ネットショップにおけるウェブページデザインのポイント

ネットショップにおけるウェブページデザインのポイント


前回は「ウェブデザインについての手書きのすすめ」についてお伝えしましたが、今回は、ネットショップ(ECサイト)におけるウェブページデザインのポイントについてお伝えしていきます。

前回、「ウェブデザインについてはあまり触れない」と書きながら、二回連続でウェブデザインについての話題であることをご容赦ください…

ネットショップは、商品を販売することを目的としたサイトです。この特性を持ったウェブページデザインのポイントは「ページアクセスの直後の印象」によって、そのページを読み進めてもらえるかという点や商品購入に繋がるかといったポイント、そして商品の使用感などの臨場感の演出などだと考えています。

実際に商品を手にとって確認することができない「ネットショップ」だからこそ、通常の店舗販促以上の演出が必要になると考えることができます。

ECサイトのページデザインの特性

ECサイト(ネットショップ)のページデザインの特性

さて、一般的にブランディングを目的としたコーポレートサイト、ブランドサイトと、インターネット上の小売販売に特化したECサイト、ネットショップでは、全体的なウェブデザインやページデザインの特性が異なります。

ウェブのフィールド以外でも、メーカーと小売業では、建物の作りが違うようにやはり業種に合わせた仕様、デザインが必要になります。

ネットショップの最大の目的は掲載商品を販売することです。

優れたデザインによって、ブランディングによる付加価値をつけるという面は極めて少なく、ユーザーに対して「伝える軸」となる面が異なります。メーカー直販サイトにおいても、掲載情報の工夫が必要になります。

商品購入に繋がること

ショップページの商品詳細ページに掲載する情報はすべて、最終的なコンバージョン、つまり商品購入に繋がるものでなくてはなりません。

実店舗と連動している場合はまた少し取り扱いが異なりますが、「ネットショップ単体」の運営の場合は、店舗認知などが目的ではなく、商品のインターネット販売自体のみが目的であり、唯一のコンバージョンです。

もちろんECサイト全体の作りも、実店舗と同じように外観から内装、商品陳列、レジまでの誘導・決済方法など、すべての構造を考えて構築する必要があります。

この時に必要になるのは、それぞれの作りの美しさではありません。

ショップページのデザイン自体は極めて重要なものですが、「キレイに見えるデザイン」を重視して、それが売上に直接貢献する割合は極めて低いでしょう。

ページアクセスの直後の印象

ECサイト・ネットショップにおいて重要なページアクセスの直後の印象

ネットショップにおいて重要なのは、ページアクセスの直後の見た目のデザインです。商品詳細ページに移った時に最上部に表示される印象が最も重要になります。

そしてそれは美しさではなく、ファーストコンタクトの「アイキャッチ」として、ページ下部を読みたくなるような、商品の概要と質感が伝わる画像などです。

最初のわずか一秒程度で、詳細に関心を抱くことができるか、という点を重視してデザインする必要があります。

ネットショップと実店舗との大きな違いとして、「すぐに離れることができる」というポイントがあります。

ウェブでの再検索によって、実際の店舗よりも短い時間で、他の店舗、他店舗の商品情報へとユーザーは移動していきます。

アイキャッチ性の高いページデザインやググッとそそるキャッチフレーズなどによって、ページの離脱を防ぐことがネットショップの商品ページでは重要になるでしょう。

キャッチフレーズなどの工夫

実店舗でもPOPなどの販促方法があるように、ウェブにおいても事実としての商品の情報だけでなく、商品画像とそれにプラスアルファのキャッチフレーズなどの工夫が必要です。

その際に色彩バランスや文字の大きさも影響はしてきますが、それはデザイン性を重視するよりも、伝わりやすさを重視するべきだと考えています。

近年、活字離れの時代と言われています。

ウェブユーザーは、Twitterなどのマイクロブログでの文字数程度は読み慣れているものの、少し長文の文章はある程度の関心を持った後でないと、読み進めない傾向にあります(弊社のコンテンツはテキストだらけですが…)。

そのため、まずはページアクセス時のページ最上部にキャッチフレーズ付きの「わかりやすい」デザインの画像などを設置するとよいでしょう。

その際は、デザインとして見た目の美しさよりも、商品そのものが持つ、「使いやすさ・使用感・質感」などの表現が重要になります。

ポイントは臨場感

ECサイト・ホームページ制作のポイントは臨場感

ECサイトのページデザインにおいて最も需要なのは、商品そのものが持つ、「使いやすさ・使用感・質感」などの表現であり、実店舗さながらの臨場感です。

ネットショップと実店舗では、認知度・信用力にも差が出ますが、「ユーザー対商品」という面でネットショップと実店舗の決定的な差は、情報量です。

これは言語情報としての情報量ではなく、実際に商品を手にとって質感などを五感で感じることができる実店舗の商品に対しての、ネットショップの商品ページの情報量の少なさを意味しています。

スペックや仕様などの事実的情報のみでは、ユーザーに対して商品の印象を伝えることはできません。

その際に要となるのが、ネットショップでの掲載商品の使用感を示した文章や、画像です。

以下に現実世界で商品を手にとるような臨場感を、商品ページで生み出すことができるかがポイントになります。

サイト単体でのブランディング 情報量の少なさによるハンデ


「ネットショップにおけるウェブページデザインのポイント」のカテゴリ Web制作・Web関連
タグ: , ,


ホームページ制作、サイトカスタマイズなどのお問い合わせ・ご依頼はこちら