SSL Web制作|ホームページ制作

SSL Web制作|ホームページ制作用語


SSL ホームページ制作用語

SSL (Secure Sockets Layer、セキュア・ソケット・レイヤー、エスエスエル) は、デジタル署名やデジタル証明書の技術を用いて、ウェブを利用する時にインターネット上でデータを暗号化して送受信できるプロトコルです。

ホームページ制作においては、HTTPS通信として利用され暗号化が求められるメールフォームなどの個人情報の送信などのシーンでよく利用されます。

SSLを利用する場合、SSL証明書の発行が必要となります。

ホームページで送受信される情報を暗号化

ホームページで送受信される情報を暗号化 ホームページ制作・Web制作

SSLを用いることで、例えばホームページのメールフォームなどで送信される情報を暗号化することができます。

これによってサイトアクセス時にやり取りされる送受信において、個人情報などの情報の保護を強化する事ができます。

メールフォームの他、会員登録やログインなど、ホームページの閲覧という操作以外にユーザーが何かの情報を入力するシーンで暗号化による情報保護が必要な場面で利用されます。

SSL、HTTPS通信とSEO

SSL、HTTPS通信による送受信情報のセキュリティ強化は、ホームページの価値を測る上でユーザーへの配慮という面でSEOとしての評価対象となります。

ランキング要因としての寄与度は1%~数%程度のようですが、SEOやユーザー情報の安全性を考える場合は、新規ホームページ制作などにおいてSSL、HTTPS通信の利用を検討しておくに越したことはないでしょう。

常時SSL・https通信とSEO

日々セキュリティの重要性は高まってきているため、既に運用中のホームページについても、可能な限りhttpサイトからhttpsサイトへと変更をしておく方が無難です。特に買い物カートやお問い合わせフォームなど、ユーザーが情報を入力仕組みを導入している場合は、購入率、お問い合わせ率低下の原因にもなります。

SEOとしての検索順位向上を意図するよりもユーザーの情報を保護し、お問い合わせ率の低下を防ぐという部分に着目すべきポイントであると考えることができます。

httpサイトからhttpsサイトへの修正・変更(常時SSL対応)

httpサイトからhttpsサイトへの修正・変更(常時SSL対応)は、SSL証明書の発行やURLの書き換え、URLの転送などの作業が必要になります。

SSL対応が不完全である場合、逆にセキュリティ警告がなされるためhttpsサイトへの修正には注意が必要です。

新規ホームページ制作の時は最初から使用ドメインに対してSSL証明書を発行し、httpsでホームページ制作を実施すれば問題なく常時SSL対応による公開をすることができますが、既に非SSL、http通信でホームページを公開している場合には、SSL証明書の発行の他、サイト内の記述変更などを行い常時SSL対応していく必要があります。

非SSL(http)ホームページのSSL化(https化)

カテゴリ別 Web制作/ホームページ制作用語集

ホームページ制作・SEOの1ポイント

SSL ホームページ制作・SEO

SSLは暗号化通信を行いますが、SSLの証明書が発行されていないと、「信頼できないページ」として、危険性の警告画面が表示されることがあります。ユーザーとしては印象が良くないため、証明書なしでのホームページのSSL化の試みは、避けた方が無難でしょう。

httpから始まるホームページをhttpsへと変更した際、SEOとしての評価は高まりますが、別サイト扱いとなりますので、SEO外部対策要員としての被リンク等の評価を引き継ぐため、301リダイレクトなどの工夫が必要となります。なお、同一ドメインのhttpサイトからhttpsサイトへの転送は被リンクによる評価が100%引き継がれます。

ホームページ制作(ウェブサイト制作)なら
Web制作会社ファンフェアファンファーレへ

「Web集客できるホームページ制作・作成(ウェブサイト制作)
『お客さまのお客さま目線』でのWeb制作、Webマーケティング」
ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)ファンフェアファンファーレは、Webマーケティングツールとして、Webマーケティング・SEMを意識したWeb集客・プロモーション力のあるSEO特性・ウェブPR力の高いSEO対策付きのホームページ制作(ウェブサイト制作)・作成、WordPress(ワードプレス)やEC-CUBE(イーシーキューブ)などのCMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入やカスタマイズ、ウェブサイトの高速表示化、レスポンシブデザイン、モバイルフレンドリーを得意としています。
SEOの基本機能を備え、自社更新可能なWordPress(ワードプレス)を利用したホームページ制作(ウェブサイト制作)をはじめ、HTML5,CSS3,jQueryによるホームページ制作(ウェブサイト制作)やサイトカスタマイズ、ホームページのSEO対策などのWeb制作サービスを提供しております。新規でのホームページ制作・作成はもちろん、既存ホームページの修正・更新代行やSEO(SEO対策)にかかるカスタマイズ、ホームページを活用したWebマーケティングのためWebコンサルティングサービスなどを提供しています。
ホームページ制作価格表(Web制作サービス)

WordPressホームページ制作(ウェブサイト制作)

WordPressホームページ(ウェブサイト)の新規ご制作、ウェブPRを加速させるWordPress(ワードプレス)などのCMSを活用したオウンドメディア構築・コンテンツマーケティング、既にお持ちのホームページ(ウェブサイト)のWordPress化やWordPressのカスタマイズもお任せください!WordPressを利用したWeb集客・Webマーケティングに効果的なオウンドメディアによるコンテンツマーケティングやWordPressサイトのSEOやコンテンツSEOも手がけております。

Webマーケティング&SEO・SEM

株式会社ファンフェアファンファーレは、WebマーケティングツールとしてのWeb集客・Webプロモーション効果を意識してSEO対策を施したホームページ(ウェブサイト)を制作しております。ホームページ制作・作成にあたっては、ホワイトハットSEO、良質・高品質なコンテンツ制作を最重要視しています。 また、ホームページ制作のみならず、Webマーケティングの効果を高めるためのSEO内部対策・SEO外部対策、コンテンツSEO等のSEO・SEO対策・検索上位表示によるWeb集客やコンバージョン率向上と集客効果を高めるコンテンツ追加・改良、そしてリスティング広告やアドネットワーク広告などのWeb広告の利用など、ホームページを活用するための様々なWeb集客・Webマーケティング分野のお手伝いをしています。 ホームページ運営・公開後のホームページのSEO対策、SEM(サーチエンジンマーケティング)やオウンドメディアによるコンテンツマーケティング・コンテンツSEO、ソーシャルネットワークとの連携、ウェブ広告の活用などもお任せください!
Webマーケティング
SEO(検索エンジン最適化)

ホームページ制作 京都

ホームページの新規制作やホームページの企画・運営・更新、カスタマイズなど、Web制作サービスのご依頼は、京都のWeb制作会社ファンフェアファンファーレへ

ホームページ制作 京都」 ホームページ制作・ホームページのSEO(SEO対策)につきましては、京都府京都市内(上京区、中京区、下京区、東山区、右京区、左京区、北区、南区、西京区、山科区、伏見区)および京都市近郊エリアでは、ご訪問での打ち合わせ・ヒアリング・ご提案をさせていただいております。京都でホームページ制作(ホームページ作成)ならお任せください。京都府京都市、京都市近隣の市町村・関西・近畿圏はもちろん、ホームページ制作、ホームページのリニューアルやカスタマイズ・SEOなどのWeb制作サービスにつき全国対応しております。ホームページ制作・ホームページ作成やホームページのSEOはもちろん、コンテンツ制作やWebマーケティングにかかるWebコンサルティングも対応可能です。


「SSL Web制作|ホームページ制作用語」のカテゴリ Web制作・ホームページ制作用語
タグ: ,


ホームページ制作・カスタマイズ、Webマーケティング・SEOなどのお問い合わせ・ご依頼