既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)


既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)・WordPress化

株式会社ファンフェアファンファーレでは、既にお持ちのホームページ(ウェブサイト)をWordPress化(ワードプレス化)・CMS化させていただくWeb制作サービスを提供しております。

ホームページウェブサイト)をWordPress化ワードプレス化)させていただくサービスをはじめ、EC-CUBEやMovable Type(ムーバブルタイプ)など、その他様々なCMSでもご対応可能です。

WordPress本体・各CMS本体の性質による機能の制限により、実装に代替案を提示させていたく場合がございますので予めご了承ください。

「現在使っている会社ホームページの更新作業を自社で行うことはできないだろうか?」

「自社サイトのどんどん情報を発信していきたい!」

「顧客へのお知らせをウェブサイトでスムースに行いたい」

「会社ホームページにオウンドメディア機能を設置したい!」

「少しの修正を毎回制作会社に依頼するのは面倒だ」

現在、既存の静的HTMLサイトや、他のCMSで制作されたウェブサイト・ホームページを運営され、以上のようなご要望をお持ちのみなさまに、ホームページ(ウェブサイト)をWordPress(ワードプレス)などのCMSへと変更するサービスを提供しております。

CMS BASIC(WordPress)ホームページ(ウェブサイト)のワードプレス化

本ページでは、ホームページのWordPress化サービスの概要や価格、ホームページをWordPress化する手順のご説明や、ホームページをWordPress化して自社管理し、編集・更新可能なホームページへと変更することのメリットなどについて掲載させていただいております。

ホームページ(ウェブサイト)をWordPressなどのCMSに

現在運営中の既存ホームページ(ウェブサイト)をWordPressなどのCMSへとCMS化します

WordPressなどのCMS(シー・エム・エス、コンテンツ・マネジメント・システム)はお客さまご自身でウェブサイトの編集や更新を行なっていただけるウェブシステムです。
CMSを導入した場合、お好きな時にご自身でウェブサイトの更新をしていただくことができるようになります。

ホームページ(ウェブサイト)をWordPressなどのCMSへと変更する最大の利点は、新規ページの追加や既存ページの修正の際に、面倒なウェブページのコーディングやFTPアップロードといった手間を省略し、ブラウザ上でページの編集や追加を行っていただける点です。

WordPress化にあたり一度ホームページのフォーマット・テンプレート作ってしまえば何ページでも同一フォーマットで新規ページを生成することができるため、「新着情報」などの「コンテンツ作り」に集中していただくことができます。

既にウェブサイト・ホームページをお持ちの方でも、WordPressをはじめとしたCMSを導入することができます。

ホームページ(ウェブサイト)のレイアウトやデザイン案を既存のものを用いつつ、内部システムをWordPress化(CMS化)することによって、制作費用を抑えながらより高いプロモーションが可能になります。

ホームページのWordPress化(CMS化)によるメリット

ホームページのWordPress化・CMS化によるメリット

ホームページ(ウェブサイト)をWordPressサイトなどへCMS化することによるメリットは、新しいページの文章など「コンテンツ部分」の制作にだけ集中していただくことによって、ページの更新や追加にタイムラグがなくなり、また、ウェブ制作会社・ホームページ制作会社への発注の手間や費用が発生しない点です。

一度ホームページをWordPress化すれば、特に特殊なソフトウェアを必要とせず全ページの共通部分を一括で修正することができたり、文章の修正や画像の追加もすぐに行っていただくことができるようになります。また、インターネット環境とブラウザとさえ使用可能な環境であれば、端末と場所を選ばずいつでもホームページを管理することができるようになります。

静的ウェブサイト(HTMLサイト)の場合

静的HTMLサイトのWordPress化

WordPressを代表とするCMSによって構築されていない一般的な静的ウェブサイト(HTMLサイト)の場合、サイト内のページの更新・編集・追加の際、HTMLなどのファイルの新規制作や編集が必要になり、同時にFTPによるアップロードなどが必要になります。

HTMLの編集には、文章の挿入だけでなく、挿入文に対するマークアップ作業が必要になります。

ウェブページの共通項の部分を一括で編集する技術は、phpなどで可能ですが、WordPressなどのCMSはphpファイル郡とMySQLなどのデータベースと組み合わせることによって、ウェブサイトの「コンテンツ部分」をブラウザ上で管理できるという強みがあります。この強みはHTMLサイトと比較して、ローカル環境に特別なソフトウェアが必要ないといった面に加えて、どの場所からでも複数管理者でホームページの更新や修正ができることにメリットが大きいといえるでしょう。

静的HTMLサイトのWordPress化

ファイルの共通項の部分をシステムで生成

WordPress化 ファイル共通項部分システムで生成

WordPressをはじめとするCMSは、ホームページを構成するファイルの共通項の部分をシステムで生成し、コンテンツ部分をブラウザ上で管理できるため、Internet Explorer(Microsoft Edge)やGoogle Chrome、Firefoxなどのウェブブラウザでウェブサイトを操作することができます。

この「ファイルの共通項の部分」は、このウェブサイトのWordPress化(CMS化)サービスにより、弊社が基本フォーマット・システムを制作させていただきます。

専門知識が必要な場所はフォーマット化、システム化することで、ホームページの本質であるコンテンツ制作に集中していただくことができます。

「コンテンツ部分」の制作にだけ集中していただけます

自分でページ更新 「コンテンツ部分」の制作にだけ集中

ウェブサイト・ホームページをWordPress化(CMS化)することによって、ウェブサイトの更新が必要なタイミングで、タイムラグ無く、ご自身でページの編集や新規ページの生成を行っていただくことができます。

この特徴により、ホームページ更新にかかるご依頼をホームページ制作会社などに代行委託する必要がなくなり、自社でホームページ管理が可能になるため、ホームページ(ウェブサイト)の編集、更新費用がかからず、また、掲載情報変更や追加の時間短縮にも繋がります。

既存のウェブサイトのレイアウトやデザイン案を利用

既存のホームページのレイアウトやデザイン案を利用してWordPress化

「ウェブサイトのデザインなどを一から作ると費用がかかる」

といった場合に、既存のウェブサイトのレイアウトやデザイン案を利用して費用を抑えながら内部システムをWordPress化(CMS化)することにより、ウェブサイトの運営を容易に行っていただくことが可能になります。

WordPress化完了後は、ご自身でウェブサイトの運営を行っていただけるため、「ページの追加・更新頻度が高く、毎回Web制作会社に依頼するたびに費用が発生する」、「掲載内容が少し変わっただけでも依頼の必要があるため、連絡と申し込み、決済などの手間が面倒」といったことがなくなります。

また、Webデザインは既存ホームページのものを利用しますが、弊社作成のWordPressテーマの基本SEO設定によって、いきなり検索順位が向上しアクセスが倍増したというお声もよくいただきます。

現在ご利用のホームページのウェブデザインをWordPressテーマへ

「CMS化でページ更新費用を抑えたい」 ウェブサイトカスタマイズ事例・実績

WordPress化後は運営のしやすいスマホ対応サイトに

WordPress化によってスマホ対応サイトへ

本サービスによるホームページのWordPress化(CMS化)によるメリットとしての特徴のひとつは、WordPress化後の新サイトがスマホ対応のモバイルフレンドリーサイトへと変更される点です。

既存ホームページがスマホ対応サイトではない場合でも、本サービスによってホームページをWordPress化させていただいた場合は、自動的にスマホ対応のレスポンシブデザインへと変更になります。

WordPress化に伴いレスポンシブデザインのWordPressサイトへと変更させていただくため、完成後の新サイトでは、スマホ用ページを別に作ったり、スマートフォンアクセスの際に転送したりする手間もなくなります。

こうした手間が削減されるため、スマートフォン表示やSEOの重複コンテンツ対策のことを特に気にせずホームページ運営が行えるようになるため、格段に運営が楽になります。

CMS BASIC(WordPress)
ホームページ(ウェブサイト)のワードプレス化

CMS BASIC(WordPress)は、既存ホームページ(ウェブサイト)をWordPress化するサービスです

168,000円~

ホームページ(ウェブサイト)のWordPress化(ワードプレス化)価格・料金は、現在のホームページのボリュームや仕様により変動します。

概要 CMS BASIC(WordPress)

既に運用されていらっしゃるホームページ(ウェブサイト)をWordPress(ワードプレス)化します。

WordPress化(ワードプレス化)することによって、ウェブサイト・ウェブページの更新、編集やページ新規作成を容易に行うことができます。

レイアウト、Webデザインなどを既存のウェブサイトの仕様のまま、ウェブサイトをCMS化(ワードプレス化)します。

現在ご利用のホームページのFTP情報・サーバー情報などのご連絡によるHTMLデータ、画像データ等の素材提供とともに弊社にウェブシステム部分の制作をご依頼いただくことを想定したプランです。

もしくは「費用を抑えて制作したい・リニューアルしたい」というご要望の際に、既存サイトをベースにCSS等の編集により簡略化されたリニューアルのご制作をご希望の際に適しています。

こちらをベースとして、一部素材について「オプション制作」をご依頼いただくことで、WordPressなどのCMSを導入したウェブサイト制作費用を抑えたいという場合にご利用いただけるプランです。

内容 CMS BASIC(WordPress)

WordPress(ワードプレス)のインストール、php,html,cssでのテーマ作成(トップページレイアウト、下層ページレイアウトは既存サイトに準ずる仕様)、標準SEO内部対策、メールフォーム

トップページ+メールフォーム+4ページ(CMSカテゴリ、もしくは固定ページのいずれか計4つまで生成および転載・移管)

なお、ホームページのWordPress化により、新規ホームページはモバイルフレンドリーサイトになります。

現在のホームページの各ページの内容によって増減しますが、既存ページの転載費用は、WordPressベースのため通常のページ制作単価より費用がお安くなります。

条件 CMS BASIC(WordPress)

画像、画像素材(ボタン、タイトルバーなど。cssで作成する場合は不要)、テキストデータなど、素材の完全入稿。

背景は提供素材、もしくはCSSで単色表示、マップはgooglemapを使用。
提供写真等の素材の加工はリサイズのみ。

WordPress化にあたり既存ホームページからのファイルダウンロードのためのFTP接続情報などのご連絡が必要になります。

原則的に現在ご利用のホームページのサーバー情報・FTP接続情報などをご連絡いただいた上、弊社でデータのダウンロードを行い、WordPressサイト制作素材の準備を行います。ファイルダウンロードができない場合は、画像ファイルなどにつきまして圧縮ファイルでのご配布をお願いする場合があります。

現在ご利用のサーバー環境がWordPressインストール要件に満たない場合はサーバー移管やDNS設定などの費用が別途必要になることがありますが予めご了承ください。
Web制作サービスのご依頼・お見積り・お問い合わせ

CMS for BUSINESS(WordPress)
ホームページ(ウェブサイト)のワードプレス化(ハイグレード)

CMS for BUSINESS(WordPress)は、既存ウェブサイト・ホームページのWordPress化サービスのハイグレードプランです

280,000円~

ホームページ(ウェブサイト)のWordPress化(ワードプレス化)価格・料金は、現在のホームページのボリュームや仕様により変動します。

概要 CMS for BUSINESS(WordPress)

既に運用されていらっしゃるホームページ(ウェブサイト)をWordPress(ワードプレス)化し、より高いウェブプロモーションができるように、高いSEO特性を持ったWordPressサイトへとサイトをCMS化します。

CMS BASICをベースに、より高いSEO特性を持ち、高い広告効果を意識したハイグレードプランです。

追加ページでのキーワード選定や文章作成の際の注意事項などのサポート(原稿作成・修正はオプションになります)に加え、「ヒーローページ」の生成、強化された内部リンク構造や構造化データ対策、サイトの圧縮軽量化による高速表示によるペンギンアップデート対策も含まれています。

内容 CMS for BUSINESS(WordPress)

WordPress(ワードプレス)のインストール、php,html,cssでのテーマ作成(トップページレイアウト、下層ページレイアウトは既存サイトに準ずる仕様)、SEO内部対策スーパーブースト、リッチスニペット(構造化データ対策)、メールフォーム、主要pingサーバーへの更新通知、ソーシャル連携、キーワード選定、稼働後3ヶ月間のページ修正

トップページ+メールフォーム+10ページ(CMSカテゴリ、もしくは固定ページのいずれか計10個まで生成および転載・移管)

本プランにおきましても、現在のホームページの各ページの内容によって増減しますが、既存ページの転載費用は、WordPressベースのため通常のページ制作単価より費用がお安くなります。

条件 CMS for BUSINESS(WordPress)

画像、テキストデータ、ボタン、タイトルバーなど、素材の完全入稿。

背景は提供素材、もしくはCSSで単色表示、マップはgooglemapを使用。
提供写真等の素材の加工はリサイズのみ。

WordPress化にあたり既存ホームページからのファイルダウンロードのためのFTP接続情報などのご連絡が必要になります。

本プランも原則的に現在ご利用のホームページのサーバー情報・FTP接続情報などをご連絡いただいた上、弊社でデータのダウンロードを行い、WordPressサイト制作素材の準備を行います。

現在ご利用のサーバー環境がWordPressインストール要件に満たない場合はサーバー移管やDNS設定などの費用が別途必要になることがありますが予めご了承ください。

全て税抜き価格で表記させていただいております。

Web制作サービスのご依頼・お見積り・お問い合わせ

「既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)」によって
自社サイトをオウンドメディア化

オウンドメディア

自サイト本体をWordPress化することによって、新商品やイベント情報などの新着情報の発信や「スタッフブログ」の更新を即時に行うことができ、また、動きのある「活きたサイト」として、ユーザーとの接点が大きくなり、より高いPRをすることができます。

また、コーポレートサイト(企業ホームページ)などと「外部レンタルブログ」を組み合わせていたものを、自社サイト内に「一本化」することができます。

ホームページのWordPress化によってメインコンテンツ(コーポレートサイトの場合であれば、会社案内や製品サービスの情報)をそのままに、同一レイアウト同一デザインで、サイト内にブログやお知らせ機能を設置することができます。

この場合、公式なイベントのお知らせもスタッフブログも全て同一の管理画面で操作することができます。

WordPress化によって自社ウェブサイトをオウンドメディア化し、情報発信を容易化・集中化することによって、お客さまの既存のお客さまとの接点がより大きくなり、また潜在的なお客さまと出会うチャンスが広がります。

オウンドメディアとは? ウェブ販促 CMSでオウンドメディア!

モバイルフレンドリー(レスポンシブ対応)について

弊社制作のウェブサイトは全てレスポンシブ対応、モバイルフレンドリーサイトです。
既存ホームページ(ウェブサイト)をWordPress化(CMS化)される場合は、自動的にモバイルフレンドリーサイトになります。

モバイルフレンドリー(スマートフォン最適化)カスタマイズ付加は必要ありません。

静的HTMLで制作された既存ホームページのモバイルフレンドリー化をご検討の場合、本「既存ホームページのWordPress(ワードプレス)化」サービスのご利用で自動的にスマホ対応ホームページへと変更させていただきますので、ぜひ本サービスのご利用をご検討ください。

モバイルフレンドリー(スマートフォン最適化)

既存ホームページのWordPress(ワードプレス)化の流れと手順

既存ホームページのWordPress(ワードプレス)化の流れと手順

リンク先ページで、既存ホームページのWordPress(ワードプレス)化サービスご利用の流れとして、現状のホームページのご確認、弊社からの折り返しのご連絡とご確認、「WordPress化に必要な情報のご提供」などのホームページのWordPress化の手順について、サービスのご利用にあたっての「WordPress化の流れと手順」を掲載しております。

既存ホームページのWordPress(ワードプレス)化の流れと手順

ホームページ(ウェブサイト)のCMS化(WordPress化)

「既存ウェブサイトのWordPress化(CMS化)」をもっとやさしく解説

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら