ハミングバードアップデート 【SEO対策】


ハミングバードアップデート SEO対策

Google検索アルゴリズムの「ハミングバードアップデート」は、低品質コンテンツやSEOスパム排除といった目的を持つ「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」とは大きく異なり、複合検索キーワード(検索クエリ)での検索の場合、各クエリを直接含むものだけを優先せず、キーワードの背景や文脈を理解し、「会話型」解釈の処理を向上させた革新的なアップデートです。

通常の考えられるAND検索では、単語の羅列を対象とし、対象となる単語を全て含む検索結果を反映しますが、このハミングバードアップデートの導入により、検索クエリの複合から検索者の検索意図を推測し、そのキーワードの背景と文脈を理解してより関連性が高いページを検索結果リストに反映されるようになりました。

ハミングバードアップデートの目的

ハミングバードアップデートの目的

ハミングバードアップデートの目的は、検索ユーザーの検索意図を推測して、単語との合致だけでなく、キーワードの背景や文脈を理解して、「会話型検索」のより精度の高い検索機能をもたらすために実施されました。

パンダアップデート、ペンギンアップデートは検索精度向上のために、「スパム」「低品質」を排除することを目的とした、旧来からのアルゴリズムの調整といった要素がありましたが、このハミングバードアップデートは、コンテンツそのものの品質のスコアリングを変更する目的があるようです。

この検索アルゴリズムアップデートは、検索ユーザーが複雑な単語の区切りで検索を行った場合、直接的にその単語を含むものを検索結果に反映するよりも、検索ユーザーの検索意図に沿った関連性の高い文脈解釈を行うアルゴリズムであり、「単語」に比重をおいた不自然なページよりも「コンテキスト」や「フレーズ」を重要視して自然な会話文や文章を含むページを検索結果に表示させるための新しい仕組みです。

会話型検索

自然な会話文や文章であれば、必ずしも直接的な単語にならない場合があります。

ウェブ検索では、単語の区切りでの検索も行われますが、文章的な検索が行われることもあります。

ハミングバードアップデートにより、そうした場合の検索の「揺れ」にも対応するようになりました。

ハミングバードは、例えば、「ホームページ制作会社 京都」といった単語であれば、「ホームページ」「制作」「会社」「京都」といった単語を含んでいますが、検索ユーザーの入力が、「京都でホームページを作ってくれる会社」であった場合でも、その検索クエリの文脈を解釈して、クエリの類似性や関連性を検索結果に反映するといったアルゴリズムです。この場合は、「ホームページ制作会社 京都」で検索した場合でも、「京都でホームページを作ってくれる会社」という文章を含むページをでも反映し、その反対の場合でも同じように検索結果に反映するというアルゴリズムです。

ハミングバードアップデートの影響を受ける対象

ハミングバードアップデートの影響を受ける対象

ハミングバードアップデートの影響として、会話型の文章を含んでいるページが検索結果に反映される可能性が高まり、逆に単語の区切りばかりの不自然なコンテンツページの順位に影響が出ることが考えられます。

旧来からタイトル設定などでは、文字数の制限があると考えられていたため、検索の複合キーワードを半角スペースで区切ったようなページタイトルなどが推奨されているケースもありましたが、ただの単語の羅列よりも自然なフレーズであるほうがうまく検索結果に反映される可能性があります。

キーワードを意識しすぎて詰め込み過ぎたページよりも、自然な文章、自然な会話文を含んだページがハミングバードアップデートの恩恵を受けると推測されます。

ハミングバードアップデートを考えたSEO対策

ハミングバードアップデートを考えたSEO対策

ハミングバードアップデートはパンダアップデートやペンギンアップデートとは異なり、検索クエリの背景にある検索意図を推測して、コンテンツの文脈を解釈します。

ハミングバードアップデートを考えたSEO対策は、検索ユーザーの検索意図を考え、それに対応した自然な文章、自然な会話文を意識して、高品質コンテンツを制作することが考えられるでしょう。

Google検索アルゴリズムアップデート

SEO(検索エンジン最適化)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら