ホームページの内部リンク構造のSEO【SEO内部対策】


SEO内部対策 ホームページの内部リンク構造のSEO

ホームページの内部リンク構造は、ホームページ内外のページ同士の関連性やリンク先ページの属性を検索エンジンに伝える際に、重要なものであるため、SEOの中でもとりわけ重要な項目として考えることができます。

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、ホームページのSEOカスタマイズ・SEO対策にあたり、ホームページ内に設置されたリンクのチェックや最適化を施策させていただいております。

新規ホームページ制作の場合は、内部リンク構造が最適となるようにホームページ(ウェブサイト)を設計させていただいておりますが、WordPressベースのホームページなどでコンテンツページ数が増えてきた場合は、内部コンテンツのチェックに加えて、内部リンク構造を見直す必要があります。

ホームページのコンテンツページ増加に伴う内部リンク構造の再構築

ホームページのコンテンツページが増加すると、それまでの情報の体系化のバランスなどが変化します。ページ増加に伴い内部リンク構造の再構築することで、ページ間の関係性や重要なページを検索エンジンに示すことができます。

固定的な静的ホームページの場合は、ページ数の変化などがないためSEO施策の必要性はありませんが、WordPressなどのCMSによってページを新規追加できるタイプのホームページの場合は、新規ホームページ制作時と、ホームページ運営後ではサイト全体の構成が変化することから、定期的に内部リンク構造の見直しをする必要があります。

この内部リンク構造の再構築によってホームページ全体のSEO、そして主要ページのSEOを行うことができます。

内部リンク・外部リンクの発リンクのチェックと最適化

ホームページのSEOカスタマイズでは、既存ページの内部リンクをチェックさせていただき、ホームページ内の発リンクにおいて、内部リンク・外部リンクを問わず「リンク切れ」などによる「404ページヘのリンク」、問題のあるアンカーテキストなどリンクの最適化がされていない「ロスのあるリンク」などをチェックし、改良させていただきます。

ページとページを繋ぐホームページ(ウェブサイト)の「リンク機能」は、サイト内外のページへとクリックで移動することのできる機能で、同時にページの関係性を示す場合にも有効な機能です。自らのホームページ内の他のページへ向けられたリンクを内部リンク、外部サイトへと向けられたリンクを外部リンクと呼びます。

発リンクを最適化するSEO

この内部リンク・外部リンクといった分類を問わず、ページからの発リンクを最適化することは、最も基本的なSEOの一つです。

リンク先ページが「404ページ(削除・または存在しないページ)」や、リンク先ページがリンク設置時点とは異なったページである場合などは、リンクの品質として問題があるため、ページの品質としては価値を減少させることに繋がります。

ホームページにアクセスしたユーザーがリンクをたどった時に、リンク先ページが404エラーを起こしている状態は、ホームページの情報自体にも疑いをかけられる可能性があります。

URLの変更やページの削除、ドメインの失効や転売によって変更された可能性のあるページを精査し、リンク解除などの適切な処理をいたします。

旧来のSEOのひとつであった「多数のサイトとの相互リンク」をされていた場合は、特に注意が必要です。

アンカーテキストの最適化

リンクの設定には、テキストリンクと画像リンクといった分類がありますが、それぞれのリンクパターンで、しっかりとリンク先ページを示すアンカーテキストやリンク属性の設定をすることで、内部リンク自体の品質を高めることができます。

ブラックハットSEOである、アンカーテキストへのキーワードの詰め込みなどによってロスしているリンクのスコアを、正常な状態へと変更するSEOも施策させていただいております。

SEO内部対策(内部最適化)

SEO(検索エンジン最適化)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ
ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら