アクセス解析データ ウェブサイトの効果測定の先

アクセス解析データ ウェブサイトの効果測定の先   Recently updated !


今回は、「アクセス解析データ ウェブサイトの効果測定の先」というタイトルで、Google Analytics(グーグルアナリティクス)などのアクセス解析データを元にウェブサイトの効果測定を行うことと、その先にあるサイト改良の必要性についてお伝えします。

弊社、株式会社ファンフェアファンファーレはワードプレスなどのCMSを利用したウェブサイト制作(ホームページ制作)、およびそれらCMSのカスタマイズを得意とするWeb制作会社です。

以前、ウェブサイトのカスタマイズご依頼のお客さまより「今もアクセス解析のデータは毎月もらっている」という旨をお伝えいただいたことがあります。

しかしながら、ご依頼を受けたウェブサイトは静的サイトであり、特にコンテンツの増加なども無いウェブサイトでした。

インターネット広告などを出稿されているかをお伺いしたところ、リスティング広告やアドネットワーク広告などをはじめ、そのような広告は一切利用されておらず、またソーシャルメディアの活用などもされていないということでした。

アクセス解析データは自己満足に終わりがち

ホームページのアクセス解析データは自己満足に終わりがち

Google Analyticsをはじめとする、アクセス解析は、ホームページ(ウェブサイト)へのアクセス数やアクセス経路などを計測するウェブツールです。

もちろんそのツールの役目としては、サイトへのアクセスを計測し、分析するためのデータを収集することです。ウェブサイトの効果測定の第一歩として、計測データがないと、さまざまな施策効果の検証をすることができません。

しかしながら、旧来からある「アクセスカウンター」などを含め、アクセス解析の数値は、サイト運営者にとって「自己満足」に終わってしまいがちな側面を持っています。

特に、先のお客さまの例では、特にウェブサイトを改良などをしているわけでもなく、ウェブコンテンツを増やしているわけでもなく、ウェブ広告やソーシャルシェアなどで、ウェブサイトへのアクセス向上の施策を行っているわけでもない状況で、毎月アクセス解析データだけが送られてくるといったケースです。

ウェブサイトの効果測定

ウェブサイトの効果測定を行う場合は、極論的にはコンバージョン率くらいしかWebマーケティング効果を図ることはできないものの、その手前の段階にあるユーザーの数やユーザー行動を把握したり、どういったアクセス経路で集客が叶っているのかを知ることが重要です。

SEOであれ、ソーシャルメディア活用であれ、何某かのWebマーケティング施策を行った場合、「お問い合わせ数」だけを数えていた場合は、その奥が見えてきません(お問い合わせがゼロというケースもよくあると思います)。

ひとまず検索エンジン経由のアクセスであれば、どのようなキーワードでどれくらいの数のユーザーを獲得できており、その中でどれくらいの数のコンバージョンがあったかを測定する必要があるでしょう。

さらに具体的に考えれば、特定キーワードでの現在の検索順位や表示回数などのチェックも必要になります。

データを元に仮説検証して次の改良へ

どのようなデータでも、そのデータを元に仮説検証して次の改良などへ目を向けなければ、データ自体があまり意味を持たなくなります。

ホームページのアクセス数が伸びれば、感情的には嬉しいものですが、これが個人運営のブログなどならまだよいものの、企業などで「次に活かさないデータ」を計測しても、それほど意味がある行動とは思えません。

アクセス解析データを見て、ウェブサイトの改良を行う方針でないのであれば、そのようなデータは無意味に近いでしょう。

感情の世界に数値の世界を踏み込ませるということがナンセンスであるのと同様に、ほとんど数値の世界に感情を持ち込むこともまたナンセンスであると考えます。

データの鮮度と寿命

アクセス解析のデータの鮮度と寿命

寿命という表現が良いかどうかはわかりませんが、情報には鮮度と寿命があります。

例えばホームページのアクセス解析データであれば、3年前のデータは何の意味もなしません。

つまりそのデータは寿命を終えているといったふうにとらえたほうが賢明であるパターンがあります。

株式市場や為替市場などは、もっと情報の鮮度と寿命が短いですが、ウェブ空間においても、情報の鮮度と寿命が必ずあります。

インターネット空間は、物理空間の制約がないため、爆発的に空間の中の情報量が拡大します。その中での情報価値は常に変動しています。

アクセス解析データも、一般的な解析ツールであれば即時的にデータをリフレッシュしてくれます。

集計単位も一日ごとなどで表せますが、せめてそれくらいの刻み方でないと、計測データとしてはあまり意味がなくなってしまいます。

アクセス解析データは、一日で寿命を終えるほど短いスパンではありませんが、数ヶ月で寿命を終えると思ったほうが賢明です。

だからこそ「CMS」もしくは、一切ノータッチ

アクセス解析データにも、ウェブコンテンツにも鮮度や寿命があります。

コンテンツ内容によっては、特にそれほど価値が変動しない場合もありますが、スマートフォンの普及により、「ガラケーの古い機種の情報」が一気に価値が下がったように、変動の可能性はいつでも内在しています。

CMSはデータを元にすぐにコンテンツを改良できる

「アクセス解析」で得た情報を元に、ウェブサイトを改良していくのに適しているのがCMSです。WordPress(ワードプレス)などのCMSは、新規の情報発信だけでなく、既存コンテンツの編集も簡単に行うことができるからです。

ウェブサイト運営にあたり、ウェブサイトのアクセスデータを元に、CMSを利用して積極的なウェブサイト運営を行うか、もしくは、アクセスデータすら気にせずに、ノータッチにするか、どちらかにした方がいいかもしれません。

広告の利用効果を測定する場合にもアクセス解析を利用することができます。また、ソーシャルシェアの効果測定にも使えます。

しかし、SEM、ウェブ広告、ソーシャルの活用、そのすべてが、施策と改良の繰り返しです。

アクセス解析を用いてウェブサイトの効果測定をした場合は、その先に必ず「改良」を置いたほうが良いでしょう。

むしろ改良を前提としないアクセス解析は、あまり意味が無いと考えても良いかもしれません。


「アクセス解析データ ウェブサイトの効果測定の先」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら