内部リンクのアンカーテキスト最適化によるSEO

内部リンクのアンカーテキスト最適化によるSEO


ウェブの最大の強みである、ホームページ(ウェブサイト)の「リンク機能」は、ページ間をクリックで移動することのできる機能で、同時にページの関係性を示す場合にも有効な機能です。

自らのホームページ内の他のページへ向けられたリンクを内部リンク、外部サイトへと向けられたリンクを外部リンクと呼びます。また、リンクを施すことを発リンク、該当ページへとリンクを向けられることを被リンクと呼びます。

リンクの設置にはHTMLの<a>タグを使用します。

リンク機能は、ホームページ内のページとページを繋ぐことであり、通常、繋がれたページ同士が関連した情報であることが予測されます。

内部リンクを最適化することは、最も基本的なSEOの一つです。

基本的なリンクの分類

基本的なリンクの分類

ホームページ制作で設置する「リンク」ことアンカーには様々な属性をつけることができますが、もっと大きな枠組で考えた時、基本的なリンクの分類はテキストリンクと画像リンクです。

  1. テキストリンク
  2. 画像リンク

このアンカー(リンク)機能は、ホームページのSEOにとって重要ですが、最適化されたリンクの設置とペナルティの対象となったり、SEOのパワーロスに繋がります。

ホームページのコンテンツ内部からの発リンクにおいて、全く関係ないページヘのリンクは不自然であり、ページテーマの整合性が取れません。

前後ページへのリンクである、ページナビゲーションは取り扱いが異なりますが、コンテンツ内部に作為的にリンクを設置する場合は、少なからずそのリンク自体が価値のあるものである必要があります。

内部リンクのSEO

内部リンクのSEO

内部リンクはページとページの関係性を示す場合にも使用されます。

そして内部リンクにもテキストリンクと画像リンクといったパターンの違いがあります。

この「テキストリンク」と「画像リンク」に共通しているのが、アンカーテキストの最適化です。

アンカーテキスト最適化

アンカーテキスト最適化

テキスト(文字列)で施されたリンクを「テキストリンク」、画像に施されたリンクを「画像リンク」と呼びます。

リンク内のテキストのことをアンカーテキストと呼び、画像リンクの場合は、画像の代替テキストがアンカーテキストの代替指定になります。

リンク先ページがどのようなページかを示す場合に、アンカーテキストをしっかりと記述すれば、検索エンジンに対してページの主題や属性を示すことを助けます。

また、ホームページの構造を示す中で、このリンク機能を利用した「パンくずリスト」などが、構造やページ重要度、階層を示すよい機能になります。

ホームページの内部リンク構造のSEO【SEO内部対策】

SEO効果の高いホームページ制作、SEO対策なら
ファンフェアファンファーレにお任せください

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、SEO効果の高いホームページの制作はもちろんのこと、既に運営されているホームページのSEO対策において、通常のSEO内部対策だけでなく、高品質なコンテンツによるコンテンツSEOも手がけております。

SEO効果の高いホームページ制作サービス、SEO対策サービスにつきましては、「ホームページ制作 京都」 ホームページ制作・作成のプランニングにつきましては、京都府京都市内(上京区、中京区、下京区、東山区、右京区、左京区、北区、南区、西京区、山科区、伏見区)および京都市近郊エリア(亀岡市、宇治市、向日市、長岡京市など京都府下の京都市近郊市町村、滋賀県南部、大阪府北部など)では、ご訪問での打ち合わせ・ヒアリング・ご提案をさせていただいております。京都でホームページ制作ならお任せください!もちろんホームページ制作(ホームページ作成)は全国対応しております。WordPressでのホームページ制作など、新規でのホームページ制作・ホームページ作成はもちろん、既存ホームページのリニューアルやSEO・SEO対策、各種Web集客・WebマーケティングにかかるWebコンサルティングも対応可能です。

SEO(検索エンジン最適化)・SEO対策


「内部リンクのアンカーテキスト最適化によるSEO」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら