高品質コンテンツによるコンテンツSEO


コンテンツSEO 高品質コンテンツによるホームページのコンテンツSEO

コンテンツSEOとは、「コンテンツ」を活かしたSEOの方法です。高品質コンテンツの制作、配信によるコンテンツSEOを施策することで、正当な検索順位向上を行うことができます。

SEOは検索エンジン最適化という意味ですが、サイト全体の評価の向上や高品質のコンテンツによる検索エンジンからのアクセスは、ウェブサイト・ホームページ運営の中でSEOの観点からも重要になります。

コンテンツSEOにあたって配信する「コンテンツ」ですが、大きく分けて、フロー的なバズコンテンツと、短期的な盛り上がりはなくても、長期的に安定してアクセスを確保するストック的なコンテンツなどの分類があります。

短期的なバズコンテンツも、被リンクの獲得などによって、ストック的なコンテンツとなりえますが、最初に用意するべきコンテンツは、バズることを目的としたコンテンツではなく、事実的情報などがしっかり掲載されたストック的なコンテンツだと考えられます。

コンテンツSEO

コンテンツSEOの原則は高品質なコンテンツの提供になります。そして、コンテンツSEOを考える上では、基本的なSEO、つまり「検索エンジン最適化」との区別が必要になります。

狭義のSEOを考えた場合には、あくまでページをいかに検索エンジン用に最適化し、コンテンツの内容やコンテンツ内容の中の重要な部分を正確に伝えるかが重要になりますが、このコンテンツSEOは、高品質なコンテンツを配信することのみであると考えても問題はありません。

きちんとしたコンテンツを追加していくことで、各ページ間の相互扶助関係をもたらしたり、サイト全体の評価を高めることがこのコンテンツSEOの目的であり本質です。

低品質なページを追加してもコンテンツSEOの効果は期待できない

旧来からのコンテンツSEOのイメージは、「ページを増やすことがSEOにつながる」というものです。

しかしながら、低品質なページをいくら追加しても、コンテンツSEO効果、サイト全体のSEO効果の増大は期待できず、コンテンツページからの検索エンジン流入も期待することができません。

低品質なコンテンツの配信は、更新頻度が高くても効果がない

またサイトの更新頻度がSEOに有効であるという情報も流れていたため、新規ページの追加や既存ページの更新などの頻度を上げればSEO効果があると考えられていたこともあります。

こうしたことを受けて、システムでトップページの一部の文言を定期的に入れ替えるというような施策が行われていたこともあるそうですが、こうしたSEO施策には意味がありません。

その理由は、ユーザーに対して新しい価値を生み出していないからです。

ユーザーから必要とされていないページをいくら高い更新頻度で制作して配信しても、それを検索エンジンが評価することはありません。

コンテンツSEOの基本は高品質コンテンツを追加していくこと

コンテンツSEOに意識を集中して高品質なコンテンツをサイトに追加していくことで、今まででは感じれなかったほどにユーザーからのアクセス数が伸びます。

検索エンジンはSEOにおいてあくまで「ユーザーが求めているであろう情報を掲載しているページ」を検索結果上位に表示しようとします。

以前からのSEOの考え方では、こうしたスコアリングの中で、被リンクによるPageRankの転送のみに着目されていたことがあり、現在でもこうした手法から逃れられないウェブマスターやWeb制作会社もたくさん存在するようです。

こうしたコンテンツSEOは検索エンジンの意図である「ユーザーを満足させるページ」を検索結果に反映させることに忠実です。高品質コンテンツを追加していくことこそ、検索結果上位に表示されるべきサイトの条件に適合していると考えることができます。

高品質コンテンツの配信

コンテンツSEOの要は「高品質コンテンツ」ですが、まずは「おもしろコンテンツ」や「お役立ちコンテンツ」爆発的なアクセスを狙うよりも、着実にホームページ(ウェブサイト)に必要な基本情報を網羅することが先決です。

特にメディアサイトなどではない企業の公式サイトの場合は、バズコンテンツによるコンテンツSEOの必要すらあまり想定できません。

しかしながら、その企業にしか配信できない「高品質コンテンツ」のパターンはたくさん考えられます。

検索ユーザーのニーズに応える高品質な「コンテンツ」を配信したり、ウェブページが論理構造が最適化されたりといったSEOを施すこと、これは検索エンジン・検索ユーザーのすべてが頷く喜ばしいことです。

ユーザーにとって良質なコンテンツかどうか

一般的に、検索ユーザーが索エンジンを利用する際、「疑問や質問」に対する「正確性の高い回答」を求めています。その他、比較検討材料や、新しい発見・経験を求めて検索するという場合もあります。

それぞれのウェブページが、そのユーザーにとって良質なコンテンツかどうか、というところは個人差がありますが、一般的に高品質コンテンツと推測が立つページは、サイト全体が専門性を持ったテーマのページで構成され、そして、ページの掲載情報が検索キーワードとの一致性・関連性を持ち、またボキャブラリに富みつつ、より多くの情報が掲載されているということが考えられます。

そして、さらに高品質となりうるためには、その情報の中でどの部分が重要かどうかをページのhtmlで論理構造を示したりメタ情報を最適化するといったSEOが必要になります。

ホームページ(ウェブサイト)の適切なHTMLマークアップ

高品質なコンテンツであるためのポイント

高品質なコンテンツであるポイントは論理性がしっかりしていること、そして、他サイトとの情報の重複点が文章全体の比率の中で少なくユニークであること、そして、「そのページに信頼を置くことができるか?」、という点が重要になります。

ユーザーが求めているであろう情報について、くまなく網羅して情報が掲載されており、かつ、独自の付加価値をもたらしているか、というところも重要なポイントです。

コンテンツSEOのSEO内部対策効果とSEO外部対策効果

コンテンツSEOを行うことで、サイト全体にSEO内部対策効果とSEO外部対策効果を期待することができます。

高品質コンテンツはそれ自体が検索結果上位に表示され、サイトへのアクセスを確保してくれるというメリットがありますが、それに加えてページ間の相互扶助や外部リンクの獲得といったSEOの内部・外部様々な点でプラスの効果を期待することができます。

SEO内部対策としての効果

コンテンツSEOの利点は、そのコンテンツ自体が検索エンジンからのトラフィックを確保することと同時に、コンテンツが豊富になることによってサイト全体にテーマ一貫性が生まれ、ホームページ(ウェブサイト)そのものの評価が向上する事にあります。

これは、SEO内部対策としての効果と考えることができます。

SEO外部対策として効果

そしてもう一方、バズコンテンツなどが、ソーシャルなどでシェアされたりすることによって、ソーシャルからのサイトアクセスが見込める点に加えて、そのコンテンツページがナチュラルリンクを獲得するきっかけになるというメリットがあります。

これはSEO外部対策として効果と考えることができます。

ペイドリンクなどが規制される中、自然な形での被リンクの獲得のカギを握るのがコンテンツSEOです。

細かなSEO施策よりも、高品質コンテンツの充実を

細かなSEOテクニックに走り、検索上位ばかり狙うのは、労力に見合わず、そして検索エンジンやウェブサイト・ホームページをご覧になるユーザーを混乱させることになりかねません。

しかしながら、せっかく作ったウェブサイト・ホームページや良質なコンテンツが誰にも見られないことは、悔しいことです。そして、そのコンテンツに含まれる情報を求めている人に届かないというのは、社会にとっても良いことではありません。

ヒヤヒヤしながらブラックハットSEOを行ったりやホワイトハットSEOの細かなポイントにこだわるよりも、「高品質コンテンツの配信」によるコンテンツSEOの方が確実です。

検索エンジン、検索ユーザーなど、ホームページ(ウェブサイト)に関わる誰もが嬉しいこと、それはコンテンツの充実です。

そして、リスクを伴うブラックハットSEOと異なり、サイト運営者であるウェブマスターは安心してホームページ(ウェブサイト)を運営することができます。

コンテンツSEOによって獲得した検索エンジンからの評価は、正当で非常に安全なものであるため、各種検索アルゴリズムの変更による影響をそれほど気にすることもなくなります。

こうした高品質なコンテンツの配信によるSEOである、コンテンツSEOを行うには、WordPressなどのCMSでのホームページ(ウェブサイト)運用が適しています。

弊社では、コンテンツSEOを行いやすいWordPressでのホームページ制作サービスや既存サイトのWordPress化、コンテンツ制作などのサービスを提供しています。

SEO(検索エンジン最適化)・SEO対策

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ
ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら