディア機能を設置して行うコンテンツマーケティングについてのメリットとデメリットについてお伝えします。

コンテンツマーケティングのメリットとデメリット
(リンク先ページで、コンテンツマーケティングのメリットとデメリットについて詳しく解説しています。
別タブで開きます)

コンテンツマーケティング導入のメリット

Webマーケティングの一環としてコンテンツマーケティングを導入することのメリットは、トップページの特定キーワードによる検索順位向上のみに特化したSEOや、ランニングコストがかかる直接的な広告運用(リスティング広告やアドネットワーク広告、ソーシャル広告など)などと異なり、様々コンテンツページからの検索エンジン経由、ソーシャル経由のアクセスが獲得できる他、コンテンツの内容によってアクセスユーザーのニーズの顕在化やアクション喚起を行いやすくなる点です。

  1. コンテンツページがもたらすホームページの全体的なアクセス向上
  2. ホームページ全体でアクセスを確保できるためトップページの順位上昇への固執が無くなる
  3. 幅広いユーザー層と出会うことができる、ソーシャル活用がしやすくなる
  4. 固定的なページ以外で、ユーザーのニーズ喚起やアクション喚起を行うことができる
  5. ニーズが顕在化していないユーザーの新しいニーズを作り出すことができる

コンテンツページがもたらす全体的なアクセス向上

コンテンツマーケティング導入による高品質コンテンツの配信によって、個々のページが独立してホームページアクセスに貢献してくれる他、コンテンツSEOによってホームページ自体の価値の向上にも貢献します。
それぞれのコンテンツページが細かな検索キーワードでアクセスを確保してくれることに加え、ソーシャルネットワークでのシェア拡散などによる、検索エンジン以外からのアクセス確保にもプラスに働きます。

コンテンツマーケティングは、Webマーケティング効果としての即効性はありませんが、中長期的に考えた場合には定期的なメンテナンスにより安定したアクセス数やマーケティング効果を発揮するため、広告費といったランニングコストを削減できるといったメリットがあります。

ユーザーのニーズ顕在化やアクション喚起

純粋なサービス案内ページへとアクセスしているユーザーには、既にWebマーケティングコンバージョンの前提となる「特定のニーズ」が存在していますが、ホームページにアクセスしているユーザーの中には、自分自身でも気づいていないニーズを持っているユーザーが存在します。

例えば、何とかホームページの集客効果を高めたいというニーズだけを持っているユーザーが、漠然と「ホームページの作り変え」のニーズだけを持っているとします。

この時点では、全面リニューアルを前提とした「新規ホームページ制作」に対応する会社のみを探している状態であることが予測されますが、こうしたユーザーが「SEO」や「コンテンツマーケティング」、「リスティング運用」、「リライトによるコンテンツの品質向上」等によって、既存ホームページでも改良や他のWebマーケティング手段によって、「集客効果を高められる」ということに気づいたとします。

この時点から、ユーザーのニーズは、「全面リニューアルとしての新規ホームページ制作」から、「既存ホームページの改良」へとシフトします。どの方法を選ぶかはまだ確定していませんが、隠れたニーズが顕在化し、選択肢が増えたことになります。

コンテンツマーケティングのメリットとして、「アクセス数」といった、ただコンバージョンの母数を増やすために純粋なプロモーション回数を増やす方法だけにとどまらず、こうしたニーズの顕在化によって、マーケティングのきっかけを作ることに貢献します。

またこうしたニーズの顕在化の他に、コンテンツ内容によって、お問い合わせといったコンバージョンへの誘導、アクション喚起を行うことも可能です。

「どういうふうに問い合わせればわからない」とアクションにブレーキがかかっているユーザーに、問い合わせ例や導入事例を掲示するということも可能になります。

コンテンツマーケティング導入のデメリット

一方コンテンツマーケティングにももちろんデメリットがあります。

コンテンツ配信を行うためのコストやコンテンツ制作・配信といった運営にかかる労力やコストがその代表例です。また、プランニングのないコンテンツマーケティングを行うと、SEOの面でメインとなるキーワードが薄れてしまったり、コンテンツ制作の労力の割に効果が感じられないといったケースに見舞われることもあります。またコンテンツ内容によっては、企業のブランディングにマイナスに働く可能性があります。

さらに、メリットの裏返しにはなりますが、コンテンツマーケティングは、中長期的なWebマーケティング方法になりますので、リスティング広告の運用と比較した場合に、Webマーケティング効果自体はかなり遅れて出るという遅効性の特徴を持っています。

  1. コンテンツマーケティング導入コスト
  2. コンテンツ制作・配信など運営コスト
  3. コンテンツプランニングの必要性
  4. 企業のブランドへの影響
  5. Webマーケティング効果に即効性がない

コンテンツマーケティング導入コスト

まずコンテンツマーケティングは導入にあたり、常時コンテンツ配信可能なWordPressなどのCMSベースのホームページが必要になります。
コンテンツの追加が容易に行えるのであれば、WordPressに限らず、静的HTMLサイトでコンテンツ配信を行うことも可能ですが、ページ追加や修正にタイムラグと「制作会社に依頼する」といった手間がある場合は、本格的なコンテンツマーケティングを行う上ではロスが多く、逆に運営にコストがかかるケースがあります。

コンテンツ制作・配信など運営コスト

効果的なコンテンツマーケティングのためには、ある程度しっかりとコンテンツが配置されるまでの間、継続したコンテンツ配信が必要になります。
こうしたコンテンツ配信のためには、コンテンツプランニング、新規コンテンツの制作、そして配信作業といった手間が必要になります。
固定的なホームページの場合は、必要箇所のみの修正更新のみなのでメンテナンスにそれほど手間がかかりませんが、こうしたコンテンツ制作や配信、そしてさらに有効的なコンテンツマーケティングのためには既に配信したコンテンツの修正・更新が必要になります。
こうしたことから、運営にかかる労力とそれに伴う運営コストを考えた場合、通常のホームページと比較した場合に大幅な作業量の増加、もしくは高額なコンテンツマーケティング予算が必要になります。

コンテンツプランニングの必要性

コンテンツマーケティングは、その言葉通りコンテンツを活かしたWebマーケティング手法ですが、どのようなコンテンツでも「Web集客」にプラスに働くというわけではありません。
しっかりしたコンテンツプランニング、配信コンテンツの方向性を決めてからコンテンツを配信しなかった場合、Webマーケティングの対象とは異なったユーザーばかりのアクセスが増えるだけになり、結果としてホームページのアクセス数は伸びてもお問い合わせは来ないといった、目に見えない失敗のリスクを内在しています。
コンテンツ制作にはコストがかかるため、そうした費用対効果を考えた場合にはWebマーケティングとして失敗になってしまう可能性があります。最悪のケースとして、メインとなるホームページの特定キーワードの順位下落の原因にもなるリスクを持っています。

企業のブランドへの影響

配信コンテンツの内容によっては、企業ブランドにマイナスイメージがつく可能性があります。基本的にコンテンツマーケティングは、ホームページへの集客とコンバージョン数向上の両側面からのWebマーケティング手法ですが、ホームページへのアクセス数向上に集中するあまり、内容としては低俗なコンテンツを配信すると、その分だけアクセスは集まっても企業ブランディングにマイナスに働く可能性があります。

Webマーケティング効果に即効性がない

コンテンツマーケティング導入のメリットの裏返しにはなりますが、コンテンツマーケティング導入後すぐにWebマーケティング効果が表れるといった即効性はありません。
Webマーケティング手法のひとつであるリスティング広告の場合は、運用したその日から効果を期待することができますが、コンテンツの配信によるマーケティングは、検索順位の安定や関連記事による相乗効果などの側面があるため、導入初期段階では効果を感じられないことがよくあります。
コンテンツマーケティングは中長期的なWebマーケティング手法になりますので、短期的な効果を前提とせずに中長期のWebマーケティング戦略・コンテンツ企画を元に導入していく必要があります。

コンテンツマーケティングの導入・企画、コンテンツ制作

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、コンテンツマーケティング導入にかかるのオウンドメディアコンテンツの企画・コンテンツ制作サービスを提供しております。

WordPress等のCMSを利用して、コーポレートサイト内にオウンドメディアを設置されていらっしゃる場合、コンテンツ制作やコンテンツ企画にかかるサービスお手伝いすることができます。

「コンテンツマーケティングを導入してみたいが、やり方がわからない」

「Webマーケティングコンバージョンに至る、効果的なコンテンツを配信できない」

「コンテンツの配信によってSEO効果を高めたい」

というご要望をお持ちの方に、ホームページのWordPress化や、コンテンツ企画・制作など、コンテンツマーケティングの代行サービスを提供しています。

コンテンツSEOやユーザーのニーズ喚起にかかる、コンテンツマーケティング用の記事の配信の代行も可能です。詳しくは一度お問い合わせくださいませ。

Webマーケティング

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら