ホワイトハットSEO


ホワイトハットSEO(White Hat SEO)検索エンジンが推奨するSEO

ホワイトハットSEO(White Hat SEO)とは、Googleなどの検索エンジンが推奨する方法で、ウェブサイト・ホームページにSEO対策を施すことを意味します。

SEOとは、あくまでホームページ(ウェブサイト)やウェブページを検索エンジン用に「最適化」することを意味するため、本来はホワイトハットSEOのみが本当のSEOです。

株式会社ファンフェアファンファーレは、ホームページ制作(ウェブサイト制作)をはじめとするWeb制作サービスの提供において、ホワイトハットSEO、良質・高品質なコンテンツ制作を最重要視しています。

ウェブサイト・ホームページ内の「コンテンツ」やページのソースの改良や、新規での「高品質コンテンツ」の追加、サイト全体の構造の見直しなどを伴わないSEOは一切行いません。

検索エンジンの役割や機能とSEO

ホワイトハットSEO 検索エンジンの役割や機能とSEO

検索ユーザーが求めているページを検索結果のリストに表示することが、Googleなどの検索エンジンの「役割」や「機能」として考えられた時、より高品質のコンテンツを上位に表示させるということが検索エンジンの意図として考えられます。

そして、検索エンジンが「高品質のページだと判断する」ためには、「高品質のコンテンツが検索エンジンにクロールされ、かつページが最適化されて、より良く情報が伝わっていること」が要になります。

SEOのガイドライン

SEOのガイドライン ホワイトハットSEO

ホワイトハットSEOの原則は、Google社が提供する「検索エンジン最適化スターターガイド」や「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」にその指針が掲載されています。

Google検索エンジン最適化スターターガイド

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

このSEO(検索エンジン最適化)のガイドラインに沿ってホームページ(ウェブサイト)を検索エンジン用に「最適化」することが大原則です。

検索エンジンには様々な順位決定要因がありますが、基本的なホワイトハットSEOでページを最適化することが重要です。

基本方針

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
ユーザーをだますようなことをしない。
検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

基本となるのは、ユーザーの利便性を考慮したウェブサイト・ホームページの構造、ユーザーのニーズに応える独自性の高い高品質コンテンツ、ページ内部のメタ情報の最適化やナチュラルリンクの獲得などです。

ユーザーをだますようなことをしない。
検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。

これに反して、検索エンジンスパムに該当する、検索結果上位表示だけを狙う「ブラックハットSEO」という概念があります。

ブラックハットSEO

企業ブランドの維持発展のためにホワイトハットSEOを

ホワイトハットSEO・SEO対策のすすめ

企業のマーケティング活動の一部として「Webマーケティング」を考えた場合、ウェブサイト・ホームページの活用は、新たなる集客と顧客とのコミュニケーションを通じて、ブランドを確立しながらプロモーションとPR活動を行うものだと考えています。

ウェブサイト・ホームページのウェブ上での露出機会が増えることも、ひとつのブランディングです。

その露出機会向上のために、SEOがあります。

しかし、その方法論がブラックハットSEOであった場合は、サイトのプロモーション力と比例して、企業のブランディング・PRとしては逆効果になる恐れがあります。

企業ブランドの維持発展のためには、ホワイトハットSEOでの集客力のあるホームページ(ウェブサイト)のご利用を強くおすすめします。

SEO(検索エンジン最適化)・SEO対策 SEOサービス(SEOに関するWeb制作サービス)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら