CMSカスタマイズ


cmscustom

CMS カスタマイズ

CMS(コンテンツマネジメントシステム)のカスタマイズ概要と、価格表ページです。京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)ファンフェアファンファーレでは、主にWordPress(ワードプレス)、EC-CUBE(イーシーキューブ)のカスタマイズを承っております。

WordPressやEC-CUBE以外にも、Movable Typeなどのブログシステム系CMS、MagentoなどのECサイト構築用CMSのカスタマイズも可能です。

CMSベースの更新可能なホームページを利用されている場合で、機能の追加・変更やWebデザインの変更をご希望の際に、軽微な修正から大規模なカスタマイズまで対応させていただいております。

Content Management System
(コンテンツマネジメントシステム)のカスタマイズ

⇒CMSとは?

CMSはお客さまご自身でホームページ(ウェブサイト)の編集や更新を行っていただけるウェブシステムです。
様々なテーマ(テンプレート)やプラグインがあり、デザイン変更や機能の拡張も容易です。
好きな時に自社でホームページ(ウェブサイト)の更新ができることに加え、一度作ってしまえば何ページでも同一フォーマットで新規ページを生成することができます。

新商品やイベント情報などのお知らせを即時に行うことができ、また、動きのある「活きたサイト」として、ユーザーとの接点が大きくなり、より高いPRをすることができます。

また、スタッフブログをレンタルブログなどの外部ブログにすることなく、お客さまのホームページ内に設置することができます。

CMSを利用してホームページを制作し、自社ホームページををオウンドメディア化することによって、すなわち自社での情報発信を容易化・集中化することによって、お客さまの既存のお客さまとの接点がより大きくなり、また潜在的なお客さまと出会うチャンスが広がります。

ファンフェアファンファーレでは、WordPress、EC-CUBEなどのCMSのインストール作業を含め、テーマの作成や、お客様のニーズに合わせたカスタマイズを行っております。
既に運用されていらっしゃるCMSやホームページ(ウェブサイト)への機能追加のみのご依頼も承っております。

ホームページ(ウェブサイト)をより個性的に

ウェブ上に配布されているテーマを使用すると、当然に他のサイトと同一のものになってしまいます。また各CMSは、標準の仕様では、レイアウトや要素の幅、色の設定などについて、細かい設定ができないため、イメージ通りのサイト構築を行うことが難しい場合があります。さらに、機能面でもイメージ通りにサイト機能が働かない場合があります。

CMSをベースとしたホームページ(ウェブサイト)を運営する際、より個性的なサイトで、かつオリジナル性の高いサイトを稼働することで、競合との差別化を図ることができます。

一般的なCMSテーマ(CMSテンプレート)をベースとした場合でも、レイアウトのカスタムや独自の画像素材の使用により、より個性的なサイトを構築することができます。

CMSを導入すると、新規ページの追加や、既存ページの編集により、画像の挿入なども容易に行うことができます。新商品の写真や、イベント実施風景など、文章だけでなく視覚的にメッセージを伝えることができます。

一般的に更新作業が煩雑な静的HTMLサイトなどと比べてCMSのメリットは、この更新作業の簡単さだと言えるでしょう。

CMSをカスタマイズすることで、ウェブデザインに個性がでることはもちろんのこと、ホームページ(ウェブサイト)の更新作業の際、SEO等の細かな設定を管理画面内で行うことができたり、更新作業が簡単になることで、サイトのコンテンツ制作により一層集中していただくことができます。

CMSの導入・構築のご注意点

CMSでのウェブサイト構築、運用にはいくつかのご注意点があります。

無料配布のテーマやプラグインには、悪意のあるプログラムが組み込まれていることがあります。情報漏洩やウェブサイトの改ざんだけでなく、他のサイトやインターネット犯罪の踏み台になってしまう恐れもあります。

オリジナルテーマであれば、こうした問題は生じませんが、特に海外の無料配布テーマには悪意のあるプログラムが組み込まれていることがありますので注意が必要です。

また、テーマデザインを作成すると、ウェブシステムの構造上も実現ができないデザインになる場合があり、また、テーマ編集中(CMSテーマファイルをカスタマイズする場合)に、重要な箇所を一文字消してしまうだけで画面が真っ白になったり、ホームページ(ウェブサイト)レイアウトが崩れたりする場合があります。

さらに、レスポンシブル対応などのスマートフォン表示最適化に対応されていないテーマを利用すると、モバイルでの閲覧に適さないため、ユーザーの離脱、検索エンジンからの評価の低下などのデメリットがあります。

なお、CMSにはベースとなるCMSによって、少しだけウェブデザインや機能に制限がかかることがあります。

その制限がCMSテーマやプラグインによるものである場合、カスタマイズによって自由度を高めることができます。

CMSカスタマイズ後の「テーマファイル更新

CMSテーマをカスタマイズした後に、テーマファイルを更新するとカスタマイズ部分が上書きされ、カスタマイズが無効になることがありますのでご注意ください。

CMSカスタム まとめ

CMS導入・CMS化のメリットとデメリットです。

WordPressをはじめとしたCMSは、ホームページ(ウェブサイト)の更新作業が格段に簡単になることが最大のメリットです。

一方、CMSはサイトの更新・管理において便利な半面、その便利さを支えるシステムによって、ウェブサイトの表現の際に一部制限があります。

また、配布テーマ・プラグインのリスクや、ふとしたアップデートでCMSファイルのカスタマイズが上書きされることがあります。

CMS導入・CMS化 メリット

CMSを導入、ホームページ(ウェブサイト)をCMS化することによって、ご自身でウェブサイトの更新、ページを編集・追加を容易に行っていただけます。
HTML編集モードで上級者にとっては自由度の高いデザインでページの作成・管理を行っていただけます。

最大の利点は、ウェブサイト・ホームページの構造の中の共通項を型にしてしまい固定化し、ウェブブラウザ上の管理画面内において「コンテンツ制作」に集中することができる点です。

ブラウザ上で操作できるため、FTPアップロードなどの手間が省ける他、コンテンツ内部に挿入する画像ファイルへのパスなどの指定も容易になります。

CMSはリアルタイムでウェブページコンテンツ(記事など)を追加、編集することができるため、新商品やイベント情報などのお知らせを即時に行うことができます。

また、記事の投稿の予約もできるため、予め用意したコンテンツを、指定した日時に公開するという事もできます。そして、自社ウェブサイトをメディア化(オウンドメディア化)することにより、既存顧客との接点は増え、また、潜在顧客と出会うチャンスが広がり、より高いPRが可能になります。

CMS導入・CMS化 デメリット

標準の仕様では細かい設定ができないため、イメージ通りのサイト構築を行うことが難しい場合があります。
無料配布のテーマやプラグインには、悪意のあるプログラムが入っている可能性があります。

また、バージョンの変更によって、本体・テーマ・プラグインが競合し、うまく機能しなくなる危険性があります。
システム的な制約により、管理画面上では、各ページごとやカテゴリごとの仔細な設定ができないことがあるため、その場合は、個別のファイル(htmlやphp)を生成する必要がある場合があります。
なお、サーバー環境によっては、CMSの導入ができなかったり、サイトの表示速度が遅延することがあります。

cmsカスタム

ファンフェアファンファーレでは、CMSのインストール作業を含め、テーマの作成や、お客様のニーズに合わせたカスタマイズを行っております。既に運用されていらっしゃるCMSやウェブサイトへの機能追加のみのご依頼も承っております。

既存ウェブサイトのcms化(WordPress化など)

弊社では、主にwordpress(ワードプレス)、EC-CUBE(イーシーキューブ)のカスタマイズを行っております。

wordpress、EC-CUBE等のCMSテーマの編集やプラグインの設定などによって、カテゴリリストのカスタマイズやウェブデザインのデザイン性向上、スマートフォン表示に最適化したサイトレイアウトの変更や、テーマファイルの内部SEOの調整によるSEO向上など、理想の機能を持ったホームページ(ウェブサイト)へとカスタマイズさせていただきます。

その他のCMSについては、一度お問い合わせください。

CMSのカスタマイズ 例えばどんなこと?

CMS(コンテンツマネジメントシステム)のカスタマイズの一例です。

CMSのテーマファイル(テンプレートファイル)の編集によって、CMSをベースとしたホームページ(ウェブサイト)の外観面や内部のSEOなど、ありとあらゆる面でさらに機能を高めさせていただきます。

CMSテーマの編集

CMSテーマは有償無償を問わず、様々なテーマファイルが配布されています。これらテーマファイル(テンプレートファイル)は、標準の仕様では、レイアウトや要素の幅、色の設定などについて、管理画面上での細かい設定ができないため、イメージ通りのサイト構築を行うことが難しい場合があります。また、機能面でもイメージ通りに機能が働かない場合があります。

レイアウトのカスタムや独自の画像素材の使用により、より個性的なサイトを構築することができます。

思い通りに配置・サイズ変更・フォントカラー変更

「この部分をちょっとだけ動かしたい」といった場合でも、管理画面での操作では動かせない場合が多々あります。同様にサイト全体のフォントの大きさや色合いを一括で変えたりすることは管理画面でできないことがあります。

そのような場合に、テーマファイルのCSS編集などで対応させていただいております。

思い通りにリストの表示

例えば、「カテゴリ『お知らせ』の新着記事をトップページに5件表示したい」と思っても、そういった機能がテーマに組み込まれていないと、表示はできません。そういった時に「お知らせ」の新着記事は5件、「新規イベントのお知らせ」の新着記事は3件、トップページに「タイトルと投稿日」をリスト表示させ、「スタッフブログ」はトップページにはリスト表示しない、といったカスタムが可能です。

レスポンシブ化

現在の使用テーマがレスポンシブ仕様ではなかったり、スマートフォン用のページが別に設置されていない場合、スマートフォンからのアクセスの際は、閲覧者が読むのに苦労する場合があります。そういった場合に、検索エンジンからの評価が下がり、検索結果からの流入が減ったり、何よりウェブサイトに訪れた人の利便性が保たれません。

そういったことを解消するために、スマートフォンなどからのアクセスの際は自動でレイアウトを変更する用にテーマをカスタムさせていただいております。

追加プラグインとテーマ編集

CMSには様々なプラグイン(拡張機能)があります。

プラグインは、CMSをベースとしたホームページ(ウェブサイト)に様々な機能を追加することができますが、一方でCMSテーマとの競合によって、サイトの機能が無効になったり重複によるエラーやSEOのロスが生じることがあります。

プラグインの追加・設定による機能の追加をはじめ、テーマファイルとプラグインとの競合や重複を回避するカスタマイズも提供しております。

追加プラグインによるブースト

追加プラグインを使用することによって、使用しているテーマでは実施することができない機能を追加することができます。

一般的にプラグインは追加して有効にしただけでもある程度機能するものがありますが、設定によっては内部SEOをはじめ、追加したはずの機能が働いていない場合がよくあります。

プラグインを追加して適切に設定することによって、サイト全体の機能の追加やサイトの高速表示、内部SEO強化を実装することができます。

プラグインの調整とプラグインを用いないカスタマイズ

プラグインは便利な側面がある一方、プラグイン同士が競合したり、プラグインのバージョンと本体のバージョンとの互換性の不一致によってエラーが出たり、設定によってうまく機能しないことがあります。

そのような場合、プラグインの設定の調整をさせていただいたり、プラグインで実施している機能を、テーマファイルの編集によって代替するというカスタマイズも実施しています。

 CMSカスタム価格表

価格は全て税抜き表記させていただいております。

WordPress(ワードプレス)

WordPress(ワードプレス)のカスタマイズ

ワードプレス
インストールのみ
20,000円
ワードプレス
テーマ作成
120,000円~
ワードプレス
テーマCSS編集
15,000円~
既に設定されているテーマのレイアウトやカラーを編集
ワードプレス
SEO内部対策
50,000円~
プラグインの設置と設定(ページ数により変動)
ワードプレス
各種プラグインの設置、設定
5,000円~
機能追加
ワードプレス
特殊リスト
30,000円~
「思い通りにリストの表示」

WordPress(ワードプレス)テーマのモバイルフレンドリー化

ワードプレステーマのモバイルフレンドリー化(レスポンシブ化など)は、モバイルフレンドリー(スマートフォン最適化)をご参照ください。

現在使用されているテーマファイルの構成によって価格が変動いたしますことを予めご了承ください。

EC-CUBE(イーシーキューブ)

EC-CUBE
インストールのみ
30,000円
EC-CUBE
テーマ作成
150,000円~
EC-CUBE
テーマCSS編集
20,000円~
既に設定されているテーマのレイアウトやカラーを編集
EC-CUBE
各種プラグインの設置、設定
5,000円~
機能追加
EC-CUBE
メールフォームのカスタマイズ
20,000円~
EC-CUBE
メールフォームの複製
35,000円~
メールフォームをもう一つ設置する場合

その他上記掲載以外にもカスタマイズは対応可能ですので、ぜひお問い合わせください。
CMSパッケージプランもご用意しています。また、SNS連携、画像の制作など、その他CMSに特化しないカスタム項目などについては、ホームページ制作価格表をご覧下さい。
ドメイン費用、サーバー費用等は別途必要になります。

「CMSカスタマイズ」をもっとやさしく解説

ホームページ制作 京都のWeb制作会社
株式会社ファンフェアファンファーレ
ホームページ制作、サイトカスタマイズなど、ファンフェアファンファーレへのお問い合わせ・Web制作のご依頼はこちら