ランディングページがどのページかによって変わる導線

ランディングページがどのページかによって変わる導線


「ランディングページ」とは、ホームページ(ウェブサイト)にやってくるユーザーが最初にアクセスするページです。

今回は「ランディングページがどのページかによって変わる導線」と題しまして、最初に閲覧される「ランディングページ」についてお伝えしていきます。

ランディングページには、広告用ランディングページ、SEMを意識したコンテンツページなどがあり、そしてトップページもランディングページとなりうることがよくあります。

  1. 広告用ランディングページ
  2. SEMランディングページ
  3. トップページ(ホームページ)

狭義のランディングページは、ホームページの様々なページの中でユーザーが最初に訪れるページを意味しますが、リスティング広告などでよく使用される広告用ランディングページ(直接的なコンバージョンを狙う縦長の広告っぽいページです)のことを「ランディングページ」と呼ぶ方もいます。なお、こうしたランディングページは「LP」と略されることがあります。

以前、「トップページとコンテンツページ サイトの種類による重要度」でお伝えしたとおり、コーポレートサイトとメディアサイト、ECサイト(ネットショップ)では、トップページとコンテンツページの重要度が異なり、ECサイトなどでは、ユーザーがいきなりトップページにやってくることはほとんどありません。

また前々回、「ネットショップと実店舗の相違点 商品へのアプローチの違い」で、お伝えしたとおり、ECサイトの要は商品ページになります。しかしながら、コーポレートサイト(企業ホームページ)の場合は、トップページ経由での閲覧も多いでしょう。

広告用ランディングページとSEMランディングページ

広告用ランディングページとSEMランディングページ

ランディングページの中には、広告用に制作された特別なランディングページがあります。

検索広告をクリックするとよく表示される、非常に縦に長い広告ページです。

広告用ランディングページに設置されたボタンのリンクは、お問い合わせページに飛ぶものや、商品詳細ページに移るケースが多いでしょう。

ウェブサイト・ホームページが2カラムレイアウトであっても、広告用ランディングページは一般的に1カラムレイアウトです。

また、リスティング広告用ではなく、自然検索の通常クリックからのアクセスを狙ったSEM用のランディングページがあります。こちらは一般的なサイト内部のレイアウトで、高品質コンテンツによってロングテールSEOを狙ったページです。

「広告」に特化したランディングページ

ウェブ広告用に制作されたランディングページは、まず第一段階として、ある製品やサービスを具体的に紹介し、その製品・サービスに興味関心を持った場合に、購入やお問い合わせに進むといった導線が設定されています。

このケースは、まさに「広告」に特化しており、直接的なWebマーケティングを意識したランディングページで、間接的なPR要素はそれほどありません。

リスティング広告などで使用され、クリックしたユーザーの直接的なアクション誘導(お問い合わせの送信、メールマガジンの登録など)を行うことを目的としています。

SEMランディングページ

一方、SEMランディングページは、SEM(サーチエンジンマーケティング)として、ロングテールキーワードなどで、製品・サービスに直接関心があるユーザー層より少し興味関心が浅いものの幅広く接する機会を狙って、制作する場合が多いでしょう。

その場合は、SEMランディングページ自体は、直接的なマーケティングではなくPR要素を含んでいます。

もちろん検索経由からのアクセスを狙ったものではありますが、広告用ランディングページのように直接的ではなく、広告的要素があまりない場合がほとんどです。

直接的に商品やサービスを求めているユーザーへのセリングページの場合もありますし、コンテンツマーケティングの代表例として、情報を探しているユーザーへの情報コンテンツページとして検索エンジン経由でのアクセスを狙ったものというケースもあります。

ホームページ(トップページ)がランディングページのケース

ホームページ(トップページ)がランディングページのケース

コーポレートサイトでは、ホームページ(トップページ)がランディングページ、というケースがよくあります。

企業自体に認知度があり、社名で検索され、やってくるパターンもありますが、もう一つ、SEMとして、SEOに配慮し、例えば「税理士 滋賀」など「業種+地域名」などのミドルキーワードで検索結果トップ10にランクインしている場合にも、トップページがランディングページになるケースがあります。

ランディングページがホームページ(トップページ)で、かつきちんとアクセスが見込める場合は、ブランディングを優先してもいいでしょう。

この状態であれば、ホームページ(ウェブサイト)のデザイン面などを工夫して、より強いインパクトを与えるということも、有効になってきます。

このケースの場合は、企業のイメージをより伝えることができますが、それだけでは、せっかくのサイトアクセスにPRロスが多くなってしまいます。

主力ページヘの導線

トップインデックスの中に、目立つキャッチやボタンでコンテンツページヘの誘導を施すなど、ランディングページの次にページ送りされる「誘導したいページ」ヘの導線が必要になるでしょう。

「1サイト2、3クリックで離脱する」という傾向があるため、よほどの関心を持たれない限り、3ページほどの閲覧でユーザーが離脱してしまうことを念頭に置けば、まずランディングページとして、あまり具体的なことが記載されていないトップページで1ページを見られているため、残りのチャンスは少なくなります。

トップページがランディングページの場合は、「次に閲覧されるページ」に重点を置いて、そのページまでの導線をしっかり作る必要があるでしょう。

今回は、ホームページ(トップページ)がランディングページのケースをお送りしましたが、それ以外のパターンは、また次回以降にお伝えしていきます。


「ランディングページがどのページかによって変わる導線」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: , , , ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら