常時SSL・https通信とSEO


常時SSL・https通信とSEO

検索順位決定要因の一つに常時SSL・https通信があります。SSLによってhttps通信されているホームページとそうでないホームページを比較した場合、常時SSL化され、httpsで通信されているホームページの方が検索順位においても優先されます。よってこの常時SSL・https通信の設定は、SEOの一要因として考えることができます。

実際の検索順位への影響は1%程度であると推測されますが、ページ数の多いサイトではその1%が検索流入数に大きな影響を与えます。さらに、競合相手が常時SSLサイト(httpsからはじまるサイト)ばかりになっていけば、相対的に自社サイトの検索順位は低下し、アクセス数は必然的に低下していきます。こうしたことからSEOとしての要素も見逃すわけにはいかなくなりました。

本来SSLはSEOのためにあるわけではありません。あくまでユーザーの「個人情報などの保護」や通信の安全性を高めることを目的とするものです。特にメールフォームを設置してたり、ECサイトで会員情報を扱うのであればとりわけ配慮すべき事柄になります。

SEO全般に言えることですが、「ユーザーにより高い価値をもたらすページが検索エンジンにおいても高い評価を受ける」というのが基本です。

そうした中、SSL・httpsについても例外ではなく、「ユーザーへの配慮」を手がけているホームページは、そうした配慮をしないホームページよりも高く評価されるべきであり、その考えが検索エンジンアルゴリズムに範囲され、結果的に常時SSL・https通信サイトの検索順位が向上すると考えるほうが理にかなっています。

ホームページを常時SSL化、https通信化することは、ユーザー情報の安全性を高め、結果的にホームページや企業そのものの信頼性の向上にも寄与します。そして同時にSEOの一要因として検索順位が高まるという形になります。

SSL(Secure Sockets Layer)の持つ機能

SSL(Secure Sockets Layer)の持つ機能

SSL(Secure Sockets Layer)とは、暗号化通信を意味し、ホームページの使用ドメインに対してSSL証明書を発行することで、ホームページを常時SSL化することができます。これによりホームページのURLは「http」から始まるものから「https」から始まるものへと変更され、暗号化通信でホームページの閲覧を含めたデータの送受信が行われます。

このSSLは単に暗号化されたデータで送受信を行うという意味だけでなく、狭義には、①基本機能である「通信している内容を秘匿する暗号機能」に加え、②ドメイン認証、企業認証、EV認証などによる通信相手の真正性の保証、③通信データ改ざんの有無を検知する機能を意味します。

少し噛み砕いて表現すると、①暗号で通信する、②通信先が誰かを確認する、③データに嘘が潜んでいないかを調べて嘘があれば知らせる、という機能を持っています。

個人情報などの保護と信頼性の向上

SSL https 個人情報保護 信頼性の向上

SSLはこうした機能を持っているため、単に検索順位に影響するといった「SEOとしての要素」だけでなく、ユーザーの行動、入力操作などの通信傍受を防ぐためとしての機能があります。そして同時にホームページの信用性を高めるという機能も持っています。

特にホームページ内にメールフォームを設置していたり、ECサイトなどで会員情報を扱っている場合は、ユーザーが入力した項目を保護する必要性が高まります。

常時SSL・https通信を導入することで、こうしたユーザーからのデータ送信などにおける通信傍受を防ぐことができるため、個人情報、企業情報の保護を高めることになります。

とりわけ、クレジットカード情報や個人の経歴を示すようなセンシティブ情報を扱っている場合、暗号化通信は必須と言えるでしょう。

SSL証明書

SSL証明書 種類 ドメイン認証 企業認証 EV認証

 

常時SSL化を行いホームページをhttps通信にするためには、ホームページのドメインに対してSSL証明書を発行する必要があります。

SSL証明書には、ドメイン認証(DV:Domain Validation)、企業認証(OV:Organization Validation)、EV認証(Extended Validation)といった複数の種類があり、それぞれで認証のレベルが異なり、ドメインとサーバに関する認証や企業自体を認証するもの、企業の組織や担当者を認証するものといったように段階があります。そしてそれら認証のレベルに応じて原則SSL証明書発行・更新に年間費用が必要になります。

なお、最も認証レベルが低いドメイン認証であってもホームページの常時SSL化・https通信化は可能です。

原則的にSSL証明書発行・更新には年間費用が必要になりますが、2016年4月から正式に登場した認証局である「Let’s Encrypt(レッツ・エンクリプト)」を利用することで無料SSLサーバ証明書を発行することもできるようになりました。

httpサイトからhttpsサイトへ

httpサイトからhttpsサイトへ

ホームページを公開するにあたり、ドメイン(例 funfairfanfare.com)を取得する必要があります。

非SSLでの通信の場合、一般的にアクセスURLは「http」から始まるものになります(例 http://funfairfanfare.com/)。

常時SSL化を実施した場合、アクセスURLは「https」から始まるものになり(例 https://funfairfanfare.com/)、ブラウザのアドレスバーには緑色の鍵マークが付き、「保護された通信」等の表示がなされるようになります。

近年の新規ホームページ制作では、予めSSL証明書を取得し最初からhttps通信でホームページを公開する機会が増えてきましたが、SSLの必要性がそれほど高まっていなかった時に制作されたホームページではhttp通信でホームページが制作されています。

こうしたhttpサイトをhttpsサイトへと変更する場合、単にSSL証明書を発行するだけでは完了せず、ホームページにまつわるすべてをhttpsへと書き換えたり、httpへのアクセスをhttpsへと転送したりなどの実作業が必要になります。

そうした書き換えなどが不完全な場合、SSLの機能の一つである「③通信データ改ざんの有無を検知する機能」が働き、逆に警告が出てしまうという事も起こり売りますので、実作業には注意が必要です。

https化によるデメリットとしてのSNSシェアカウントリセット

https化デメリット SNSシェアカウントリセット

通信保護や検索順位への好影響など、基本的にhttp通信のホームページを常時SSL化、httpsサイト化することにはメリットばかりなのですが、1点だけデメリットのようなものがあります。

それは、httpで運営されていた時に獲得したSNSシェアのカウントがリセットされてしまうことです。

同一ドメインであっても、あくまでWeb上ではhttpサイトとhttpsサイトは別物として判断されます。「s」が付くかつかないかの問題だけなのですが、それでも一応URLは変更となります。httpのURLに対しての外部サイトからのリンク経由でのアクセスなど301リダイレクトによる転送で処理できますが、SNSシェアのカウントは、転送設定によって持ち越すことができないため、SNSにおけるシェア数のカウントはリセットされます。

これは、Facebookなどでシェアされた数をページ内に表示した場合、それがゼロに戻るということを意味しています。

SEOへの影響

SSL https SEOへの影響

最後にホームページの常時SSL化、https通信化とSEOの関係についてですが、もちろんSSL化はSEOを目的とするものではなくユーザーの情報保護のためにありますが、検索順位にも影響を与えます。ホームページのWebマーケティング効果を高めるためにはアクセスが必要になるため無視するわけにはいきません。

SSLとSEOとの関係性としては、冒頭の方で触れましたとおり、httpsから始まるホームページは、httpから始まるホームページと比較して優先して検索結果に表示されます。

しかしながら、URLが変更となるため単純な常時SSL化だけでは、サイト内外のリンクを含めSEOに関する評価が失われてしまう可能性もあります。

httpサイトからhttpsサイトへと変更することによってURLは変更となりますが、適切に301リダイレクトを設定すればSEO外部要因として受けていた被リンクによる評価は100%引き継がれます。通常リダイレクトによる評価引き継ぎに関しては、評価ロスが発生しますが、同一ページのhttpからhttpsへの変更、リダイレクトの場合は評価ロスがなく、そのまま被リンクの力を受け継ぐことになります。

ただし微々たるものながら、リダイレクトはページ表示までの間のサーバーへの負荷が高まるため広い意味でのサイト表示速度に影響を与えるので、内外のリンクに関してなるべくリンクパスをhttpsへと書き換えた方が良いでしょう。

ホームページをhttpsへと変更したことによるSEO効果は、小さなものですが、検索結果順位はあくまで競合サイト、競合ページとの相対評価となりますので、競合サイトが次々に常時SSL化を行いhttpsサイトへと変更していけば、取り残されてしまう可能性がどんどん高まっていきます。

常時SSL化、httpsホームページへの変更のご依頼にあたって

ホームページ 常時SSL化 https化 変更 依頼 料金

株式会社ファンフェアファンファーレでは、もちろん適切な常時SSL化、httpsホームページへの変更もお手伝いしております。

常時SSL化、https通信化にあたって、SSL証明書の発行のほか、内部ソースの書き換えやリダイレクト(URLの転送)などの作業が必要になるため、現状のホームページの仕様やページ数によってご対応費用が変動します。ご依頼の際には、何点かのご質問項目にご回答いただいた上で、予め料金のお見積りをさせていていただいております。費用の中には、SEOの評価引き継ぎなどの作業も含まれています。

弊社では、SSL化・https化を含め、検索エンジンから正当な評価を受けていなかったホームページ(ウェブサイト)やその各ページを、SEOの企画設計とそれに基づくSEO内部対策のカスタマイズによって、正当な評価に持ち上げさせていただいております。

なお、常時SSL化、httpsホームページへの変更にはSSL証明書が必要になりますが、ご利用サーバーによっては、無償SSL証明書である「Let’s Encrypt(レッツ・エンクリプト)」が利用できなかったり、URL変更に伴うリダイレクトの設定ができないサーバーもございます。その場合は、有償のSSL証明書をご契約いただくか、もしくは、Let’s Encryptなどが利用できるサーバーへの移管などをご提案させていただいております。

詳しくは一度お問い合わせくださいませ。

SEO(検索エンジン最適化)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら