ホームページ制作のSEOを考える上で必要な「論理的な文章」

ホームページ制作のSEOを考える上で必要な「論理的な文章」


ホームページ制作における「SEO」は、ホームページの構造そのものや、既に出来上がったテキストに対する適切なマークアップなどになりますが、もっと根本的なSEO・SEO対策を考える場合には、テキストデータ、つまりWebライティング文章そのものを工夫する必要があります。

ホームページ制作のSEOを考える上で必要な「論理的な文章」とは、ユーザーの検索意図に応じた、文脈を意識した文章を作成することと、タイトルや見出しの適切な使用などです。

検索されているキーワードを調査したりすることで、さらに検索エンジンからのホームページアクセスを期待することができます。

SEOとしての論理的な文章

SEOとしての論理的な文章

SEOを意識したWebライティングは、ユーザーの検索意図に応じた、検索ユーザーのニーズに対応する「文脈を意識した文章」作りがまず第一に必要になります。

ただ単に基礎的なSEOを実施するだけでなく、コンテンツ部分、とりわけ文章コンテンツをきちんとした論理的な文章に仕上げ、ユーザーの検索意図に対応した「答え」となりうるようにWebライティングを工夫していく必要があります。

SEOは検索エンジン最適化という意味を持っていますが、ホームページのテンプレートがいかにSEOに適したものであったとしても、そのページのコンテンツがユーザーの検索行動に対する答えにならない場合は、検索結果上位に表示することはありません。

まずは、ページの持つ内容が検索の奥にあるどんなニーズに対応した「解決案」であるのかをしっかりと考える必要があります。

プレーンテキストを論理的に示す

そして、ホームページの内のテキストコンテンツが論理的で、かつ正しい文脈を持っていた場合、そのテキストに対して、「見出し」や「段落」をはじめ、リスト、引用など、プレーンテキストをいかに論理的に文章として示すかという点が、SEOを考える上で、そのウェブページの「取り扱っているテーマ」を示す重要なポイントになります。

同じ文章の内容でも、どの部分が重要で、どういった事を結論づけているのかというところを検索エンジンにわかりやすく伝えていくためにSEOがあります。検索結果上位表示のためのSEOというよりも、「上位表示は結果であり、何について書いているのかを明確にする」というところがSEOの大原則です。

検索エンジンにうまく伝えること

そしてSEOは、その論理的な文章で構成されたそれぞれのページや、それらのページ群がまとめられたホームページ全体がどういったテーマを取り扱っているかということを、検索エンジンにうまく伝えることがポイントとなります。

同じようなクエリを用いて同じようなことについて書かれた内容のページが複数あったとしても、言及している内容が異なるものであることはよくあります。そうした時に、「同じような言葉を使いながらもテーマは異なる」ということを伝えていったり、内容が重複している場合は、優先して表示させるべきページを明示していくということもSEOの範囲に入ります。

SEOの工夫 タイトルや見出し

SEOの工夫 タイトルや見出し

SEOとしての配慮だけでなく、ページを見る人、文書を読むユーザーにとって、「わかりやすいページ」を作る基本的なページの作成方法になります。

例えば書店で本を探すときに、タイトルや見出し、目次を確認して自らの探しているテーマに沿っているかを判断するように、SEOを意図するならば、検索エンジンの高評価のためには、ホームページ全体や各ページに文書のタイトルや見出しなどの論理構造を示すという基本的な方法として必要になります。

タイトルや見出しを工夫することは、検索結果でのクリックを促すことにもつながりますが、何より、そのページが取り扱っているテーマ、主題は何かということを検索エンジンに伝えやすくなるという点がSEOとしての最大のメリットです。

SEO(検索エンジン最適化)

案外こうしたタイトルや見出しの設定がSEO用にうまく設定されていないことがあります。このSEOの設定変更だけで、「検索エンジンから見たページの主題」が大きく変わるので、SEO効果も大きいですが、その分注意も必要です。

単純に検索順位を上げるということだけではなく、「どんなキーワードで検索結果に出してもらうか」というSEOキーワードの調整にも大きく影響を与えます。

トータル的なWebマーケティング効果の改善には単純なSEOによる検索順位の向上だけでなく、SEOキーワードの変更という施策が有効な場合もありますのでデータを参照しながら複合的にSEOに取り組んでいくことが大切です。

SEOの調整とリライト

タイトルや見出しの工夫といったSEOの調整を行った場合、Webライティング当時のコンテンツとの整合性の問題が生じる可能性があります。

タイトルや見出しはSEO用に変更したものの、本文との関連性が薄いというケースです。こうした場合は、再度Webライティングを行い、コンテンツをリライトしていく必要があります。

単純にSEO目的でタイトルや見出しを変更しても、それがコンテンツ本文と関係がない場合は、SEO効果が高まるどころか、検索エンジンのインデックスから削除される可能性もありますので、リライト等の対応が必要になります。

ホームページ制作&SEO、Webマーケティング 京都

ホームページの制作・企画・運営・更新やホームページのSEO対策、ローカル検索対策などのWeb制作サービス、Webマーケティングなら、京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)
株式会社ファンフェアファンファーレへ!

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレは、Webマーケティング効果を最大限に引き出すSEOに特化したホームページ制作やカスタマイズ、SEOを手がけております京都市のWeb制作会社(ホームページ制作会社)です。

「ホームページ制作」京都府京都市内エリア(上京区、中京区、下京区、東山区、右京区、左京区、北区、南区、西京区、山科区、伏見区)および京都市近郊エリア(亀岡市、宇治市、向日市、長岡京市など京都府下の京都市近郊市町村、滋賀県南部、大阪府北部など)では、ホームページ制作・作成・SEO対策等のWeb制作サービスにつきましては、ご訪問での打ち合わせ・ヒアリング・ご提案をさせていただいております。SEO・Web集客・WebマーケティングにかかるWebコンサルティングもご対応可能です。

ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社) ファンフェアファンファーレ (トップページへ)


「ホームページ制作のSEOを考える上で必要な「論理的な文章」」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: , ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら