ページコンテンツのSEO・リライト【SEO内部対策】


SEO内部対策 ページコンテンツのSEO・コンテンツリライト

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、SEO内部対策として、コンテンツ制作サービスをご利用いただくことにより、ページコンテンツのリライトによる根本的なページSEOを施策させていただいております。

ホームページを構成する現状のコンテンツをページ内部のSEOに関する様々な設定によって、SEOの評価を高めることには限界があります。

SEOは、トップページを含めた各ページのメタ情報など検索エンジン最適化として扱われることがありますが、根本的なページのコンテンツ自体を改良することで、現状のページをさらに高品質ページへと改良する事ができます。SEOカスタマイズの一つとして、現状のページコンテンツのリライト(書き直し)などによって、コンテンツの見直しによりSEO内部対策を施策させていただいております。

SEOよりも重要なコンテンツのリライト

SEOよりも重要なコンテンツ

SEOは、ホームページ全体や、それぞれのページを検索エンジンに最適化するすべての施策を指しますが、検索エンジンの検索結果で上位表示されるためのアプローチとしては、既にできあがっているページに対するSEO内部対策(内部最適化)や被リンク獲得といったSEO外部対策としてのSEO対策だけでなく、ページ内に組み込まれている「本文部分」のテキストデータや画像データをリライト・追加し、さらに高品質なものへと高めることで、一般的に検討されている「SEO」の限界を超えることができます。

こうしたコンテンツのリライトを行うことで、「外部リンク」や「SEOの設定」以上に検索順位の向上やロングテールSEO効果を期待することができます。

ページコンテンツのリライトの基本は、SEOキーワードの調整といったページ内での単語の変更といった簡潔なものではなく、コンテンツのクオリティ自体を向上させることです。

ユーザーに対して、求められている情報の質を向上させることがリライトの基本になります。

リライト・コンテンツ改良によるSEO効果のイメージ

リライト・コンテンツ改良によるSEO効果のイメージ

リライト・コンテンツ改良によるSEO効果のイメージとしては、料理をつくる際に、限られた食材で今夜のメニューを試行錯誤することをイメージしていただければわかりやすいかもしれません。

食材の種類は一定で、調味料だけでバリエーションを考えることやクオリティの向上には限界がありますが、コンテンツの追加やリライトは、食材そのものの品質向上や、食材のバリエーションを増やすことで、「今夜のおかず」のクオリティを向上させることに似ています。

「ソースかつ丼味」であれば、駄菓子から、高級食材を用いたカツ丼まで考えることができますが、この食材のレベルアップや、食材の種類を増やすことが、コンテンツのリライト・改良によるSEOやコンテンツ増強によるSEOであるとイメージしていただければと思います。

こうして、土体となる食材の種類や質をページのSEOで考えたときのリライトで捉えて考えると、完成品である料理そのもののグレードが高まり高単価になるのと同じように、ページのSEOスコアも向上していきます。

あくまでページのリライトによってページの品質が高まったときにのみ、SEO効果が出てきます。

SEOとしてのリライトの目的

SEOとしてのリライトの目的 SEO対策

SEOとしてのリライトの目的は、特定SEOキーワードでの検索順位上昇ですが、リライトによるSEO効果を考える上では、単純にキーワードの比重を高めると言った単純明快なリライトではなく、同じよう内容の文章を焼き直したり言葉を変えて重複して追記するといったことでもなく、そのページに求められている情報の質を向上させることです。

SEOを意図してページのリライトを行うといったイメージよりも、ユーザーに提示する情報の質が高まったことによって結果としてSEO効果が高まってくるといったイメージでコンテンツ改良をするほうが望ましいでしょう。

ユーザーの検索意図に合わせたリライト

検索意図に合わせたリライト SEO

コンテンツページのSEOは、コンテンツページを増強することでも基本的なSEO効果を得ることができますが、ページ内のテキストコンテンツなどが検索ユーザーの検索意図と合致しない場合は、ホームページへの有効なアクセスを向上させるためのSEOとしては貢献しないことがあります。

コンテンツページをただ増強、リライトしただけでは、ユーザーニーズや企業のマーケティングの主題がずれてしまうことがあります。

どんなキーワードであっても、そのキーワードを入力して検索を行ったユーザーには、何かの目的があるはずです。

そのSEOキーワードで検索するユーザーは、どんな情報を求めて検索を行ったのか、その意図を汲み取ってページ改良・コンテンツのリライトに活かしましょう。

SEOとしてリライトすることのメリット

SEO リライトのメリット

ホームページの既存コンテンツをリライトすることによって、SEOキーワードの調整による検索結果での表示が変化することのほか、追記などをすることでページの品質が向上するため、特定キーワードでのそのページの検索結果順位上昇、複合キーワードでのロングテールSEOといった固有のページ単位でのSEO効果を期待することができます。

そして、こうしたリライトはホームページ全体のSEOキーワードの調整や品質向上につながるため、ページのリライトはテクニカルなSEOよりも確実に安全で効率的なSEOとなります。

そのページに記載されているべき情報がしっかりと掲載されていて、各項目にしっかりと内容がつまっており、補助的な情報もたくさん掲載されている方が、ユーザーとしてはありがたいはずです。そうしたユーザー目線でのコンテンツ制作がコンテンツSEOの基本であり、ページのリライトにおいても、どのような情報を載せておくべきかを検討しながら、文章を書き直したり追記すると良いでしょう。

リライトの注意点

リライトの注意点 SEO・SEO対策

ただ、ページのテキストコンテンツをリライトすることは、同時に重要な単語を変更したり、文章中の中でのキーワードの重要性を下げることにもつながることがあります。

こうした点に注意しながらコンテンツリライトを行わないと、結果的にホームページへのアクセス数が減少してしまうこともあります。

リライトにおいて、文章を追記する場合、関連性のない文章をむやみに追加すると、主題となるSEOキーワードからズレていくこともありますので、結果的にSEOとしては本末転倒になりかねない場合もあります。

ユーザーの検索意図に合わせたキーワード調整

SEO 検索意図に合わせたキーワード調整

コンテンツのリライトするにあたり、検索エンジンを利用してWeb検索を行うユーザーの「検索意図」をしっかり把握する必要があります。

単なるキーワード比重を高めるリライトではなく、そのユーザーがどういった情報を知りたくて検索しているのかを想定して、それに答えるページにするには、どういった文章の変更が有効的であるか、追記するならばどういった点がユーザーの満足に対して情報が不足しているのかを検討する必要があります。

こうした検索意図を配慮しながら、キーワードの調整や追記といったページのリライトを行うことが、最も有効的なSEOの一つです。

リライトを行うと、その分だけページの内容が変更されるため、企業の公式ホームページなどではリライト内容には十分注意が必要です。

単純な推測で検索キーワードを調整して、闇雲にリライトすることは、SEOとしてもWebマーケティングのコンバージョンレートの面からもマイナスの結果になる可能性があります。

逆に言えば、しっかりSEOキーワードを把握し、かつ、ユーザーの検索意図を汲み取り、ユーザーに伝えるべきメッセージをしっかりしたものにしてページコンテンツをリライトすれば、SEO効果としても、ホームページのWebマーケティング効果も格段に向上します。

ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレでは、Webマーケティングに貢献する「有効なホームページへのアクセス」を支えるためのコンテンツページのリライトを提供させていただいております。

一般的なロングテールSEOとしてのコンテンツ増強だけではなく、ハミングバードアップデートに対応した、「会話型検索」を意識したコンテンツページのリライト、コンテンツページの追加をコンテンツ制作サービスで提供しております。

ハミングバードアップデート SEO対策 コンテンツ制作サービス

SEO内部対策(内部最適化)

SEO(検索エンジン最適化)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら