SEO外部対策


SEO外部対策 ホームページの外部要因に対する検索エンジン最適化

ホームページ(ウェブサイト)のSEO(検索エンジン最適化)には、サイト内部の「SEO内部要因」と、外部サイトからのリンク等のSEO外部要因があります。

Googleの検索順位決定要因のひとつである「PageRank」は、外部サイトなどからの「リンク」によるスコアの流入によるSEO評価基準です。

この基準を元に考えられる、「SEO外部対策(サイト外の順位決定要因)」とは、自らのホームページ(ウェブサイト)全体や、サイト内の各ページへの「リンク」や、サイトコンテンツの引用や言及などと考えることができます。

ホームページ(ウェブサイト)の各ページヘとリンクが設置されることを「被リンク」と呼びます。

この被リンクの獲得がSEO外部対策の基本である事実は、変わりありません。

誤ったSEO外部対策とペナルティ

SEO外部対策の基本は外部サイトからの「リンクの獲得(被リンク)」ですが、かつてこの点に着目し、リンクプログラムやペイドリンク(有料リンク)というブラックハットSEOが横行しました。

旧来から、「PageRank」に着目し、「SEO会社」と名乗る業者が、多数のリンクを販売し、購入者のサイトへとリンクを設置する「ブラックハットSEO」を行っていました。

つまり、リンクを設置しSEOスコアを渡す代わりに対価を得るというビジネスです。

しかしながら、Googleの検索アルゴリズムは日々アップデートされています。

「ナチュラルリンク」と見せかける自作自演リンクやリンクプログラム、ペイドリンクによる被リンクの獲得など、「スパム要素があるか否か」という基準を厳しく判断するペンギンアップデートを行いました。

その影響で、ブラックハットSEOを行っていたサイトの評価は下がり、相対的にホワイトハットSEOを行っていたサイトの順位が上昇しました。

SEO外部要因である「リンク」自体のSEO評価は今でも続いていますが、今後さらに「リンクの質」の判断がどんどん向上していくと考えられます。

純粋なリンクである、ナチュラルリンクへの価値を高め、ペイドリンクや不自然なリンクへの見極め精度が向上しけば、こういった「ブラックハットSEOとしてのリンク」への評価は無効化されるか著しく減少していきます。

ブラックハットSEO

「被リンク」にスパム的な怪しさが感じられた場合は、低品質なリンクがホームページ(ウェブサイト)の価値を下に引っ張ることがあります。

特に著しいのが手動ペナルティです。

そして、アルゴリズムによるペナルティ(本来の評価に戻るため、厳密にはペナルティとは表現できません)の可能性も出てきます。

本来SEOに関してプラスに働く被リンクが、逆効果を招くケースがあります。

そういった場合は、被リンク元サイトでのリンク削除が最適ですが、意図せずスパムリンクをサイトに向けられることもあります。

このようなケースでは、Googleの検索エンジンに対して、「リンクの否認」申請を行う必要がある場合があります。

リンクの否認

SEO外部対策として基本となる被リンク(バックリンク)ですが、意図せずスパムリンクを受けることがあります。

検索エンジンからのペナルティや、意図しないスパムリンクを流された時、検索エンジンに対して「リンクの否認」の申請をすることができます。

PageRank は、他のサイトからの参照リンクに基づいてページの重要性を Google が評価したものです(PageRank は重要な情報を示すものですが、関連性の判断に使用されている 200 以上の要素の 1 つにすぎません)。通常、他のサイトからのリンクは、サイトの品質に対して投じられた票と見なされます。

Google では、第三者のサイトでの操作がウェブサイトに悪影響を及ぼさないようにすることに注意を払って取り組んでいます。場合によっては、ページやサイトについての Google の評価に参照リンクが影響を与えることがあります。たとえば、ご自身やご利用の検索エンジン最適化業者(SEO)が、有料リンクや品質に関するガイドラインに違反した他のリンク プログラムにより、サイトへの不適切なリンクを作成している場合があります。まず、ウェブから PageRank を操作する意図のある悪質なリンクや品質の低いリンクをできる限り削除することをおすすめします。

それでも削除できない PageRank を操作する意図のある悪質なリンクや品質の低いリンクがある場合は、そのリンクを否認することができます。つまり、Google でサイトを評価する際に特定のリンクを考慮に入れないように依頼することができます。

バックリンクを否認する

ペイドリンク(有料リンク)や「ブラックハットリンクプログラム」によって、サイトへの不適切なリンクが施されていた場合、こうした制度を利用して、検索エンジンに「リンクの否認」の申請をする必要があるケースが生じます。

バックリンクを否認する (Google)

SEO外部対策のためのコンテンツSEO

では、SEO外部対策として、いかにして「ナチュラルリンク」を獲得すればよいのでしょうか?

本来、リンクが設置されるときには、ウェブマスターに参照や引用、言及、「おすすめ」といった意図があるはずです。

もっとも自然な形で行われる「リンク」の獲得には、「高品質コンテンツ」が必要になります。

「PageRank」の基本的な考え方は、「他のページに引用されるページは品質が高い」という推測から成り立っています。

「引用されるほどの情報」が掲載されたコンテンツページであれば、自然と引用される可能性は高まります。

ウェブサイト・ホームページのSEO内部対策としても「高品質コンテンツ」が重要になりますが、SEO外部対策においても、自然な形でのリンクの獲得には良質のコンテンツが最も有効です。

静的なサイトであれば、コンテンツページを増やしていくことは手間になりますが、WordPressなどのCMSを利用して、ホームページ(ウェブサイト)内にオウンドメディアを設置することによって、ナチュラルリンク獲得元となる「コンテンツページ」を簡単に配信していくことができます。

SEO(検索エンジン最適化)・SEOサービス(SEOに関するWeb制作サービス)

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ

ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら