ネットショップと実店舗の相違点 商品へのアプローチの違い

ネットショップと実店舗の相違点 商品へのアプローチの違い


今回は、ECサイト・ネットショップと実店舗の相違点として、「商品へのアプローチの違い」についてお伝えしていきます。

通常の店舗とネットショップでは、見込み客の「商品に触れて、商品情報を確認する」という行動が異なる点が容易に想像することができます。

そして、ウェブだけの特性として、ユーザー(見込み客)が「商品までたどり着くプロセス」が通常の店舗とは大きく異なる可能性が高いことが挙げられます。

トップページとコンテンツページ サイトの種類による重要度」でお伝えしましたが、ECサイト(ネットショップ)においては、トップページと商品ページ、それぞれのもつ役割が異なり、トップページに役割があるとすれば、インデックスページとしての役割です。

重要視されがちなトップページも、SEOによる検索エンジンを利用したSEM(サーチエンジンマーケティング)において重要視されることはそれほどありません。

特にECサイト・ネットショップの場合は、大手ショッピングモールサイトがたくさん存在し、かつ、競合サイトも多いことから、商品ジャンルのビッグキーワードで、トップページが検索エンジンの検索結果で上位に表示去ることは相当困難であるからです。

こうした背景から、ECサイトの場合は、トップページよりも、各商品ページのキャッチや案内文の作りこみに力を注いだほうが良いでしょう。

各商品ページや商品ジャンルに関連したコンテンツページの作り込みによって、細かなキーワードから検索エンジンからのサイトアクセスを狙えるほか、ページの作りこみよってサイトユーザーへのメッセージ性が高まり、結果コンバージョンへの確率が向上することが期待できるからです。

ユーザーの商品へのアプローチの違い

ユーザーの商品へのアプローチの違い

ネットショップと実店舗を比較した時に大きく異なるポイントの一つが、ネットショップの場合は「いきなり商品ページにやってくる」という可能性が大きいことです。

例えば、ECサイト(ネットショップ)においてキレイなスライドショーなどが設置されたトップページを経由することなく訪問するユーザーをイメージしてみてください。

通常の実店舗であれば、お店の玄関をくぐって商品を手にとって価格などを確認しますが、ECサイトの場合は、店舗外観や店内の様子を覗いてから商品情報に触れるというような実店舗でのプロセスがパスされるケースがほとんどです。

そのプロセスをバイパスする可能性として、ECサイトでの既成品販売の場合は、特定キーワードによって商品ページへとやってくる可能性が高いため、特に顕著に現れるでしょう。

ECサイトでは、ランディングページが商品ページ・コンテンツページであることがほとんどです。

サイト内の移動

サイト内を移動する場合も、その商品への購買意欲が高ければ、送料や決済方法が記載されたページヘの移動、まだ購買意欲が確定的ではない場合は、他の類似商品や商品一覧ページへと移動するケースが多いはずです。

この場合、店舗のブランド、店舗の名称やロゴ等はあまりユーザーとしては関心がないことが予測されます。

ショップイメージを伝えるのは困難

ウェブユーザーにショップイメージを覚えてもらうということは非常に困難です。

一般的には、既成品の場合、価格と送料、在庫状況などを確認して、全く異なるサイトを再検索する可能性が高く、特定の商品を探している場合には、関連商品のページにすら移動せずに、また再検索に入ります。

ユーザーとの接触機会はSEOなどで回数を増やすことはできますが、滞在時間、他のページヘの移動という点では、実店舗ほどチャンスの回数が少ないという点がネットショップの特徴です。

いきなり商品ページヘ

ネットショップの場合は、自然検索経由でのアクセスであれ、ソーシャルシェアであれ、また、楽天などのモールであれ、「いきなり商品ページにやってくる」というパターンでのサイト流入が大半です。

ソーシャルでトップページがシェアされた場合などを除き、サイトアクセスにおいて「まずはトップページから」というケースは少ないでしょう。基本的にはコンテンツページからの流入を想定する必要があります。

滞在時間を長くする

その場合、いかに滞在時間を長くするかという点が重要になります。

視点を変えれば、「以下に興味関心を持っていただけるか」という点が重要になります。

この点について、ネットショップの場合は実店舗のようにスタッフが直接ユーザーの様子を見ながら適切な商品説明をする、といったことはできません。

実店舗よりも高いネットショップの離脱率

実店舗よりも高いネットショップの離脱率

ウェブ上でいきなりECサイト(ネットショップ)の商品ページにやってきたユーザーは、実店舗のようにお店全体の雰囲気によって来店したというパターンではないため、実店舗よりも離脱率が高いでしょう。

サイトのアクセスは、店舗との接触になりますが、ネットショップはウェブ上での来店のため、実店舗よりも訪問自体が容易で、その分だけ離脱も容易になります。

既にある商品に対する購買意欲の高いユーザーは、価格・送料・在庫数など、数点の確認ポイントを確認した段階でサイトを離脱する可能性が大いにあります。

競合店の同一商品・競合商品への移動までが簡単

ネットショッピングの特徴は、通常の店舗での販売に比べて、比較対象である競合店、競合商品までの移動時間が極端に短いことです。

通常の実店舗であれば、一度店舗を出て、違う店舗へと移動する必要がありますが、ECサイト・ネットショップの場合は、すぐに検索から競合店への移動が可能です。

「比較商品を探す労力や時間がもったいない」

ということは実店舗ならばよくありますが、ネットショッピングの場合は、その再検索の労力や時間があまりに少なく短いため、「ライバル店舗へと移動して、比較検討の後にコンバージョン」ということが想定できます。

コンバージョン数向上のために

ウェブの活用はたくさんのユーザーとの接触のチャンスがありますが、それぞれのチャンスの秒数は著しく短い時間になります。

これに対応するには、一つは興味関心を引き出して滞在時間を長くすること、もうひとつは、根本的な接触回数を増やすことです。

そして最終的な比較検討の際に優位に立てるように、アイキャッチ画像やキャッチフレーズを含めて競合を超えるページ表現やサイトの工夫をする必要があると考えることができます。

ネットショップ特有の性質と販売商品の性質に合わせて、ECサイトの仕様の決定や、案内文などの「各ページの作りこみ」をする必要があるでしょう。


「ネットショップと実店舗の相違点 商品へのアプローチの違い」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら